Google
WWW を検索 ブログ内検索

ハンガー・ゲーム : ”おしい”映画2012年09月28日 17:08

ハンガー・ゲーム
 あくまで個人的な見解ですが、今週は先週とうって変わり、面白そうな映画が目白押しです。で、本日観た映画はこちらになります。
【題名】
ハンガー・ゲーム

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 巨大独裁国家パネム。最先端都市キャピトルと12の隷属地区で構成されるこの国では、国民を完全服従させるための見せしめ的イベントとして、毎年1回、ハンガー・ゲームが開催されていた。その内容は、パネムの全12地区それぞれの12~18歳の若者の中から、男女1人ずつの合計24人をプレイヤーとして選出し、最後の1人になるまで戦わせるサバイバル・コンテスト。一部始終が全国に生中継され、パネムの全国民に課せられた義務で、キャピトルの裕福なエリート層にとっては極上の娯楽コンテンツだった。第74回ハンガー・ゲームが開催されることとなり、プレイヤー抽選会が開催された第12地区。カットニス・エバディーン(ジェニファー・ローレンス)は、不運にもプレイヤーに選ばれた12歳の妹プリムローズ(ウィロー・シールズ)に代わってゲーム参加を自ら志願する。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ハンガー・ゲーム」は、スーザン・コリンズのシリーズ小説「ハンガー・ゲーム」を原作としたアクション映画です。メガホンをとったのは「シービスケット」のゲイリー・ロス。主演は、「あの日、欲望の大地で」において第65回ヴェネツィア国際映画祭で新人俳優賞を獲得したジェニファー・ローレンスが務めており、他にも期待の若手俳優が顔を揃えています。また、「メカニック」のドナルド・サザーランドや、「崖っぷちの男」のエリザベス・バンクスらベテランが脇をしっかりと固めているところも見逃せません。

 これまた、圧倒的な格差社会を象徴したような作品です。そこから這い上がるには24分の1の確立で、厳しい生存競争を勝ち抜く必要がある、まさにアメリカーンな状況です。まあ、この件に関してデモさえ起きない日本もどうかしてますが。そんな小言はともかく、あの「バトル・ロワイアル」とやってることは同じようなものですが、ゲームの成り立ちや背景が全く違います。私自身は、この「ハンガー・ゲーム」の方が、よりリアリティーを感じる事ができました。

 映像も、それなりに説得力のあるものでした。決して派手さはないもののエグさが十分に伝わる映像は、この種のサバイバル映画にぴったりとはまるものでした。あらすじは、中途半端な愛情表現のために三角関係や格差社会の是正は投げっぱなしで終わるのかと思っておりましたが、3部作の第1作とのことで納得できました。

 というように、ここまで述べた中では悪いところは特に無いのですが、どうも私的にはイマイチでした。何といっても、画面から緊張感が伝わってこないのです。そのため、少々退屈しました。サバイバル・アクションなわけですからね、たのんますよ。スポンサーから薬やスープが届けられるのも、緊張感を無くす要因の一つかもしれませんが、一番は演出的な問題と思われます。私の記憶が確かならば、ゲイリー・ロスは監督としてアクション映画のメガホンを取ったことがないと思います。次作は、監督変更でいってもらいたいですが、ヒットしてるだけに難しいかな。

 このように「ハンガー・ゲーム」は、”おしい”内容でした。但し、次作への期待感はそれなりに感じることができましたよ。では、本日はこの辺で (●´・з・`)ノ【*:..。o○±よナょら○o。..:*】 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/09/28/6586718/tb

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年09月28日 19:08

ハンガー・ゲーム-オリジナル・サウンドトラック~ソングス・フロム・ディストリクト12・アンド・ビヨンドクチコミを見る極限状態のゲームで生き抜く若者たちのサバイバルを描く「ハ ...

_ Memoirs_of_dai - 2012年09月29日 15:36

カットニスだけにもう少し尺をカットにしても…


【Story】
富裕層によって支配され、パネムという名の独裁国家。そこで民衆の絶大な支持と人気を集めているのが、各地区から選出された12歳から18歳まで...

