Google
WWW を検索 ブログ内検索

アイアン・スカイ : 映画好きによる映画好きのための映画2012年10月13日 18:05

アイアン・スカイ
 サッカー国際親善試合で、フランスを破りましたね~。親善試合とはいえ、アウェイでの勝ちある勝利です。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
アイアン・スカイ

【製作年】
2012年

【製作国】
フィンランド、ドイツ、オーストリア

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 2018年。アポロ17号以来となる有人月面着陸プロジェクトによって月に送り込まれた黒人ファッションモデルのジェームズ・ワシントン(クリストファー・カービー)は、第二次世界大戦の敗戦からこの地に逃れてきたナ○ス・ドイツの残党たちによって拉致されてしまう。新総統コーツフライシュ(ウド・キア)のもと、地球帰還を目指していたナチスは、ワシントンが持っていたスマートフォンに衝撃を受け、地球潜入作戦を計画。彼らの技術を超越するスマホの演算能力があれば、最終兵器“神々の黄昏”号を完成させることができるのだ。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「アイアン・スカイ」は、第二次世界大戦で敗れ月の裏側に逃れたナ○ス・ドイツの残党が、地球侵略を企むというSFコメディーです。スタッフ・キャストはクラウス・アドラー役のゲッツ・オットー以外は日本では無名ですが、大胆な設定や制作費の一部がカンパで賄われたりと話題性が十分で、フィンランド・ドイツで大ヒットした作品です。

 とても風刺の効いたコメディー映画でした。月の裏側にあるナ○スの基地、月にある資源の独り占めを目論む傲慢なアメリカ、非武装であるはずの各国の宇宙船が武装してたり、北朝鮮がほら吹きだったり、人種差別ネタもあったり、地球上の様々な問題や都市伝説を凝縮したような内容です。そして、それを”笑い”に振っているのがGoodで、私の”ツボ”を大いに刺激してくれました。

 映像的にも、なかなか素晴らしい作品です。ナ○スや世界各国の宇宙船は、そのデザインに際し機能性を重視したとのことで、細かいディテールと合間ってクールなデキになっています。また、戦闘シーンも迫力満点で、アクション映画としての要素も高いものになっています。但し、映像の素晴らしさは、それだけに止まりません。女性の登場人物が、妙にセクシーなんですよねぇ。皆さん、フェロモン全開です。監督のティモ・ブオレンソラは、センスのよい方ですねぇ。

 しかしながら、作品のテンポがいま一つの印象を受けました。面白い作品なのですが、少々かったるく感じましたねぇ。この辺りは、ハリウッドのクリエーター達に一日の長があるみたいです。まあ、人によりますが…。

 このように「アイアン・スカイ」は、大胆な設定と風刺の効いたあらすじでSFコメディーの良作に仕上がっています。私は余り分かりませんでしたが、SF映画に対するオマージュ的要素も盛りだくさんとのことなので、映画好きには堪らない作品となっているのではないかな。では、本日はこの辺で (☆Θ皿Θ)ノ・゚・☆★さよなら★☆・゚・ヽ(Θ皿Θ☆) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ ぷっちん ― 2012年10月13日 18:30

いいなぁ、いいなぁ、面白かったでしょ?
仙台は、20日(土)からです。
ホントは、先月スタート思っていたのですが、
まさかの10月。
予告では、映像が凄そうですね。
もう、楽しみ!

_ ウマキング ― 2012年10月13日 19:29

ぷっちんさん、早速のコメありやす。

ちなみに、広島は本日から上映でした。
お互い地方在住なので、つらいですよね。

>予告では、映像が凄そうですね。
予告編通りの迫力アル映像なので、期待していて下さい。

ではでは。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/10/13/6601448/tb

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年10月13日 19:45

アイアン・スカイ (竹書房映画文庫)クチコミを見る月面ナチスVS地球防衛軍という発想にブッ飛ぶ異色のSFコメディ「アイアン・スカイ」。奇想天外な設定と無駄に豪華な映像で、今年一 ...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年10月13日 19:49

もしサラ・ペイリンがアメリカ大統領になったら
公式サイト。フィンランド=ドイツ=オーストラリア。原題:Iron Sky。ティモ・ヴオレンソラ監督、ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オッ ...

_ はらやんの映画徒然草 - 2012年10月13日 20:45

ナチが月から攻めてくる! って内容を聞いただけで、B級の香り、トンデモ系のにおい

_ 象のロケット - 2012年10月14日 07:43

2018年。 月に到着したアメリカ人宇宙飛行士の黒人男性ワシントンは、武装部隊に襲われて月の裏側にある巨大な秘密基地に連行される。 そこでは、第二次世界大戦の敗戦から逃れてきたナチスドイツの残党たちが、再び地球に帰還するための準備を進めていた。 野心家の将校クラウスは、ワシントンを案内役に地球潜入作戦を遂行。 クラウスのフィアンセの地球科学者レナーテも同行するのだが…。 SFコメディ。

_ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ - 2012年10月15日 04:38



誰もが思っていても口にしない事を思い切り映像にしてしまった映画

ファンからの1億円のカンパで作られた映画
ハリウッドでは絶対に作られる事のない映画

はっきり言ってB級バカ映画です!!
突っ...

