Google
WWW を検索 ブログ内検索

X-MEN ファースト・ジェネレーション : 安定感抜群の面白さ2012年10月04日 19:09

 ニューヨーク・ヤンキースが2年連続の地区優勝となりました。広島カープ出身の黒田、日本が生んだ最強バッターのイチロー、2人ともチームの優勝に貢献できました。ワールドシリーズに向け、さらに活躍して欲しいものです。ちなみに、本日紹介する作品は、オールドヒーロー活躍のこちらの作品になります。
【題名】
X-MEN ファースト・ジェネレーション

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 この「X-MEN ファースト・ジェネレーション」は、「X-MEN」シリーズの第5作目でX-MEN初期三部作の前日譚となる作品です。主演のプロフェッサーXを演じるのは「ウォンテッド」のジェームズ・マカヴォイ、後にライバルとなるマグニートーを演じるのは「プロメテウス」のマイケル・ファスベンダー。監督は、「キック・アス」のマシュー・ボーンが務めています。。

 結論から言うと、私的にはシリーズ中、最も面白い作品でした。シリーズ共通のアクションだけでなく、プロフェッサーXやマグニートーが人間味たっぷりに描かれています。特に、マグニートーが人間の敵となる流れは歴史問題も絡めて丁寧に描かれており、非常に見応えのあるあらすじとなっています。また、クライマックスもキューバ危機とリンクさせる等、このシリーズに上手くリアリティーを追加しています。

 映像も、シリーズを重ねるごとによくなっていきます。VFXの技術が進むので当然といえば当然ですが、たまに退化するシリーズもあることを考えれば素晴らしいことです。マシュー・ボーンは、おじぎすると才能がこぼれるほどの人なんでしょうねぇ。

 X-MENシリーズは、最新作のタイトルも「X-MEN:DAYS OF FUTURE PAST」となり製作が決定しています。そればかりか、「アベンジャーズ」とも世界観を共有も考えられているみたいですね。いや~、どうなっていくのか楽しみです。

 このように「X-MEN ファースト・ジェネレーション」は、プロフェッサーXとマグニートーの人間性に迫った新たな切り口のヒーロー物アクションです。また、誰にでも安心しておすすめできる作品でもあります。では、本日はこの辺で 【・゚・☆★サョナラ★☆・゚・】´Д`)ノ・゚・ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/10/04/6593270/tb

_ いやいやえん - 2012年10月04日 20:11



X-MENシリーズのスピンオフというか序章というか、プロフェッサーXとマグニートーとの友情と別離を描いています。でもどちらかというとマグニートーがメインっぽいよね!私アニメ「X-MEN」ではウルヴァリンと磁界の帝王マグニートーが好きだったので、彼の過去を垣間見れて嬉しくも感じます。映画作品のX-MENではすっかりおじいちゃんなのでちょっと…ですけどね。
ケヴィン・ベーコンさんが悪役を演じていますが、これも強烈なキャラクターでした。幼いミスティークは可愛らしかったですね。それぞれの能力者たちの苦悩を描いた作品としては成功しているのではないでしょうか、ハラワクドキ感もあって面白かったです!マグニートーが潜水艦を海中から浮かせるシーンは胸が熱くなってしまいました。
キューバ危機に時代を設定したことで、あったかもしれない戦いがそこにあったように感じ取れる所も良かったと思う。
2人が辿りついた結論は相容れないもの。結末が分かっているからこそ彼らが袂を分つ事に切なくもなる。
あちこちに「それでああなるのか」的な理由付けが散りばめられていて、改めて過去作を観直したくなりましたねー。
ジェームズ・マカヴォイさんはそつなく演じてましたが、私はプロフェッサーXとはいまいちイメージが繋がらなかったなー。対してマグニートーのマイケル・ファスベンダーさんは非常に良かったと思います。ラストであの兜に装飾を施してるとことか少し笑っちゃったけど。

【概略】
国際情勢が緊迫する1960年代、強力なテレパシー能力を持つ青年チャールズが、金属を自在に操れるエリックとめぐり合う。ミュータントとして人類と闘うべきか共存すべきか、異なる信念を抱きながらも友情を深めたふたりは、世界各地のミュータントを仲間に迎え入れていく。しかし戦時中にエリックの母親を殺した元ナチスの科学者セバスチャンが、ミュータント集団“ヘルファイアークラブ”を結成。やがてセバスチャンが悪魔のごとき計画を実行に移したとき、チャールズとエリックはその野望の阻止に挑むが、過酷な運命は彼らの絆を引き裂き、人類との“共存”か“支配”か、という正反対の道へと導いていくのだった……。

SFアクション

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年10月04日 20:31

公式サイト。原題:X-MEN:First Class。マシュー・ヴォーン監督、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー、ケヴィン・ベーコン、ジェニファー・ローレンス、ジャニュアリー ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年10月04日 23:49

X-MEN:ファースト・ジェネレーション 2枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケース)〔初回生産限定〕人気SFシリーズ「X-MEN」の起源をひも解く物語は、非常に内容が濃く満足 ...

_ キノ2 - 2012年10月05日 00:04

★ネタバレ注意★


 わたし燃えましたわ!
 プロフェッサーXとマグニートーの若かりし頃を描いたX-MEN誕生秘話です。燃えるんです。

 1960年代。チャールズ・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)は、自ら強力なテレパシー能力を持つミュータントであると同時に、遺伝子研究という方面からミュータントの謎の究明に邁進する若き科学者だった。そんなチャールズの前に、CIAエージェントのモイラ・マクタガート(ローズ・バーン)が現れる。何者かがミュータントの力を利用して核戦争を引き起こそうとしている、という疑惑が浮上していたのだ。

 それを契機にCIAに協力することになったチャ...

_ 新・辛口映画館 - 2012年10月05日 00:45

 公開から1月経った平日の夕方、客入りは654席の客席に40名ほど。

_ よしなしごと - 2012年10月05日 04:16




 昨年末に見たキック・アス。単館系でありながら日本でも口コミで上映館が増え、DVDが発売されたあともまだ映画館で上映し、人気を博している映画です。そのマシュー・ヴォーン監督が手掛けたのが、人気シリーズX-MENの最新作を手掛けました、そうX-MEN:ファースト・ジェネレーションです。
 ちなみに、2011年劇場映画50本目です!

_ みはいる・BのB - 2012年10月07日 22:42




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
6月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:55の回を鑑賞。

_ 虎団Jr. 虎ックバック専用機 - 2012年11月07日 21:02

原題は『X-MEN: FIRST CLASS』なんですが、この作品の個人的な印象

_ 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... - 2012年11月07日 21:02

あらすじ裕福な家に生まれ、名門大学に通うチャールズと母親と引き裂かれた悲しい過去を持つエリックが出会い・・・。感想主演が『ウォンテッド』の若手実力派のジェームズ・マカヴ...