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2012年09月29日 18:10

アメリカのティーンに絶大な人気を誇る小説の映画化だそうだ。
「バトル・ロワイアル」は観た事も聞いたこともないと言い張る原作者の主張で論争を巻き起こしているらしいが、ほぼバトロア。
しかも、ポケットモンスターか~ら~の~バトロア?

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年09月29日 19:08

「希望」を少しだけ与えることが民衆支配の要諦
公式サイト。The Hunger Games。スーザン・コリンズ原作、ゲイリー・ロス監督、ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、 ...

_ タナウツネット雑記ブログ - 2012年09月30日 00:04

映画「ハンガー・ゲーム」観に行ってきました。
アメリカで大ベストセラーとなった、スーザン・コリンズの同名小説を原作とするサバイバル・スリラー作品。
今作ではストーリー構成上、血みどろの殺し合いや死体の描写が少なくないことから、PG-12指定されいます。

現在のアメリカ合衆国?の崩壊後に誕生したらし

_ 流浪の狂人ブログ ~旅路より~ - 2012年10月01日 19:45


 世界中でベストセラーとなっているスーザン・コリンズ原作のヤングアダルト小説を、「シービスケット」のゲイリー・ロス監督、「ウィンターズ・ボーン」のジェニファー・ローレンス主演で映画化。
 文明崩壊後の北アメリカ、高度に発達した統制国家により、周辺の12の地区から選ばれた10代の男女が、テレビ中継される中で最後の一人になるまで強制的に殺し合いをさせられる、サバイバルアクション。

_ 映画感想メモ - 2012年10月01日 20:42

ハッピー ハンガーゲーム! エンドロール後におまけはありません。 いい加減あらす

_ カノンな日々 - 2012年10月01日 20:58

予告編を観てこれって『バトル・ロワイアル』+『カイジ 人生逆転ゲーム』?と思ったのは私だけでしょうか?ハリウッド映画にも似た題材は過去にあったように思いますけど、アメリ ...

_ 象のロケット - 2012年10月02日 05:59

北米の巨大独裁国家パネムは僅かな富裕層が住む都市キャピトルに支配されており、政府は12の隷属地区から毎年12〜18歳の男女2人ずつを選出し“ハンガー・ゲーム”に参加させていた。 それは最後の1人になるまで殺し合いをさせるゲームで、全国にテレビ中継され、勝者は巨額の富を得ることができる。 第12地区の少女カットニスは、幼い妹の代わりに出場を志願したのだが…。 サバイバル・アクション。

_ こねたみっくす - 2012年10月02日 12:00

生存確率上がっとるがな!
設定が適当な上にご都合主義連発の世界観。バトルロワイヤルなのに容易に読める展開の数々。そして薄っぺらい人間ドラマ。ただゲイリー・ロス監督の演 ...

_ たいむのひとりごと - 2012年10月02日 17:06

理不尽なサバイバルゲームに投じられた少年少女が、いかなる妨害や困難にも屈せず、ときには折れそうになりながらも心を通わせた者と共にゲームを終わらせるべく闘い続けるいった感じの物語。そうした物語は、例えば

_ 放浪の狼のたわごと - 2012年10月02日 18:54

2012年アメリカで製作された ゲイリー・ロス監督作品。年に一度開催されるハンガ

_ Akira's VOICE - 2012年10月03日 10:51

イライラするが悪くはない。
 

_ 風に吹かれて - 2012年10月03日 12:05

ティーン版グラディエーター公式サイト http://www.hungergames.jp9月28日公開原作: ハンガー・ゲーム (スーザン・コリンズ著/メディアファクトリー)製作総指揮・共同脚本: ス

