Google
WWW を検索 ブログ内検索

ボーン・レガシー : ジェイソン・ボーンの針につられた私2012年09月30日 17:24

ボーン・レガシー
 阪神競馬が台風で中止ですか…。広島では、ほとんど台風を意識することがないのですが、多くの影響を与えております。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ボーン・レガシー

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 CIAの極秘プログラム“トレッドストーン計画”によって生み出された最強の暗殺者、ジェイソン・ボーンが、ロンドンで新聞記者に接触しようとしていた頃。ボーンと内部調査局のパメラ・ランディ(ジョアン・アレン)の告発によって計画が明るみに出ることを恐れたCIA本部では、国家調査研究所のリック・バイヤー(エドワード・ノートン)が証拠隠滅のために全プログラムの抹消を命じる。一方、アラスカのCIA訓練地では、“アウトカム計画”によって生み出された暗殺者、アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)が訓練を積んでいた。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ボーン・レガシー」は、マット・デイモン主演のスパイアクション映画「ジェイソン・ボーン3部作」の裏側で繰り広げられていた、もう一人のスパイの戦いを描いた映画です。主演は、「アベンジャーズ」のジェレミー・レナー。共演には、「ラブリーボーン」のレイチェル・ワイズ、「ストーン」のエドワード・ノートン。監督は、「デュプリシティ」のトニー・ギルロイ。

 ジェイソン・ボーン3部作は、全て観ましたが内容はほぼ忘れました。そんな状態でこの映画を楽しめるのだろうかと考えていましたが、そんな心配は無用でした。というよりも、あの劇場で流れていた予告編はずるいよなぁ。私は、このボーン・レガシーの主人公アーロン・クロスとジェイソン・ボーンがコラボっちゃうと思ってました。ところが、どっこいです。単に時系列が重なっているだけで、全くの別物です。ジェイソン・ボーン3部作の映像も若干使われているようですが、私のような獲物を釣るための釣針みたいなものです。こんなことされると、しらけちゃうんですよね、全く。

 で、肝心の中身の方はどうかというと、十分なレベルのアクション映画ではあります。静と動の切り替えもよく、退屈しないで観ることが出来ます。ただ、アクション自体に新しい要素はなく、新鮮な驚きを感じることはありませんでした。また、カーアクションに関しては、多くの車が”整然”と移動するシーンは、逆に古さを感じざるおえませんでした。

 何だか、悪いことばかりの作品のようですが、唯一の救いどころはジェレミー・レナーのかっこよさです。クールで知的なルックスを持ち、どんな役柄でも見事に演じてくれます。演技の幅も広く、今後の活躍が楽しみです。ただ、俳優休業を視野入れているとの事なので、今後どうなるのかなぁ。

 このように「ボーン・レガシー」は、釣針注意報の映画なので気をつけて下さい。なので、ジェレミー・レナーのファンのみおすすめの作品かな。あと、本編とは関係ありませんが、レイチェル・ワイズの走り姿は、陸上選手みたいでした。では、本日はこの辺で 【゚+。*゚+。サョナラ。+゚*。+゚ 】-皿-`)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/09/30/6588509/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年09月30日 18:58

バイオハザードの劣化コピー?
公式サイト。原題:The Bourne Legacy。トニー・ギルロイ監督、ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ、ジョアン・アレン、アル ...

_ あーうぃ だにぇっと - 2012年09月30日 19:39

ボーン・レガシー@TOHOシネマズ日劇3

_ こねたみっくす - 2012年09月30日 20:56

ボーン・シリーズの亜流として期待せずに見れば面白いが、新たなるボーン・シリーズとして少しでも期待して見ると終盤までは結構退屈。
シリーズの正式な続編にして、ジェイソン ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年09月30日 20:59

Bourne Legacyクチコミを見る“ボーン”シリーズの世界観を引き継いだ新たなシリーズの幕開け「ボーン・レガシー」。役者はやや地味だが緊迫感は途切れない。記憶を失った凄腕の暗殺者 ...

_ カノンな日々 - 2012年09月30日 22:00

大ヒットしたマット・デイモン主演の『ボーン』シリーズ三部作の脚本家トニー・ギルロイが今度はメガホンをとり同じ世界観、同じ時系列の中で新たな暗殺者アーロン・クロスを主人 ...

