Google
WWW を検索 ブログ内検索

キラー・エリート : ハゲ兄、キメキメですね!2012年10月09日 08:49

キラー・エリート
 三連休明けの本日、皆様いかがお過ごしでしょうか。ちなみに、私は今日と明日の連休です。今日は、ステディと手品のお店に行こうかなと考えております。本日紹介する作品は、手品のように華麗に目標を達成するハゲ兄が主演のこちらになります。
【題名】
キラー・エリート

【製作年】
2011年

【製作国】
オーストラリア、アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 1980年、メキシコ。極秘ミッションに駆り出された殺し屋のダニー(ジェイソン・ステイサム)は、師匠でもあり良き相棒でもあるハンター(ロバート・デ・ニーロ)とともに、いつものように厳重な警戒を潜り抜け、リムジン内の標的を暗殺。しかし、同乗していた目撃者である10歳の少年に向かって引き金を引くことがどうしてもできなかった。自身の限界を悟ったダニーは、危険な稼業から足を洗う。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「キラー・エリート」は、元SAS(英国陸軍特殊部隊)のラヌルフ・ファインズが自身が暗殺されかけたエピソードを元にしたベストセラー小説を映画化した作品です。なので、「彼らは、実在する。」のコピーは決して大袈裟なものではありません。ちなみに、主演の超一流の殺し屋にはメカニックのハゲ兄(ジェイソン・ステイサム)、その相棒には「タクシードライバー」のロバート・デニーロ、元SAS隊員でハゲの敵役に「ザ・バンク 堕ちた巨像」のクライヴ・オーウェンが務めています。監督には、本作が長編デビューとなるゲイリー・マッケンドリーが務めています。

 先ず、こんな奴らが実在することが驚きでしょう。とにかく、狙う方、狙われる方、どちらも半端ないのです。鍛え抜かれた彼らの技は、ある意味超人的なものです。しかし、その超人ぶりはあくまでオリンピックのメダリスト級のものであり、「アベンジャーズ」的な超人ではありません。そのリアルな演出が、観る者に喉の渇きを忘れるような緊張感を与えるのでしょう。ゲイリー・マッケンドリー監督が、長編デビュー作とは思えない素晴らしい仕事っぷりです。

 ハゲ兄ことジェイソン・ステイサムとクライヴ・オーウェンの演技も、その緊張感に一役買っています。主人公のダニー・ブライスなんて、笑っちゃうぐらいハゲ兄のはまり役といえます。クライヴ・オーウェンも、ダニー・ブライスから仲間を守る難しさと組織のしがらみで苦悩する役を見事に演じています。二人とも”キレキレ”の演技ですよねぇ。ただ、ロバート・デニーロだけは、少し残念な役柄でしたが…。

 アクションシーンの迫力もなかなかでした。超ど派手というわけでもなく、あくまでもリアリティーを追求した中での切れのあるアクションといったところです。おっさんなら、誰でもしびれるのではないでしょうか。

 このように「キラー・エリート」は、おっさんが観るアクション映画としては文句の付けようのない作品です。まあ、女性と子供には不向きかもしれませんが…。しかし、ジェイソン・ステイサムは作品に恵まれていますよねぇ。では、本日はこの辺で -~)ノ~~ ジャネ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品