Google
WWW を検索 ブログ内検索

阪急電車 片道15分の奇跡 : 15分間の路線にある小さな幸せ2012年10月03日 08:58

 今日は、朝からよい天気です。まさに、秋晴れですねぇ。今日は休みだし、外出前にこちらの作品を紹介します。
【題名】
阪急電車

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

【ロケ地】
西宮市・宝塚市

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ある日、結婚式に出席したOLの翔子(中谷美紀)は、花嫁と見間違えるような純白のドレスで現れ、新郎新婦を唖然とさせる。それは、彼女の復讐だった。会社の同僚でもある婚約者を後輩に寝取られた翔子。別れ話を切り出してきた婚約者に出した条件が、結婚式への出席だった。新郎新婦を尻目に、颯爽と披露宴会場を後にした翔子。帰宅途中の電車で、好奇の視線を集める彼女に老婦人が声をかけてくる。その老婦人とは、曲がったことの嫌いな時江(宮本信子)。孫の亜美(芦田愛菜)と電車に乗っていたところ、純白のドレスに引き出物というチグハグないでたちの翔子が気になって、声をかけたのだった。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「阪急電車」は、宝塚~西宮北口間を15分で走る阪急今津線を舞台にした物語です。監督は、今作が劇場用映画デビューの三宅喜重。主演には「ゼロの焦点」「源氏物語 千年の謎」の中谷美紀、共演には「劇場版 SPEC~天~」の戸田恵梨香、「サルベージ・マイス」の谷村美月等が務めています。

 「とても丁寧に創られた映画だなぁ。」というのが、この映画の第一印象。そして、身近にいないようでいるような登場人物たち。最後には、きっちりと泣かせるストーリー。これといって盛り上がりは無いものの、ほっこりとした気持ちになれるよい映画でした。

 淡々とした映画なので観ている時は何とも感じませんが、あらすじは結構斬新です。というのも、この映画のストーリーは、ほとんど電車内・駅構内で起きているのです。しかも、片道15分の路線です。○村○太郎の安っぽいトラベルミステリーも似たところがありますが、段違いの完成度です。この辺は、監督の三宅喜重、脚本の岡田惠和が、よい仕事をしたという事でしょう。

 演者の中では、中谷美紀の存在感が際立っていました。私が思う彼女のイメージは、常に凛として背筋が伸びているというものです。今回、彼女が演じる役柄は、婚約者を後輩に寝取られた高瀬翔子という女性です。翔子は、純白のドレスを着て二人の結婚式に出席するのです。そして、会場を後にしドレス着たまま電車に乗るって、普通の男ならドン引きしますよ、リアルガチで。「嫌われ松子の一生」の時もそうでしたが、このような”変な女”を演じても、品があるんですよねぇ。それに、”変な女”なのに、何となく魅力的に見えちゃいます。ほんと、よい女優さんですよねぇ。

 このように「阪急電車」は、あらためて邦画のよさを感じる事ができる映画です。少し落ち込んだ時に観ると、小さな幸せを感じることができるのではないかな。では、本日はこの辺で (。´-Д・)ノ±ょナょらァァ.+゚*。:゚+ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品