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年10月25日 01:19

2012年9月28日(金) 21:00~ TOHOシネマズ川崎2 料金:0円(フリーパスポート) 『アイアン・スカイ』公式サイト フリーパスポート18本目。 私の記憶が確かならば、かつて落合信彦は、「20世紀最後の真実」の中で、ナチスの残党がアフリカ南米のどこかでアダムスキー型円盤を飛ばし、復興を虎視眈々と狙っていると書いていたが、アフリカ南米でなく月の裏側にいて、アダムスキー型でなく、飛行船を母艦とした戦闘機のような円盤を保持していた。 ご参考:アダムスキー型円盤 ほぼ期待通りのバカバカしいものなのだが、少々ギャグの切れが悪く、「チーム☆アメリカ/ワールドポリス」ほどは、いっちゃていない。これは、ドイツ人の生真面目さに起因するのか。(映画は、ドイツ、オーストラリア、フィンランドの合作) ナチスの円盤襲来時に、国連(のようなところ)で、どの国が飛ばしたのだと各国が揉めていると、北朝鮮が「将軍様が建造され、わが国が飛ばした。」とのたまう。他の国は、ゲラゲラ笑い出し、全く相手にしないのは哀れ。 お勧め度:☆☆☆ アダムスキー型円盤度:☆ 俺度:☆☆☆

_ よしなしごと - 2012年12月04日 02:09




 制作費が足りなくなり一度は映画化が中止。ところがファンからのカンパが7,000万円集まり正式に映画化が決定。そんな超大作ではないけれどコアなファンの多い作品、アイアン・スカイを見てきました。

_ いやいやえん - 2013年02月24日 10:37



【ナチスが月からやって来る! 】これにカンパ金1億円が集まったという異例の作品。(制作費は、750万ユーロで約9億円らしい)
月の裏側に密かにナチスの残党が生き延びてたっていう設定だけで奇抜ですが、基地も逆さ「卍」だったのにはちょっと笑った。しかし月の裏側になんてあったらすぐに見つかると思うんだけどw そういうことは突っ込んじゃいけないのね、これは。
ブラックユーモアと皮肉に満ちていた作品でした。

93分と短い割には内容は結構濃い。「イエス・シー・キャン」は勿論アレのパロだし。序盤の少年少女たちへの勉強風景も可笑しかった。服がスポーンはお色気シーンなのかな?
月面着陸自体が選挙キャンペーンって所がもう皮肉。でもって月ナチ側の機械がめちゃアナログなのがまたナチらしいっていうかね。月に潜伏出来るくらいなのにね〜。
クラウス・アドラーの野心がストーリーの軸になっています。「スペース・ナチが攻めてきたぁぁぁぁ」
ヴィヴィアンのコスプレも見どころ。地球側アメリカ大統領との会話も軽快です。国連では次々と宇宙戦艦が参戦。武器を持ってないのがフィンランドくらいだってのがまた笑いを誘いますが、この大統領とヴィヴィアンのキャラもいいね。

作戦名は「電撃隕石作戦」とダサいんだけど、どんだけナチいるんだって突っ込みたくなるくらいの数の宇宙船にはなんか笑えました。あ、戦艦の名前はかっこいいです。
ヘリウム3エンジン始動で動き出した神々の黄昏号のシーンはなかなかかっこいいです。低予算の割にはCGもしっかりしてるしSF映像も悪くない。国歌斉唱でナチ達の動きが止まるのとかウケた。
それにしても恐ろしやハイヒール。まあ私はスニーカー派ですけんど。足元おぼつかなくて履けないんだよね。
ヘリウム3燃料によって国連代表たちがスロモで大乱闘になるシーンとかツボに入ったわー。
大爆笑とはならないものの、所々ニヤニヤ出来る作品になってました。

【概略】
米大統領の選挙PRのために月面へと送り込まれた黒人モデル・ワシントンは、月面ナチス親衛隊に拉致されてしまい…。

SF

_ タナウツネット雑記ブログ - 2013年04月17日 20:16

映画「アイアン・スカイ」をレンタルDVDで観賞しました。日本では2012年9月に公開された、フィンランド・ドイツ・オーストラリアの3国合作映画です。出自からしてかなりマ...

_ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 - 2014年12月30日 09:27

まずは近況から。
(近況と言っても二週間前ぐらいの事)

2014年10月25日(土曜日)…この日は、朝一に、ずっと行きそびれていた、かかりつけの病院に行った後、娘の学校の学院際に。娘とはタイミングが合わず会えずに、学院際からは直ぐに退散
その後、HOBBYBOX(※模型店...