_ 2ちゃんねるコメントNEWS - 2012年10月01日 04:01

{%映画館(movie)hdeco%} 解説{%右矢印webry%}暗殺者ジェイソン・ボーンと彼をめぐる陰謀を、壮大なスケールで描いた『ボーン』シリーズの裏で進行していたストーリーを描くアクション大作。前3作と同じ世界と時系列を舞台に、ジェイソン・ボーンとは別の暗殺者アーロン・クロスが繰り広げる戦いを活写する。『ハート・ロッカー』のジェレミー・レナーが暗殺者アーロンにふんし、体を張った見せ場を次々と披露。また、『インクレディブル・ハルク』のエドワード・ノートン、『ナイロビの蜂』のレイチェル...

_ Akira's VOICE - 2012年10月01日 10:29

CIAは人間兵器を作りすぎ。
 

_ ここなつ映画レビュー - 2012年10月02日 00:19


いわゆるジェイソン・ボーンの「ボーン・シリーズ」にそれ程思い入れはなく、3部作の内でも観た作品は「ボーン・アルティメイタム」のみ、のこの私が、何故今になってこの「ボーン・レガシー」を観たいと思ったのか…それは、きっと何も難しいことは考えずに、アクションの快楽に私を連れて行ってくれる、と思ったから。「ボーン・アルティメイタム」は初めてマット・デイモンのことを「なんてカッコイイ!」と感じた作品だったしね(いや、いつものもっさりとした人の好い感じのマット・デイモンはそれはそれで好きなのよ。インテリだし。言うまでもなく“ダメ男好き”の私のタイプではない、というだけで)。




で...

_ タナウツネット雑記ブログ - 2012年10月02日 21:11

映画「ボーン・レガシー」観に行ってきました。
マッド・デイモンが演じるジェイソン・ボーンが活躍する「ボーン」シリーズ3部作の裏で同時進行していた、CIAの計画を巡る戦いを描いた作品。
今作ではジェイソン・ボーンは顔写真と名前のみの登場となっており、代わりにジェレミー・レナーが扮するアーロン・クロスが

_ 気ままな映画生活 - 2012年10月07日 11:00

記憶を失ったスパイ、ジェイソン・ボーンの戦いを描いたロバート・ラドラム原作、マッド・デイモン主演の人気スパイアクション3部作(「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・ス ...

_ こみち - 2012年10月07日 23:48

 JUGEMテーマ:洋画

 

 

◆ボーン シリーズ

 

 無人機をライフルで撃ち落とし、体内のカプセルを

 

 メスで使って取り出すシーンは、秘密工作員のありさまが

 

 うまく描かれており、面白かったです。

 

 最後のバイクでの追跡シーンも楽しめましたので

 





 ボーンシリーズのスピンオフ作品としても 出来も高いですね。

 



 

2012年 ザ・ケネディ マーシャル・カンパニー

 

キャスト

アーロン・クロス・・・・・・・・・・ジェレミー・レナー

マルタ・シェアリング博士・・・・・レイチェル・ワイズ

リック・バイヤー・・・・・・・・・エドワード・ノートン

パメラ・ランディ・・・・・・・・・ジョアン・アレン

ノア・ヴォーゼン・・・・・・・・・デヴィッド・ストラザーン

アルバート・ハーシュ博士・・・・・アルバート・フィニー

エズラ・クレイマー・・・・・・・・スコット・グレン

ディタ・マンディー・・・・・・・・ドナ・マーフィ

マーク・ターソ・・・・・・・・・・ステイシー・キーチ

ドナルド・フォイト博士・・・・・・ジェリコ・イヴァネク       

ゼヴ・ヴェンデル・・・・・・・・・コリー・ストール

アウトカム計画 工作員・・・・・・オスカー・アイザック

LARX−03・・・・・・・・・ルイ・オザワ

 

 

 

オフィシャル ウエッブサイト



 

 

 

【言及】

 

 

 



_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2012年10月08日 19:57

☆実は、この「ボーン」シリーズ、初めての鑑賞であった。

 前三部作からは主役が代わったとのことで、物語も仕切りなおしで、とっつき易いかなと思い、見た。

 最初は、前作との絡みで分かりにくかったが、どうにか理解できていると思う。

 簡単に言うと、CIAと...

_ センタのダイアリー - 2012年10月08日 21:42

旧3部作からずっと脚本を書いてきたトニー・ギルロイがシリーズで初めて脚本兼監督をしているが、全くもって残念な出来。

旧シリーズとは違ってレイチェル・ワイズやエドワード・ノートンといった名優たちを起用しているが、作品に対するその効果は疑わしく思う。

展開のテンポの悪さは本当に同じ人間の脚本家かと思えてくる。

シリーズのウリのはずだったアクションシーンは、アップが多く、何が起きているかわからない。

細かくつないだ編集は何かごまかしてるだけのようにも思えてくる。

シリーズの良さをすべて失っていて、これでは新三部作になっていくとは思えない。

本当にどうしちゃっ...

