Google
WWW を検索 ブログ内検索

ヒューゴの不思議な発明 : ファンタジー映画風な2012年10月06日 17:33

ヒューゴの不思議な発明
 昨日より始めた「次期衆院選、あなたはどこへ投票しますか? 」というアンケート。投票していただいた皆様、ありがとうございます。今のところは、自民党5票がトップ、2位は以外にも国民の生活が第一4票となっております。分からないものですなぁ。引き続き投票受け付けますので、まだの方はお願いします。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ヒューゴの不思議な発明

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 1930年代のフランスはパリ。父(ジュード・ロウ)を火事で失ったヒューゴ(エイサ・バターフィールド)は、駅の時計台に隠れ住み、駅の時計のネジを巻いて毎日を過ごしていた。独りぼっちになった彼の唯一の友だちは、父が遺した壊れたままの“機械人形”。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ヒューゴの不思議な発明」は、ブライアン・ セルズニックの小説「ユゴーの不思議な発明」を原作とした作品です。監督は、「ギャング・オブ・ニューヨーク」など、多くの作品でメガホンをとったマーティン・スコセッシ。主人公ヒューゴを演じるのは「縞模様のパジャマの少年」のエイサ・バターフィールド。イザベル役に「キック・アス」「モールス」のクロエ・モレッツ。そして、真の主人公といってもよいジョルジュ・メリエス役に「ガンジー」でアカデミー主演男優賞を獲得したベン・キングズレー。

 正直、観る前に想像してたものと、かなり違う内容の作品でした。観る前は、少年ヒューゴの父に対する想いに比重の置かれた作品と想っていました。ところが、“世界初の職業映画監督”といわれるジョルジュ・メリエス(Wikipedia参照)に対する熱いリスペクトを感じるものでした。また、ヒューゴの手に汗握る冒険やファンタジーとしての要素もあまり感じられませんでした。ここまで、予想と違う映画もなかなかありません。これは、製作陣の問題というよりも、日本の映画供給会社スタッフの邦題のセンスの無さやマーケティングの稚拙さによるものでしょう。ちなみに、ヒューゴは何も発明しません。

 あらすじ的には、何かファンタジー映画風などんでん返しが起こるように期待させながらも何も起こらないという展開が、観る者に全く先を読めなくしております。この映画を観て低い評価をしている方は、この辺が気に入らないのかな。

 で、私自身は「おすすめ!」といったところです。この映画のメッセージとしては、”映画に対する深い愛情”と”人間に対する深い愛情”だと私自身は解釈しております。映画好きにとっては、採点が甘くなるメッセージかと想います。また、ヒューゴ役のエイサ・バターフィールドとイザベル役のクロエ・モレッツがジョルジュ・メリエスのために頑張る姿を見て不快に思う人はいないでしょう。子役って得ですよねぇ。

 このように「ヒューゴの不思議な発明」は、あらためて邦題の大切さを分からせてくれた作品でした。ただ、事前に予習してから観れば、映画好きには堪らない作品かもしれないですね。では、本日はこの辺で サョナラァヾ(●´・ω・)ノ.+゚*。:゚+ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/10/06/6594878/tb

_ Akira's VOICE - 2012年10月06日 17:49

素晴らしきかな世界。
 

_ 映画とライトノベルな日常自販機 - 2012年10月06日 18:02

★★★★★ “映画が人々にもたらす幸せを感じます”思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした とても思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした。 マーティン・スコセッシ監督の映画といえば物語の舞台を緻密に作り上げているというのが自分の印象です。この映画でもパリの街並み、雑踏でごった返す駅の様子、大きな歯車などがひしめく時計塔の内部などの舞台、そして登場する人々の衣装など、本当に観る人を映画の世界に引き込むに十分すぎる舞台が用意さ...

_ ディレクターの目線blog@Seesaa - 2012年10月06日 18:39

映画『ヒューゴの不思議な発明(3D・字幕版)』(公式)を先週平日のレイトショーで劇場鑑賞。キャパ221名に8名ほど。公開から一週間以内の割に少ないかも? 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。 ★記事の続き(詳細)は、下記をご訪問く…

