Google
WWW を検索 ブログ内検索

ソウル・サーファー : ハンデを個性に変えることの凄さ2012年12月04日 13:10

ソウル・サーファー
 今日の広島は、風が強かったですなぁ。こんな日は、普段波のない瀬戸内でも、サーフィンが出来たりして。てなわけで、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
ソウル・サーファー

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 プロ・サーファーになるという夢を持ち、周囲からも将来を嘱望される13歳の少女ベサニー(アナソフィア・ロブ)。いつもと同じようにハワイの海でサーフィンの練習をしていたところ、サメに襲われ左腕を失う。以前のように波に乗れない己に苛立ちと絶望感を抱き、サーフィンから離れようとするベサニー。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ソウル・サーファー」は、サメに襲われ左腕を失いながらもプロを目指して再起した実在の女性サーファーであるベサニー・ハミルトンの実話を映画化した作品です。メガホンをとったのは、「ヒラリー・ダフのハート・オブ・ミュージック」のショーン・マクナマラ。主役のベサニー・ハミルトン役には、「チャーリーとチョコレート工場」「ウィッチマウンテン/地図から消された山」など子役時代から活躍しているアナソフィア・ロブ。ベサニーの父親役には、「G.I.ジョー」のデニス・クエイド。母親役には、「いとしい人」のヘレン・ハント。

 これが、実話を基にした作品だというのが凄いですね。サメに片腕食べられながらも、常に前向きで周りの人間を気遣いポジティブに生きていく、人間の鑑のような女性です。でも、ベサニー・ハミルトンの凄さは、それだけではありません。そのハンデを自分の個性に変え、家族の愛情にも助けられながらサーファーとして一流になるわけですから。感動しないわけないですよ、これは。

 作品全体に流れる空気は、サーフィンを題材にした映画にありがちな明るくテンポのよいものです。そのため、こういった感動物の作品にありがちな、感動の押し付けがましさを感じることはありません。ベサニー・ハミルトンのライバルも、片腕がないからといって手を抜くようなことは一切ありません。それどころか、試合中はライバルとして蹴落とそうとまでするのです。これこそが、真のフェアプレイ精神であると感じました。これは、日本人には撮れない作品ですね。

 また、何気に映像が凄いんです。ベサニー・ハミルトンを演じるアナソフィア・ロブは、両腕のある女優です。それが、見事なくらい自然に片腕のない映像になっているのです。こういったVFXの使い方は渋いですねぇ。サーフィンをしているシーンも、波というフィルターを通してアナソフィア・ロブの美しさが伝わるものです。監督であるショーン・マクナマラのセンスの良さには脱帽モノです。

 このように「ソウル・サーファー」は、涙なくしては観られない作品となっております。一部、昔懐かしい「ロッキー」を思い出させるような特訓シーンは苦笑ものでしたが、サーフィンに興味Nothingの方でも十分に楽しめるスポーツドラマの良作です。では、本日はこの辺で |///|(´∀`●)ノ[゚+。:.゚サョナラ゚.:。+゚ ] 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品