Google
WWW を検索 ブログ内検索

星守る犬 : 無償の愛に号泣 ゜゚(>ヘ<)゚ ゜。ビエェーン2012年09月01日 16:50

星守る犬
 本日より、 「尖閣諸島どうすれば守れるかな」というアンケート始めました。私個人の考えでは、右翼の方に生活してもらうのが一番だと思っております。普段はうるさい街宣車両で迷惑かけているわけですから、ここら辺で男気を見せてもらいたいものです。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
星守る犬

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

【ロケ地】
北海道名寄市他

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 北海道の名寄市役所に勤める奥津京介(玉山鉄二)は、幼い頃に両親を失い祖父と祖母に引き取られ育てられた。しかし、彼が成人するまでに、祖母に続き祖父も亡くなった。そして、彼と最後まで暮らしていた愛犬のクロまでもが亡くなった。悲しい別ればかりを経験してきた奥津は、周りから心を閉ざして生きる青年になっていた。

 そんなとある夏、山中に放置されたワゴン車から、身元不明の50~60歳代の男性(西田敏行)の遺体と秋田犬の遺体が発見された。男性の遺体は死後半年を経過していたが、犬の遺体は死後間もない状態だった。犬はなぜ、男のそばに寄り添って死んだのか…。奥津は、死んだ男と犬の足取りを追う旅を始めるのだった。

 先ず、奥津が向かったのは男性の勤務先があると思われた東京だった。しかし、勤務先と思われた会社に、男性の痕跡はなかった。だが、ひょんなことから旭川出身の川村有希(川島海荷)という少女と出会い、この旅を共に続けることになった。

 次の目的地へ向かう途中、奥津達の車を追い抜く一台のワゴン車があった。そして、そのワゴン車のサンルーフから、秋田犬がひょこりと顔を出していたのだ。奥津は衝動的にそのワゴン車の後をつけたが、旅館の前で消えてしまう。奥津が旅館の女将(余貴美子)に声をかけると、秋田犬の名前がハッピーだと判明した…。


【感想】
 この「星守る犬」は、村上たかし原作のコミックを映画化した作品です。監督には、「はやぶさ 遥かなる帰還」の瀧本智行、主演には釣りバカ日誌シリーズの西田敏行、を迎えた感動作です。

 各レビューサイトを見ると、非常に評価が分かれている作品です。で、私の感想ですが、とても感動出来る映画でした。動物好きには、どうにも堪らないよなぁ。特に、西田敏行演じるおとうさんが死んでからの秋田犬ハッピーのけなげさといったら、もう堪りません。泣くというより、号泣でした。

 あらすじとしては、西田敏行演じるおとうさんと秋田県ハッピーが辿った旅程を、奥津京介が様々な人達と触れ合いながら辿っていくものです。その中で彼が感じるものは、現代社会の厳しさと矛盾。しかし、それだけではありません。人の優しさ、人と触れ合う事の素晴らしさを感じ、心を閉ざして生きてきた奥津が少しずつ心を開いていくのです。その過程がとても優しく描かれている点もGoodであり、この映画のスローなテンポと上手くマッチングしています。そして、スローな流れのまま救いようのない顛末へ…。正に、この部分が評価が分かれる点だと思います。心優しいながらも不器用なおとうさんの生き方、ある意味その生き方の犠牲になったハッピー。何が悪かったのか。その意見は、人それぞれだと思います。ただ、私自身は、おとうさんの生き方を責める気にはなれないですね。

 作品全体に流れているスローテンポは、西田敏行のデブにしか出せない大らかさと絶妙なマッチングを見せてくれます。また、お涙頂戴物の作品にありがちな”ここ、泣き所です”的な押し付けがましさも、スローテンポのためありません。泣きたい人は、自分の好きなポイントで泣けばよいのです。このスローテンポを上手く使った演出は、見事という他ありません。

 このように「星守る犬」は、とても懐の深いヒューマンドラマの逸品といえる作品です。その内容は、犬好きでない方でも十分に見応えのあるものになっています。観終わった後の意見は人により様々であるでしょう。しかし、その意見の全てが正しいものであると思います。では、本日はこの辺で ま(´・ェ・`)た(´・ェ:;.:…ね(´・:;….::;.:.ぇ : 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品