Google
WWW を検索 ブログ内検索

ザ・ウォード 監禁病棟 : その名前に騙されるな!2012年09月12日 10:14

ザ・ウォード 監禁病棟
 昨日の広島カープは、巨人に完全な実力負け。ヤクルトにもゲーム差なしで並ばれて、本当の正念場になりました。何とか、残り試合頑張って欲しいものです。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
ザ・ウォード 監禁病棟

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 1966年。20歳のクリステン(アンバー・ハード)は身に覚えのない放火の罪で精神病棟に送られる。同年代の少女ばかりを収容する奥の病棟に隔離され、そこでは一人ずつに部屋があてがわれた。クリステンは、初日の夜から見えない人の気配を感じ、いわれのない不安を抱く。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ザ・ウォード 監禁病棟」は、「遊星からの物体X」のジョン・カーペンターが「ゴースト・オブ・マーズ」以来、約10年ぶりに長編劇場映画のメガホンをとったサイコ・ホラーです。主演には、「ラム・ダイアリー」で魅惑的な女性シュノーを演じたアンバー・ハードが務めています。

 この作品に限らず、「エンジェル ウォーズ」を始めとするアメリカ映画において、昔の精神病院はとても陰湿で恐怖を感じるように描かれています。ぶっちゃけ、「刑務所の方がマシでしょ。」みたいな感じなんですけど。昔は、日本の精神病院も決してイメージは良いものでありませんでしたが、アメリカほどイメージは悪くありません。しかしながら、その歴史的背景から、この「ザ・ウォード 監禁病棟」という映画に恐怖感を与えているのだと思います。

 但し、私的には「精神病院=怖い」的なイメージがないので、それほど恐怖感を感じることは出来ませんでした。それに、あらすじが残念感一入でしたなぁ。正直、夢オチといってもよい内容で、アンジャッシュ児嶋にツッコミ入れてもらいたいレベルでした。

 中学生の頃、「遊星からの物体X」をテレビで観ましたが、随分とインパクトを受けた記憶があります。最近もリメイク版が公開されるなど、30年経った今でも映画界に影響を与えております。そのメガホンをとったジョン・カーペンターが…。

 このように「ザ・ウォード 監禁病棟」は、かなり残念な作品となっております。まあ、怖くはないので、気楽に観れるホラーではありますが。では、本日はこの辺で ・゚・(p´・ω・)─+゚*。:゚+SДЧOЙДЯД+゚*。:゚+─(・ω・`q)・゚・ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品