Google
WWW を検索 ブログ内検索

ポテチ : 愛情は、キリンに乗ってやって来る2012年11月07日 10:51

ポテチ
 いや~、今日はお休みです。休みの日は、家でのんびりと過ごしたい派なので、昨日借りたDVDでも観ようかな。では、本日紹介する作品は、のんびりしたい日におすすめの一本です。
【題名】
ポテチ

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【ロケ地】
仙台市

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 今村(濱田岳)と若葉(木村文乃)の出会いはビルの屋上だった。そのきっかけとなったのは、一本の電話。2人が出会う少し前、ビルの屋上から飛び降り自殺をしようとしていた若葉は、死ぬ前に恋人に電話をかけた。ところが、留守電に吹き込まれたメッセージを聞いていたのは、彼女の恋人の家に空き巣で入っていた今村とそのボス。“これから死ぬ”という彼女を放っておくことができず、今村は“キリンに乗っていくから!”と、わけのわからない言葉を発して、若葉のいるビルへ向かったのだ。これによって自殺を思い止まった彼女は、今村と同棲を始める。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ポテチ」は、原作・伊坂幸太郎と監督・中村義洋が「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」に続き、仙台を舞台にしたプロ野球選手と同じ日に生まれた空き巣泥棒の人生が交差するヒューマンドラマです。主人公の今村忠司役には、中村義洋監督の作品でおなじみの濱田岳。その恋人である大西若葉役には、「極道めし」の木村文乃。今村から何かと相談を受ける同業者の黒澤役には、「笑う警官」の大森南朋。今村の母である弓子役には、釣りバカ日誌で初期の頃ハマちゃんの奥さん役を演じていた石田えり。

 伊坂幸太郎と中村義洋がタッグを組む映画には、ハズレがないと個人的には思っています。本作もなかなか良い作品で、シュールなギャグと人の優しさが上手く描かれた作品でした。以前紹介した「フィッシュストーリー」もそうでしたが、最後に何だか暖かい気持ちになれるんですよねぇ。

 本作でも、濱田岳は良い味出してます。普段はひょうひょうとしながらも、ここぞの時は一挙に感情を爆発させます。凄みはないにも関らず、印象に残る俳優さんです。また、大森南朋も良かったなぁ。以前紹介した「笑う警官」ではボロクソいいましたが、本作では絶妙に良い味出しまくりです。この人の場合、脇役の方が良い演技をすると思うのは気のせいでしょうか。

 あらすじも、絶妙だったなぁ。空き巣泥棒の今村とプロ野球の尾崎選手の人生が交差するオチ、見事としか言いようがありません。また、そのオチに対する伏線の張り方も上手くできており、無駄なシーンが一切ありません。見事ですねぇ。

 但し、残念な点も少々。プロ野球選手が登場人物にいる以上、野球の試合シーンもあります。但し、これがいけなかった。アマチュア感が出まくりなんですよねぇ。それは、球場・選手のユニホーム、プレーの質、といったところです。地元球団である東北楽天ゴールデンイーグルスの協力は得られなかったのでしょうか。他がよいだけに、残念でなりません。

 このように「ポテチ」は、伊坂幸太郎と中村義洋の名タッグが作り出したヒューマンドラマの秀作です。ちなみに、竹内結子が通行人役としてカメオ出演しているみたいですが、私には分かりませんでした。では、本日はこの辺で (。ゝ_●・p【 ゚+。:.さょぅなりぃ㊤㊤.:。+゚ 】q・_●-) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ ぷっちん ― 2012年11月08日 07:15

伊坂さんの短編の中で、本作が一番好き、映画化望むと関連サイト豪語していた私ですが、映画のなると聞いた時、「やっぱりねぇ」と鼻が膨らんでいたものです。

野球シーンはナイタ―でしたよね。
たしか、原作は晴天の昼だったと思います。
カキ~ンとホームランが青空に吸い込まれていくシーンがラストだったのですが、
映画での主人公の動きは意外な演出で、面白かったです。

大森南朋さんは、伊坂さん原作の「CHiLDREN チルドレン」にも出演していますが、これは彼の当たり役でした。

_ ウマキング ― 2012年11月08日 21:41

ぷっちんさん、コメありがとん。

とにかく、本作では俳優さんが皆活き活きしていました。
この辺は、中村監督の手腕なのかな。

>映画での主人公の動きは意外な演出で、面白かったです。
そうそう、このシーンはよかったですよ。
プロ野球選手と空き巣泥棒の心がリンクしましたからね。
心憎い演出です。

ではでは。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/11/07/6626175/tb

_ カノンな日々 - 2012年11月07日 11:03

作家・伊坂幸太郎さんと監督・中村義洋さんのコンビによるこの4作目は『フィッシュストーリー』に収録されている中編小説を原作にする本編68分の中編映画です。過去3作いずれも面白 ...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年11月07日 11:08

運命の悪戯も大した違いなし
公式サイト。伊坂幸太郎原作、中村義洋監督・出演、濱田岳、木村文乃、大森南朋、石田えり、中林大樹、松岡茉優、阿部亮平、桜金造。ちなみに竹内結 ...

_ こねたみっくす - 2012年11月07日 15:44

68分は短すぎる!でも見終わった後に予告編を改めて見るとこれが濃密な68分だったことに気付かされました。あぁ〜原作を読んでから映画を見るべきだった…。
仙台で出来るだけ早く ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年11月07日 19:16

ポテチ〔初回限定仕様〕 [Blu-ray]クチコミを見る宮城県仙台市。空き巣を生業とする青年・今村は、同じ年、同じ日、同じ街で生まれたプロ野球のスター選手・尾崎の家に侵入する。今村 ...

_ はらやんの映画徒然草 - 2012年11月07日 19:59

伊坂幸太郎さんの短編「ポテチ」を、中村義洋監督が映画化しました。 中村監督は伊坂

_ 悠雅的生活 - 2012年11月07日 22:00

空飛ぶキリン。コンソメ味。ピタゴラスの定理。

_ 象のロケット - 2012年11月07日 22:43

空き巣を生業とする青年・今村は同じ年、同じ日に生まれたプロ野球のスター選手・尾崎に並々ならぬ関心を持っている。 同棲中の彼女・若葉に空き巣の現場を見たいと言われた今村は若葉と共に尾崎の部屋へ忍び込んだ。 そこへ、若い女性から尾崎に助けを求める電話がかかってくる。 放っておけなくなった二人は、メッセージを残した女の元へ向かうのだが…。 ハートフル・ストーリー。

_ とりあえず、コメントです - 2012年11月09日 22:12

伊坂幸太郎著の短編を中村義洋監督&濱田岳さん主演で映画化した作品です。 仙台のパワーが詰まった映画と聞いていたので、チラシを観た時から気になっていました。 68分という短い時間の中で、主人公の揺れ動く心情が爽やかに描かれていました(^^)

_ tom's garden - 2012年11月09日 23:03


監督:中村義洋
出演:濱田岳、木村文乃、大森南朋、石田えり

原作は、伊坂幸太郎の「フィッシュストーリー」の中に収録されている。
ちゃんと覚えてなかったけど
「良い話だったなぁ」
という記憶だけあった。
あと、黒澤さんが出てくるのと。

この映画は68分間。

あっと言う間に終わってしまうんだけど、満足度は高い。
笑えるし、泣きはしなくてもちょっとしんみりするし。
この笑いは岳ちゃんのキャラによるものだと思う。
間もいいし、可愛いし。

原作と変わっているところも少しあるけど、会話がほとんど忠実に再現されてたりする。
テンポもそのままな気がする。
...