Google
WWW を検索 ブログ内検索

天地明察 : また、鬘が…。2012年09月16日 17:03

天地明察
 我等が広島カープは、今日も完封負けです。もう、だめですな。本日紹介する作品は、カープ同様残念なこちらになります。
【題名】
天地明察

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 江戸時代前期。安井算哲(岡田准一)の生まれた安井家は将軍に囲碁を教える名家であるものの、算哲自身は出世欲のない不器用な男だった。星の観測と算術の問いを解くことが好きで、あまりにも熱中しすぎて周囲が見えなくなることもしばしばだった。算哲は形ばかりの勝負となった囲碁に次第に疑問を抱き、真剣勝負の場に身を置きたいとの願いを持つようになる。そんな算哲を、将軍・徳川家綱の後見人である会津藩主・保科正之(松本幸四郎)は暦の誤りを正す任に抜擢する。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「天地明察」は、20年以上の歳月をかけて日本独自の太陰暦を作り上げた安井算哲(渋川春海)の生涯を描いた作品です。原作は、第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞を受賞した冲方丁による同名小説。主演の安井算哲役には、「SP 野望篇」「SP 革命篇」の岡田准一(V6)、算哲の妻えん役に「わが母の記」の宮崎あおい、水戸光圀役に「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~」の中井貴一ら、豪華キャストが揃っております。また、監督として「おくりびと」の滝田洋二郎がメガホンをとっています。

 正直、迷ったんですよねぇ、この「天地明察」を観ようか観まいかと。何といっても141分という上映時間ですから、つまらない映画だと罰ゲーム的な長さです。今でこそ、禁煙に成功し非喫煙者になりましたが、それ以前なら迷わず観に行かなかったでしょう。しかしながら、実際に映画を観てみると、以外に退屈せずに観ることができました。これは、作品自体のテンポがよかったからだと思います。流石の滝田洋二郎監督といったところでしょうか。また、主演の岡田准一をはじめとするキャストの皆さんの演技もよかったなぁ。特に、中井貴一の光圀。新たな黄門様を観させていただきました。また、笹野高史は、本作でもいぶし銀の演技で、きっちりと仕事をこなしています。

 但し、よかったのはここまでで、後はもう、 (´Д`)ハァ…。先ず、興ざめしたのが、本因坊道策役の横山裕(関ジャニ∞)と本因坊道悦役の尾藤イサオの鬘でしょう。特に、掴みの部分だけに、これは痛かった。何だか不自然なほどこんもりしていて、まるで宇宙人。
横山裕
尾藤イサオはチュイ役ですから仕方ないにしても、横山裕演じる本因坊道策は重要な登場人物の一人だけに剃る位して欲しかったなぁ(剃れないなら、他の俳優を使え!)。他にも、公家役を演じられた方達の眉毛あたりもドイヒーだったなぁ。大河ドラマの方が、全然上ですね、これでは。

 作品のテーマも、もやもやしていたような気がするなぁ。ようは、詰め込みすぎなんですよねぇ。人の和、信念の大切さ、夫婦愛、etc。言いたい事がたくさんあるのは分かるのですが、欲張りすぎて観る側には何も伝わりません。言いたい事を絞る、強弱をつける、何か方法があったと思うのですが…。

 このように「天地明察」は、長い上映時間を感じさせない割には、つまらない作品となっております。ちなみに、エンドロールで使われた二十四節季の筆文字は、広島市在住の藤村満恵さんが描かれたものだそうです。現在、広島市内の映画館八丁座で展示されているそうです。
二十四節季
では、本日はこの辺で (○-ω-`)φ.....サョナラ+.☆゚+.☆ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品