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年10月04日 12:13

2012年9月29日(土) 18:45~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(フリーパスポート) 『ハンガー・ゲーム』公式サイト フリーパスポート19本目。 全体主義国家でのプロレタリアートの生き残りゲームに金持ちが熱狂という、有りがちな「バトルランナー」だと思ったら、ほとんど「バトル・ロワイヤル」だった。出てくる奴らは、おっさんでなくティーンズである。 反体制勢力になって暴れるという「バトルランナー」最後の5分みたいな終わらせかたをするかと思ったのだが、主人公たちが勝ち残り優勝して終了してしまった。 何のオチもないのかよ状態だったが、日本語のテロップで「ハンガー・ゲーム2」日本公開決定と出てきた。そこで革命でもするのだろうが、「バトル・ロワイヤル2」みたいな惨い状態にならないでくれ。 それにしても、「ボーン・レガシー」と本作の公開劇場は、場所が入れ違いでないですか。「アベンジャーズ」と「プロメテウス」でも、そう思ったけど。 中身のないくせに悪戯に長く、特に戦闘開始までが「まだかよ!」なのだが、懇切丁寧な「バトル・ロワイヤル」という感じは、嫌いではない。何故か妙に憎めない。そもそも、「まだかよ!」の間が好きだったりする。 主演女優が、「ウィンターズ・ボーン」の娘だった。潜在的に気に入っていたというのも大きいだろうな。 一方、男は、名作「テラビシアにかける橋」の少年なのだが、いつの間にか青年になっていた。 お勧め度:☆☆★ バトル・ロワイヤル度:☆☆☆★ 俺度:☆☆☆

_ 気ままな映画生活 - 2012年10月06日 22:24

文明が崩壊した近未来アメリカを舞台に、殺し合いのゲームに参加させられた16歳の少女の活躍を描く。わずかな富裕層だけが住むことができる都市キャピトルでは、冷酷な支配者たち ...

_ だらだら無気力ブログ! - 2012年10月08日 00:53

これ3部作なのか・・・、知らなかったよ。

_ ディレクターの目線blog@FC2 - 2012年10月09日 18:05





映画『ハンガー・ゲーム(字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。


採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。


ざっくりストーリー


一部の大金持ちに支配された未来の...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2012年10月11日 00:12

ジェニファー・ローレンスが主演で妹の代わりに志願して生き残りゲームに参加する。ゲームの規則が変わってしまうなど疑問点もあるのだけど、ドナルド・サザーランド演じる大統領が特権階級を守るためにそのゲームを行っているのが肝だ。抑圧された民衆をうまく搾取するため

_ はらやんの映画徒然草 - 2012年10月14日 19:46

予告を観た時の印象は「バトル・ロワイヤル」×「バトルランナー」な感じかなというも

_ Healing - 2012年10月19日 16:40

ハンガー・ゲーム ★★★★ 何のため、だれのために生きるのか。 もう一度、思い起こさせる闘い これぞ正真正銘の“全米大ヒット!” さらに米Amazonでは、原作本3部作の売上げがハリポタ全巻分を上回るという大人気。 『ウインターズ・ボーン』のジェニファー・ローレンスはやはり、すばらしい女優さん。 ずっと観ていたい女優さん。 まちがいない。 今回も体を張って、

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2012年10月19日 23:11

映画『ハンガー・ゲーム』は全米で大ヒット。でも日本ではダメでした。日本人の感覚の

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2012年10月26日 23:08

☆・・・これね、すっごく面白かった!

 公開されてから二週間ほど経つが、見逃さないでよかった。

 でも、もう眠たいので、短い更新でごめんなさい。

 眠れる時には、木の上ででも寝ておかないと、回りは敵ばかりだからな、気を抜けないのさ。

 話は超B級で、政...

_ よしなしごと - 2013年01月08日 22:14




 スティーブン・キングが絶賛したサバイバルバトルハンガー・ゲームを見てきました。

_ kintyre's Diary 新館 - 2013年01月10日 23:26

12-78.ハンガー・ゲーム■原題:The Hunger Games■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:143分■字幕:石田泰子■観賞日:10月1日、吉祥寺オデヲン■料金:1,000円
□監督・脚本:ゲイリー・ロス◆ジェニファー・ローレンス(カットニス・エヴァディーン)◆...