_ MESCALINE DRIVE - 2012年10月06日 19:10

「ヒューゴの不思議な発明」3D版を観た。 マーティン・スコセッシ監督による、映画愛に満ちた作品。 モンパルナス駅構内のオモチャ屋の店主をベン・キングズレーが演じている。その作中人物は主人公の少年の運命に大きく関わっている。その作中人物夫妻の養女に「モールス」で吸血鬼アビーを演じたクロエ・グレース・モレッツ。夢見がちな文学少女をチャーミングに演じている。主人公の今は亡き父親に、ジョン・ワトソン役で出演の「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」の公開が待たれるジュード・ロウ。本作の彼は頭髪に不自由を感じさせない。 そしてクリストファー・リー! ベン・キングズレー、ジュード・ロウ、クリストファー・リーと三人もの「シャーロック・ホームズ」作品出演者が集まったわけだ。イギリスの俳優であれば自国のヒーローを描いた作品に出演する機会はあるだろうが(本作はフランスが舞台の映画だけれど)、だからといってジェイソン・ステイサムにホームズ物の出演オファーが舞い込むとは考えにくい。だから、この三人が揃うのは偶然にしても素晴らしい。...

_ あーうぃ だにぇっと - 2012年10月06日 19:13

ヒューゴの不思議な発明@TOHOシネマズ錦糸町

_ ようこそMr.G - 2012年10月06日 19:15











映画 「ヒューゴの不思議な発明」

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年10月06日 19:48

ヒューゴの不思議な発明 3Dスーパーセット(3枚組) [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆巨匠スコセッシが描く大人のためのファンタジー「ヒューゴの不思議な発明」。あふれる映 ...

_ 事務職員へのこの1冊 - 2012年10月06日 20:40

この作品は絶対に3Dで観るぞ、と決めていた。現時点で最高の3D映像であるとみんな

_ カノンな日々 - 2012年10月06日 21:55

このファンタジー映画がマーティン・スコセッシ監督作品だと知ったときはちょっと意外でした。しかも3Dです。もうすぐ70歳になられるというのに素晴らしいチャレンジ精神ですよね。 ...

_ こねたみっくす - 2012年10月06日 22:02

夢は映画の中で生まれる。そして夢は今も新たな夢を映画の中で生み続けている。
第84回アカデミー賞で撮影賞を始め技術系5部門を制覇したこの作品は、娯楽映画の父:ジョルジュ・ ...

_ はらやんの映画徒然草 - 2012年10月06日 22:37

スコセッシがファンタジー?それも3D?なんで?と初めて予告を観たときはたいそう驚

_ いやいやえん - 2012年10月06日 22:45



思ってたよりは平凡でしたが、映画ってやっぱりいいよなぁ、と思える作品でしたね。(私はもっぱらDVD鑑賞ですけども〜^;)
少年と機械人形とか、お店の中の雑然とした感じとか、素敵と思える部分もたくさんあって、楽しかった、というのが第一印象。

ただしかし、正直前半はちょっと無駄なシーンが多いかなとも。この前半がもたつくんですよね。それと映像は美しいのですが、お話が意外と地味だったのが驚きでした。
1902年製作「月世界旅行」で映画の魔術師と呼ばれた実在の映画監督ジョルジュ・メリエス。正直私はほとんど知らなかったのですが(月世界旅行も名前とポスターだけ)真の主役はこの人。演じるのはベン・キングズレーさん。当時の技術であれだけの手品と融合したSFX技術が出来れば凄いの一言でしょう。骸骨になっちゃう男の映像が面白かった。あと邦題で冠されてますが、ヒューゴが特別発明をするわけじゃないんですよね。むしろ、修理。何でこんなタイトルになっちゃったんだろ?
ヒューゴを演じた少年のいい意味で渋みのある瞳には驚きました。達観しているというのか、老熟した瞳です。クロエちゃんは相変わらず上手い。

最先端技術を使っての過去作品への憧憬なんかもあるんじゃないのかなぁ。
でもヒューゴが住んでいる時計台の無数の歯車からの遠景や機械人形の部品に感じ取れるのは、作品中でも語られてた「誰も不要な存在ではない」ということでしょうし、「共に夢を見ましょう」(映画のことを指している)という台詞が印象強く、これはそのまま監督の心なのでしょうね。映画へのメッセージ性の強さもあってかどこか骨太な印象もありました。
ただ機械人形がイラストを描いていく過程はワクワクしましたが、ラストはいい話で胸がいっぱいになりますが、そこまでドキワク感のする作品と感じ取れなかったのが残念。一人の少年の行動が、皆に微笑みを運んでいく。これはそういうお話でした。
個人的にはベン・キングズレーさんが素晴らしかった。それにクリストファー・リーさんがまだまだお元気そうで良かったです。