_ 京の昼寝〜♪ - 2012年10月09日 12:29




□作品オフィシャルサイト 「ボーン・レガシー」 □監督・脚本 トニー・ギルロイ □脚本 ダン・ギルロイ □原案 ロバート・ラドラム □キャスト ジェレミー・レナー、レイチェル・ワイズ、エドワード・ノートン、ジョアン・アレン、       アルバート・フィ...

_ 労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜 - 2012年10月11日 00:04


【=40 -5-】 マット・デイモンの「ジェイソン・ボーン」3部作は観ていない、しかし、ジェレミー・レナーが好きなので観てみるのだ。

 CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、人体改造の「アウトカ...

_ 菫色映画 - 2012年10月12日 20:18

Bourne Legacy2012年 アメリカ
監督:トニー・ギルロイ
出演:ジェレミー・レナー
   エドワード・ノートン
   レイチェル・ワイズ
   ジョアン・アレン
   アルバー ...

_ MESCALINE DRIVE - 2012年10月13日 08:23

「ボーン・レガシー」を観た。 マット・デイモンが主演して世界的大ヒットとなった「ボーン」シリーズ。三部作は見事に完結した。彼らの陰謀うずまく物語は幕を閉じたとばかり思っていたのが、ジェレミー・レナーを主演に据えて新たな伝説を紡ごうとは。 ジェレミー・レナー演じるアーロン・クロスは、ジェイソン・ボーンとは異なり遺伝子操作を為された人間兵器。彼は"トレッドストーン"計画で生まれたのではない。彼を生んだ人間兵器養成計画の名前は、"アウトカム"。 ガーディアン紙の記者が"トレッドストーン"とジェイソン・ボーンについて嗅ぎまわっている。しかもサイモン・ロスは"ブラックブライアー"にさえも辿り着いたようだ。これはアメリカ合衆国の情報工作のすべてに影響を及ぼす緊急事態となる可能性がある。これに対してCIAは事態を収拾できないかもしれない。重要度の高い作戦を守るためには最終手段をとるしかない。 国家調査研究所のリック・バイヤーは優先すべきことを心得ている。事態の速やかなる収拾を託された彼は、さながら天才外科医がメスをふるうが如く的確な指示を下す。何を守り、そのために何を切り捨てるのか。手遅れになる前に病巣となりそうなものは切除しなければならない。...

_ 風に吹かれて - 2012年10月13日 14:45

計画はトレッドストーンだけではなかった俺の名前はNo.5 公式サイト http://bourne-legacy.jp監督・脚本: トニー・ギルロイ  「フィクサー」 CIAの極秘プログラム「トレッドス

_ うろうろ日記 - 2012年10月14日 16:29

映画館で見ました。 【予告orチラシの印象】マッドさんのボーンシリーズの後釜。と

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2012年10月14日 17:24

この映画を観てからすでに10日以上経ってしまった・・・
その理由は他ならない、前半部分でウトウトしてしまったから。
劇場を出る前にあちこちで聞かれた「やっばー、寝ちゃったよ。」と言う声。
隣の中学生?らしき少年は肝心のアクションシーンが始まっても、エンディングまで熟睡してた。きっとお小遣いで観に来たのでしょうに残念だったね・・・・

_ 映画 K'z films 2 - 2012年10月14日 18:47

Data 原題 THE BOURNE LEGACY 監督 トニー・ギルロイ 出演 ジェレミー・レナー 
エドワード・ノートン 
レイチェル・ワイズ 
ジョーン・アレン 
アルバート・フィニー 公開 2012年 9月

_ 映画 K'z films 2 - 2012年10月14日 18:47

Data 原題 THE BOURNE LEGACY 監督 トニー・ギルロイ 出演 ジェレミー・レナー 
エドワード・ノートン 
レイチェル・ワイズ 
ジョーン・アレン 
アルバート・フィニー 公開 2012年 9月

_ たいむのひとりごと - 2012年10月14日 22:50

ジェイソン・ボーンのシリーズと世界を同じくして”アルティメイタム”と同時期に起こっていた別の話であり、”ホーク・アイ”が記憶に新しいジェレミー・レナーが主演ということで楽しみにしていた作品。・・だった