_ いやいやえん - 2013年01月22日 11:00



ジェニファー・ローレンスさん主演。彼女ももう引っ張りだこの女優さんになりましたね。
各地区から選出された12〜18歳までの男女が闘技場の中で殺し合い、生き残った者に巨額の賞金が渡されるという殺人サバイバル「ハンガー・ゲーム」。いわゆるバトルロワイアルものですが、残酷描写は少なくアクションシーンも控えめでいかにもティーン向けといった感じ。それにしても12歳と18歳が戦ったら18歳のほうが有利に決まってるような^;なんだか無茶苦茶な設定です。
反乱の代償として始まった生贄のようなものですね。生活のために培った弓矢の技術と鋭い勘を頼りに主人公は戦います。
幼い妹の代わりに出場する事になったカットニスは、絶対に負けられない信念と、馬鹿げたゲームへの怒りを、静かに体現していたと思います。
「観客に好かれる事」を世話役ヘイミッチは言います。それはすなわち観客次第で状況がコロコロ変わっていくから。お披露目のためのスタイリストが全うな人間でしたね。この馬鹿げた「ハッピー」ハンガーゲームに選ばれた事を嘆いてくれた。カットニスは炎の少女として人々の目にとまる。
丁寧に描かれた前半と中盤からのハンガー・ゲームがバランスよく面白かった!
それにしても、差し入れの軟膏の効能が凄かったねー。
途中、ルーという少女と心を通わすも、彼女も呆気なく殺されてしまう。そんな彼女にきちんと花を持たせ涙を流して送るカットニスの姿に、ルーの第11地区の民も奮起し暴動を起こすんですね。カットニスにはそういった人々の心を良い意味で先導するカリスマ性があるのかもしれない。
それにしても、ピータの怪力の見せ場はどこに…^; ルールがコロコロと変わるのもなんだか興が冷めちゃうよね。
続編があるのは楽しみだけど、イケメンのBFとピータの間で揺れる…なんて展開だけはやめてほしいっす^;

【概略】
独裁国家パネム。この国の権利者は、支配する12の地区から若い男女ひとりずつを選出し、というイベントを実施していた。全国のテレビ中継されるその競技は、24人のプレイヤーが闘技場に投げ出され、最後のひとりになるまで戦う究極のサバイバル・ゲーム。幼い妹の代わりとして第12地区の代表に自ら志願したカットニスは、同郷のピータとともに人生のすべてを懸けた戦いに身を投じていく・・・。

アクション

_ こみち - 2013年12月30日 09:01

JUGEMテーマ:洋画 

◆ハンガー・ゲーム シリーズ

 

古代ローマのコロシアムでの戦いのように12地区から2人ずつ

 

選び出して殺戮を行う趣旨では、暴動は治まらないと思う。

 

暴動鎮圧と言うよりも一部の人達のために行っている

 

エンターテーメントなのでしょう。

 

戦闘シーンは面白かったが、シナリオの背景が

 

いまいちな感じを受けました。

 

次作、ハンガー・ゲーム2が公開されておりますが

 

そちらはどうなんでしょうか?

 

 

 

2012年  カラー・フォース

 

キャスト

 カットニス・エヴァディーン・・・ジェニファー・ローレンス

 ピータ・メラーク・・・・・・・・ジョシュ・ハッチャーソン

 ゲイル・ホーソーン・・・・・・・リアム・ヘムズワース

 ヘイミッチ・アバーナシー・・・・ウディ・ハレルソン

 プリムローズ・エヴァディーン・・ウィロウ・シールズ

 マーヴェル・・・・・・・・・・・ジャック・クエイド

 グリマー・・・・・・・・・・・・レヴェン・ランビン

 ケイトー・・・・・・・・・・・・アレクサンダー・ルドウィグ

 クローヴ・・・・・・・・・・・・イザベル・ファーマン

 ルー・・・・・・・・・・・・・・アマンドラ・ステンバーグ

 マリーナ・・・・・・・・・・・・タラ・マッケン            

 ディラン・・・・・・・・・・・・イーサン・ジェイミーソン

 

 

ハンガー・ゲーム公式ヴェブサイト



 【言及】