【概略】
駅の時計台に隠れ住む少年・ヒューゴ。父が亡くなり独りぼっちになった彼は、唯一の友達だった壊れたままの機械人形の秘密を探るうち、少女・イザベルと老人・ジョルジュに出会う。

ヒューマン

_ ひねくれ者と呼んでくれ - 2012年10月06日 23:09

監督:マーティン・スコセッシ 出演:ベン・キングズレー 米国2011年 アカデミー賞授章式で司会のビリー・クリスタルから何度も「初めて暴力も流血シーンもない映画を作った」とジョークのネタにされた、スコセッシの新作(しかも3D)。技術系の賞を多数ゲットしたのはメデタイッ\(^o^)/ということで見てきた。 しかし、結果は……(-"-) *映画への愛がない人 *細かいことが気になる人 このどちらかに当てはまる人は、絶対に見てはいけない[E:ban] もう一つの敗因は2D版で見てし

_ よしなしごと - 2012年10月06日 23:14




 今年の第84回アカデミー賞で最多11部門でノミネートされ、同着最多5部門で受賞した作品ヒューゴの不思議な発明。僕の好きなクロエ・グレース・モレッツちゃんも出ているので絶対見逃せない。3Dがあまり好きではない僕もこの作品だけは3Dで鑑賞。なんか久々に3Dで見たら疲れた(汗)。

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2012年10月06日 23:40

アカデミー賞でも美術賞・撮影賞・視覚効果賞・録音賞・音響編集賞と5冠を取った「ヒューゴの不思議な発明」。
映像も美しく、子供にも大人にも夢を与えてくれる素晴らしい作品だ。
だけど・・・あれれ?どこかで体験したような?

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2012年10月06日 23:45

2011年・米/配給:パラマウント 原題:Hugo 監督:マーティン・スコセッシ 原作:ブライアン・セルズニック 脚本:ジョン・ローガン 撮影:ロバート・リチャードソン 音楽:ハワード・ショア 製作:

_ マイシネマ日記 - 2012年10月06日 23:46

原題: Hugo 2011年 アメリカ 監督: マーティン・スコセッシ 出演: エイサ・バターフィールド/ベン・キングズレー/クロエ・グレース・モレッツ/サシャ・バロン・コーエン/ジュード・ロウ <STORY>***************************************************…

_ 象のロケット - 2012年10月07日 07:17

1930年代、フランス・パリ。 孤児の少年ヒューゴは、一人で駅の時計台に隠れ住んでいる。 オモチャ屋の店主ジョルジュの養女イザベルと仲良くなったヒューゴは、彼女と一緒に亡き父が残した壊れたままの機械人形の謎を解くことに。 そこには二人が思ってもみなかった秘密が隠されていた! ファンタジック・ミステリー。 

_ weekly? ぱんだnoきぐるみ - 2012年10月07日 09:17

マーティン・スコセッシ監督が3D作品を撮ると聞いて、何となく違和感を覚えたのは僕だけではないでしょう。
というのも、あくまでこちらが思い描いていた勝手なスコセッシ像ですが、彼は3D作品からは最も遠い作家の一人だったように思えるからです。
もちろん作風から受ける印象ではなく映画との向き合い方の問題なんですが。

_ FREE TIME - 2012年10月07日 09:38

注目の映画「ヒューゴの不思議な発明」を鑑賞しました。

_ キノ2 - 2012年10月07日 16:19

★ネタバレ注意★


 マーティン・スコセッシ監督初の3Dムービー。
 原作はブライアン・セルズニックのベストセラー小説。
 予告編の感じからファンタジック・アドベンチャーだとばかり思いこんでいたのですが、実際は、舞台設定と映像がファンタジックなだけで内容は現実的、どちらかというとオリバー・ツイストみたいなお話でした。

 今年のアカデミー賞では11部門にノミネートされたものの、受賞したのは撮影・美術・視覚効果・音響(編集)・音響(調整)賞の5部門という、技術関係の評価だけに留まったのがなにやら象徴的です。

 1930年代のパリ。父親(ジュード・ロウ)を火事で亡くし、...