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年10月16日 00:19

2012年10月5日(金) 19:45~ TOHOシネマズ日劇3 料金:0円(フリーパスポート) 『ボーン・レガシー』公式サイト フリーパスポート23本目。 当初は、ポール・グリーングラス監督、マット・デイモン主演の企画だったそうだが、グリーングラスが降板したことで、おサルさんも辞退したそうだ。 そこで、ジェイソン・ボーンと時間平行した話として作られる。 ジェイソン・ボーンの脚本家による、脚本監督作品なのだが、前半が思いっきりたるい上に、いまいち話が良くわからないときた。 アクションは、最後のバイクチェイスだけ異常に力が入っている。 で、逃げ切ったら、あっけなく終わってしまった。 かなりバランスの悪い映画だ。 同名の小説とは、ストーリーが異なるのだが、まだタイトルが2つはあるようだし、また3部作にするのだろうか。 制作費分は回収しているので、コケではないようだが、おサルさんを復活させるなど、てこ入れがないと続編は厳しいのでないか。 お勧め度:☆☆★ バイクチェイス度:☆☆☆★ 俺度:☆☆

_ Subterranean サブタレイニアン - 2012年10月17日 15:57

監督 トニー・ギルロイ 主演 ジェレミー・レナー 2012年 アメリカ映画 135分 アクション 採点★★ 『ボーン・アルティメイタム』で最高の幕引きを見せた“ジェイソン・ボーン”シリーズ。ただまぁ、スタジオがそう易々とヒットシリーズを手放すわけもなく、第4作目…

_ キノ2 - 2012年10月25日 21:59

★ネタバレ注意★


 ■ボーン・スプレマシー
 ■ボーン・アルティメイタム

 ボーン・シリーズ、待望の新作。
 監督と脚本のトニー・ギルロイは、ボーン・シリーズ三作すべての脚本を手掛けたひとですので、物語の整合性についてはバッチリです。あの設定はどうなったんだとか、あのキャラクターはどこに消えたんだとか、あの謎の解明はどうしたんだとか、そういうモヤモヤを感じさせないスッキリ仕様。

 ストーリーの流れはこんな感じ。
 前作アルティメイタムのラストで、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)と気脈を通じたCIAのパメラ・ランディ(ジョーン・アレン)がトレッドストーン計...

_ よしなしごと - 2012年12月06日 02:43




 完結編と思われた前作のボーン・アルティメイタムから約5年。ボーン・レガシーを見てきました。

_ kintyre's Diary 新館 - 2013年01月19日 18:30

12-80.ボーン・レガシー■原題:The Bourne Legacy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:135分■字幕:戸田奈津子■観賞日:10月7日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円
□監督・脚本・原案・編集:ジョン・ギルロイ□脚本:ダン・ギルロイ◆ジェレ...

_ いやいやえん - 2013年03月05日 09:56



ジェレミー・レナーさんを主人公にもってきた、「ボーン」シリーズのスピンオフ的作品。
「トレッドストーン計画」によって生み出された暗殺者ジェイソン・ボーンが、ロンドンで新聞記者サイモン・ロスに接触しようとしていた頃、計画が明るみに出ることを恐れたCIA本部では、国家調査研究所のリック・バイヤー(エドワード・ノートンさん)が証拠隠滅のために全プログラムの抹消を命じていた。一方、アラスカのCIA訓練地では、「アウトカム計画」によって生み出された暗殺者アーロン・クロスが訓練を積んでいた…という設定。
ボーンシリーズを見ていた人には、ああ、あの時期ねとわかるものの、後付感はちょっとありますな。ほとんどが逃走劇。薬に頼らなければならないことへの悲哀は出ていますが、ストーリー的には前半部にもたつきがあって、正直テンポが良いとは言えなかったなあ。途中でダレちゃった。
ヒロインはレイチェル・ワイズさん。彼女が「なぜ薬が必要なの?」と問うシーンがありますが、説得力があまりないなー。全作戦中止っつーか要は暗殺者メンバーが殺されていくという設定が強引すぎる^;作戦中止でいつか再開する予定なら、国外待機命令だけで良いはずなんですけどねえ。
あとやたら「ジェイソン・ボーン」の名前が出てくるのですが、シリーズですよ!といわれすぎてるようでちょっと辟易しちゃった。内容的にも同シリーズじゃなくてもいいような気もするんだよねえ。
「ラークス」のあれほどまで評価の高い工作員はいませんといわれてた工作員ともチェイスだけだし、アクションはなかなか頑張っていたと思うんですが、どこかいまひとつでした。オチも微妙。ジェイソン・ボーンの時には感じていた知的戦闘能力があまり感じ取れなかったのも原因のひとつかな。

【概略】
CIAにより生み出された暗殺者・アーロンは、マルタ博士を救出しマニラへ向かうが…。

アクション