Google
WWW を検索 ブログ内検索

キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争 : そのタイトルに騙されるな2012年12月01日 17:43

キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争
 山本太郎が、衆院選出馬するんですねぇ。いやはや、驚きです。まあ、こんな候補に投票する人なんていなでしょうけど…。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争

【製作年】
2010年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 遠い昔から人類の友達だったイヌとネコだが、ライバルである彼らは人間の知らないところで、密かに戦いを繰り広げていた。人間の前ではかわいいペットを演じながら、最新のハイテク技術を駆使して地球規模の戦争に突入していた。そのころ、極悪非道なネコであるキティ・ガロア(声:ベット・ミドラー)は、ある陰謀を企てていた。それは、イヌと人間の絆を断ち切り、仲間のネコを陥れ、世界を我がものにしようという恐ろしいものだった。イヌとネコ、そして人類までもが前代未聞の脅威にさらされたとき、ついにイヌとネコが史上初めて手を組み、キティ・ガロアの暴走を止めるべく立ち上がった。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」は、「キャッツ & ドッグス」の続編で、その世界観を踏襲したSFコメディーです。監督は、「センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島」のブラッド・ペイトン。声優陣としては、「運命のボタン」のジェームズ・マースデン、「ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活<1週間限定>」のクリスティーナ・アップルゲイト、「いとしい人」のベット・ミドラーといった面々が務めている。

 犬好きの私としては、それなりに期待していたのですが何かが違う感じでした。犬や猫がスパイ組織のエージェントとして活躍するわけですから、犬や猫のプリティーさが余り表現されてないんですよぉ。だって、私的に一番可愛かったのは、鳩のシェイマスですから。そういった意味で言うと、犬好きや猫好きが観るとちょっとがっかりな作品かもしれませんね。

 あらすじとしても、予定調和を崩さないものでした。わくわく感や「おぅ!」といった意外性もなく、かといって腹の立つ内容でもありません。製作サイドとしては、犬や猫の魅力が売りの作品ですから、奇をてらったものにしたくなかったのかもしれません。しかし、私としては鳩が一番可愛かった位ですから、少しひねりが効いたものにして欲しかったですね。

 作品全体として見ても、まるでノリが今一なのに耳障りでない音楽を聴いているようでした。そういった意味では、BGMとしてはベターな選択かもしれないですね。でも、犬や猫を特に好きでない方は、腹が立つのかもしれませんが…。

 このように「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」は、DVDやBlurayを誰かに貰ったりしたら観てもよいんじゃない的な作品です。犬好きや猫好きも、こちらから積極的に観るほどの作品ではないと思います。では、本日はこの辺で (●・∀・)ノ...。oо○ьчёьчё♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品