_ みはいる・BのB - 2012年10月07日 22:28




☆☆☆★- (10段階評価で 7)
3月2日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 11:00の回を鑑賞。

_ こみち - 2012年10月08日 00:15

JUGEMテーマ:映画館で観た映画 



 





 死んだ父親が残した機械人形を修理することで大冒険が始まると思っていたら



ちょっと違いました。邦題では、「不思議な発明」となっていますが



ヒューゴやヒューゴの父親が発明したのでないので







題名を見て映画の内容を想像する納得のいかない内容となります。



しかし、ハートフルなムービーに仕上がっているところは、エンターティメント



として良くできています。CDや昔の無音映画を取り入れたり



朝や夕方の外の風景の光の当て方が、旨く出来ており、ノスタルジクを感じさせました。

 

 

 

2012年  パラマウントピクチャーズ

 

キャスト

ヒューゴ・カプレ・・・・エイサ・バターフィールド

イザベル・・・・・・・・クロエ・グレース・モレッツ

鉄道公安官・・・・・・・サシャ・バロン・コーエン

ジョルジュ・メリエス・・ベン・キングズレ



ヒューゴのお父さん・・・ジュード・ロウ

クロード・・・・・・・・レイ・ウィンストン

リゼット・・・・・・・・エミリー・モーティマー

ママ・ジャンヌ・・・・・ヘレン・マックロリー

ムッシュ・ラビス・・・・クリストファー・リー

ルネ・タバール・・・・・マイケル・スタールバーグ

マダム・エミール・・・・フランシス・デ・ラ・トゥーア

ムッシュ・フリック・・・リチャード・グリフィス

 

 

 

ヒューゴと不思議な発明 公式サイト



 

 

 

【言及】

 

 

 

_ 映画雑記・COLOR of CINEMA - 2012年10月08日 12:30

注・内容、台詞に触れています。マーティン・スコセッシ監督、初の3D作品『ヒューゴの不思議な発明』原作はブライアン セルズニック。出演はエイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロ

_ てんびんthe LIFE - 2012年10月08日 16:19

「ヒューゴの不思議な発明」TOHOシネマズ有楽座で鑑賞
2012-028

ジュード・ロウ目当てに行ったわけですが、主演の子のパパ。
出番意外と少なかった、がっくり。
とにかく3D好きではないのですが、どうせならと思ってみてます。
無駄に高いし。
今年2本目かな3Dみたの。
「アバター」で奥行きが出たと言われた3D。
スコセッシは観客側から画像出してた気がしたけど。
どっちにしてもきらい。
2Dで「映画」っぽいほうがやっぱり好き。
スコセッシはこういう子供向けのファンタジーをどうして作りたかったんだろう。
いい作品にできてはいたけどスコセッシのイメージってファン...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年10月08日 19:38

機械仕掛けの夢と儚さ
公式サイト。原題:Hugo。ブライアン・セルズニック原作、マーティン・スコセッシ監督。エイサ・バターフィールド、クロエ・グレース・モレッツ、ジュード・ロ ...

_ みるき~うぇい - 2012年10月08日 20:37

原題:HUGO 2011年度作品/アメリカ 第84回アカデミー賞 撮影賞受賞(ロバート・リチャードソン)            美術賞受賞(Francesca Lo Schiavo、ダンテ・フェレッティ)            視覚効果賞受賞(Alex Henning、ベン・グロスマン…

_ Diarydiary! - 2012年10月08日 21:01

《ヒューゴの不思議な発明》 2011年 アメリカ映画 - 原題 - HUGO 父

_ 風貴(カサキ)の映画大好き! - 2012年10月10日 23:57

3D作品を何作か観たが、
今までの中で一番奥行きや立体感が見事で、
その美しい映像を観るだけでも一見の価値が有るし、
物語の内容が
映画創世を支えたジョルジョ・メリエス氏を讃える内容の映画ラブの話だけに
映画ファン必見の作品です。


物語はあるひとりの少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)が
老紳士に一冊の手帳を取りあげられたことから展開していく。
少年はパリのモンパルナス駅に住み着いている孤児で、
父親は不慮の事故で亡くなり、
駅の時計係をしている飲んだっくれの叔父に引き取られて以来、
駅の裏部屋に住み着いている。
今ではその叔父も何処かへ行ったっきり帰...

_ マー坊君の映画ぶろぐ(新装版) - 2012年10月17日 12:49

「ヒューゴの不思議な発明」監督:マーティン・スコセッシ(『シャッター アイランド』)出演:エイサ・バターフィールド(『ナニー・マクフィーと空飛ぶ子ブタ』)クロエ・グレー ...

_ ☆お気楽♪電影生活☆ - 2012年10月18日 14:45


   秘密の扉が
       今 開く

_ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 - 2012年11月07日 21:01

あらすじ1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴは、亡き父

_ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... - 2012年11月07日 21:01

あらすじ1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴは、亡き父が残した”不思議な人形”が唯一の遊び相手だった・・・。解説アカデミー賞(撮影賞・美術賞・...