Google
WWW を検索 ブログ内検索

推理作家ポー 最期の5日間 : 天才に対する賞賛と謎を求めて2012年10月12日 19:45

推理作家ポー 最期の5日間
 民主党の田中法相、真偽のほどは分かりませんが…。まあ、報道と本人の質疑を見る限り、限りなくクロに近い感じですが、ここはあえて”謎”としておきましょう。ちなみに、本日紹介する作品も、”謎”に満ちた最後の5日間を過ごした人物が主人公のこちらになります。
【題名】
理作家ポー 最期の5日間

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 1849年のアメリカ、ボルティモア。闇夜の中で凄惨な殺人事件が発生する。現場に急行したエメット・フィールズ刑事(ルーク・エヴァンス)が目にしたものは、血まみれの母娘の無残な死体だった。その事件は、トリックも殺害方法も、数年前に世間を震撼させたエドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)の推理小説『モルグ街の殺人』に酷似していた。その頃、酒場で騒ぎを起こして放り出されたポーは、恋人エミリー(アリス・イヴ)と出会うが、彼女の父親のハミルトン大尉(ブレンダン・グリーソン)から、娘に近づかないようにと言われてしまう。新聞社のマドックス編集長(ケヴィン・マクナリー)と口論の後、帰宅した彼をエミリーが訪ねてくる。自分の誕生日に行われる仮面舞踏会でプロポーズして欲しいというのだ。招待客の前であれば、父親も結婚を許してくれるのではないか……それが彼女の思惑だった。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「推理作家ポー 最期の5日間」は、初の推理小説といわれる「モルグ街の殺人」の著者であるエドガー・アラン・ポーの最後の日々を史実とフィクションを織り交ぜて描くサスペンス・スリラー映画です。監督は、「ニンジャ・アサシン」「Vフォー・ヴェンデッタ」で個性的なヒーローを描いてきたジェイムズ・マクティーグ。主演のエドガー・アラン・ポー役には、「シャンハイ」のジョン・キューザック。ポーと共に事件解決に奮闘するエメット・フィールズ刑事役には、「インモータルズ -神々の戦い-」のルーク・エヴァンズ。ポーの恋人であるエミリー・ハミルトン役には、「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」のアリス・イヴ。

 それほど期待せずに観に行ったのですが、以外に面白い作品でした。エドガー・アラン・ポーの小説を模した猟奇的な殺人事件の犯人をポーとエメット刑事が追う展開が、とてもスリリングに描かれており、何時の間にか作品の世界に引き込まれていました。

 この作品をスリリングにしている要因の一つに、ジェイムズ・マクティーグ監督のつくる独特の世界観があります。この独特の世界観を形作っているのは、繊細で緻密なセット、どんよりと暗くどこか湿ったような映像、そして”闇”を感じさせる主人公、といったところでしょうか。これらは、ジェイムズ・マクティーグ監督作品に共通の特徴です。特に本作では、決して派手なアクションシーンはありません。にもかかわらず、観る者をスリリングな世界に引きずり込むのは、これらジェイムズ・マクティーグ監督の独特の演出によるものでしょう。

 但し、この作品を観て一番強烈に感じた事は、これだったら「R15+」も当然でしょうという凄惨なシーンと犯人が仕掛けるトリックに関してです。「そんなの色々な映画で観てきたよ。」といわれる向きもあろうかと思いますが、これを1840年代に考え出したエドガー・アラン・ポーの超人的ともいえる先見性には驚かざるをえません。まぎれもなく、ポーは天才です。

 ただ、あらすじ的には若干残念なところがありました。自分としては、ポーと一緒になって犯人を捜すという工夫が欲しかったですね。でも、天才であるポーも犯人の意図的なヒント無しには、たどり着けないような相手だから無理な注文といったところかな。

 このように「推理作家ポー 最期の5日間」は、独特の世界観が魅力的なサスペンス・スリラーの良作です。また、続編は決してないという終わり方も、潔くてよいですよねぇ。では、本日はこの辺で (○´ω`)ノ ゚+。:.゚さようなら゚.:。+゚ ヽ(´ω`○) 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品