Google
WWW を検索 ブログ内検索

終の信託 : さあ、家族会議だ!2012年10月28日 13:31

終の信託
 最近、オカラを大量に購入しました。目的は、ダイエットのためです。でも、なかなか落ちないですねぇ。では、本日紹介する作品は、私の体重と一緒で重たいテーマのこちらになります。
【題名】
終の信託

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 折井綾乃(草刈民代)は、患者からの評判も良い呼吸器内科のエリート医師。しかし、長く不倫関係にあった同僚の医師・高井(浅野忠信)から別れを告げられ、失意のあまり自殺未遂騒動を引き起こしてしまう。そんな彼女の心の傷を癒したのは、重度の喘息で入退院を繰り返していた患者、江木秦三(役所広司)の優しさだった。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「終の信託」は、終末医療を題材にした朔立木の小説「終の信託」を自ら脚本化したヒューマンドラマです。主人公の女性医師・折井綾乃役には、「ダンシング・チャップリン」「Shall We ダンス? 」の草刈民代。綾乃の患者で彼女に終の信託を依頼した江木秦三役には、「Shall We ダンス? 」以来16年ぶりに草刈民代を競演する日本を代表する名優・役所広司。綾乃の不倫相手である同僚の医師・高井則之役には、「バトルシップ」などハリウッドにも進出している浅野忠信。綾乃が起こした事件の担当検事である塚原透役には、「桜田門外ノ変」の大沢たかお。監督には、草刈民代の夫であり「Shall We ダンス? 」「それでもボクはやってない」の周防正行。

 本作を観る前は、涙なくしては観られない感動ストーリーだと勝手に思っていました。ところが、その内容はリビング・ウィルを主題にしリアリティーに重きを置いた作品で、とても重い空気感のあるものでした。医師、患者、患者の家族、検察、それぞれの立場から見ると、リビング・ウィルの意味は少しずつ違います。どの立場から見たリビング・ウィルが正解なのか、それは人それぞれ違うということでしょう。特に、草刈民代演じる綾乃の場合、睡眠薬の過剰摂取によるこん睡状態の中でも意識が有り治療される側の苦しさを経験しています。にもかかわらず、役所広司演じる江木の最後を苦しみ方は尋常ではありません。強い絆で結ばれていた綾乃と江木でさえ、それぞれのリビング・ウィルの意味は違うような気がしてなりません。う~ん、何とも難しいですなぁ。

 このように重いテーマを扱う作品だからでしょう。医師や看護師が行う医療行為、患者の苦しみ方、めっちゃリアルに感じました。特に、喘息で苦しむ役所広司の演技は、目を背けたくなるほどです。さすが、名優ですねぇ。大沢たかおの検事役もよかったなぁ。被疑者である綾乃が気付かぬうちに誘導訊問されてるとこなんか、一種の怖さを感じました。にもかかわらず、大沢たかお演じる検事には、”正義感”を感じる事ができるのです。浅野忠信のだめっぷりもよかったですよ。正に、女の敵を憎らしく演じていました。とにかく、演者の皆さん、素晴らしい演技でした。

 ちなみに、本作はPG12作品です。お子様には難しい内容だからかと思っていましたが、もう一つ理由がありました。それは、草刈民代のビューティフルな裸身が観れるということです。写真集と違い動きますからねぇ。男性にとっては、難しい作品を観る前のちょっとしたプレゼントかな。

 このように「終の信託」は、誰にでも等しく訪れる死というものに対して考えるきっかけを与えてくれる作品です。皆さんも、ご家族でリビング・ウィルについてお話されてみてはどうでしょうか。では、本日はこの辺で |* ̄I ̄|ノ゚+。*゚+。さぃなら~。+゚*。+゚ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品