Google
WWW を検索 ブログ内検索

星守る犬 : 無償の愛に号泣 ゜゚(>ヘ<)゚ ゜。ビエェーン2012年09月01日 16:50

星守る犬
 本日より、 「尖閣諸島どうすれば守れるかな」というアンケート始めました。私個人の考えでは、右翼の方に生活してもらうのが一番だと思っております。普段はうるさい街宣車両で迷惑かけているわけですから、ここら辺で男気を見せてもらいたいものです。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
星守る犬

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

【ロケ地】
北海道名寄市他

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 北海道の名寄市役所に勤める奥津京介(玉山鉄二)は、幼い頃に両親を失い祖父と祖母に引き取られ育てられた。しかし、彼が成人するまでに、祖母に続き祖父も亡くなった。そして、彼と最後まで暮らしていた愛犬のクロまでもが亡くなった。悲しい別ればかりを経験してきた奥津は、周りから心を閉ざして生きる青年になっていた。

 そんなとある夏、山中に放置されたワゴン車から、身元不明の50~60歳代の男性(西田敏行)の遺体と秋田犬の遺体が発見された。男性の遺体は死後半年を経過していたが、犬の遺体は死後間もない状態だった。犬はなぜ、男のそばに寄り添って死んだのか…。奥津は、死んだ男と犬の足取りを追う旅を始めるのだった。

 先ず、奥津が向かったのは男性の勤務先があると思われた東京だった。しかし、勤務先と思われた会社に、男性の痕跡はなかった。だが、ひょんなことから旭川出身の川村有希(川島海荷)という少女と出会い、この旅を共に続けることになった。

 次の目的地へ向かう途中、奥津達の車を追い抜く一台のワゴン車があった。そして、そのワゴン車のサンルーフから、秋田犬がひょこりと顔を出していたのだ。奥津は衝動的にそのワゴン車の後をつけたが、旅館の前で消えてしまう。奥津が旅館の女将(余貴美子)に声をかけると、秋田犬の名前がハッピーだと判明した…。


【感想】
 この「星守る犬」は、村上たかし原作のコミックを映画化した作品です。監督には、「はやぶさ 遥かなる帰還」の瀧本智行、主演には釣りバカ日誌シリーズの西田敏行、を迎えた感動作です。

 各レビューサイトを見ると、非常に評価が分かれている作品です。で、私の感想ですが、とても感動出来る映画でした。動物好きには、どうにも堪らないよなぁ。特に、西田敏行演じるおとうさんが死んでからの秋田犬ハッピーのけなげさといったら、もう堪りません。泣くというより、号泣でした。

 あらすじとしては、西田敏行演じるおとうさんと秋田県ハッピーが辿った旅程を、奥津京介が様々な人達と触れ合いながら辿っていくものです。その中で彼が感じるものは、現代社会の厳しさと矛盾。しかし、それだけではありません。人の優しさ、人と触れ合う事の素晴らしさを感じ、心を閉ざして生きてきた奥津が少しずつ心を開いていくのです。その過程がとても優しく描かれている点もGoodであり、この映画のスローなテンポと上手くマッチングしています。そして、スローな流れのまま救いようのない顛末へ…。正に、この部分が評価が分かれる点だと思います。心優しいながらも不器用なおとうさんの生き方、ある意味その生き方の犠牲になったハッピー。何が悪かったのか。その意見は、人それぞれだと思います。ただ、私自身は、おとうさんの生き方を責める気にはなれないですね。

 作品全体に流れているスローテンポは、西田敏行のデブにしか出せない大らかさと絶妙なマッチングを見せてくれます。また、お涙頂戴物の作品にありがちな”ここ、泣き所です”的な押し付けがましさも、スローテンポのためありません。泣きたい人は、自分の好きなポイントで泣けばよいのです。このスローテンポを上手く使った演出は、見事という他ありません。

 このように「星守る犬」は、とても懐の深いヒューマンドラマの逸品といえる作品です。その内容は、犬好きでない方でも十分に見応えのあるものになっています。観終わった後の意見は人により様々であるでしょう。しかし、その意見の全てが正しいものであると思います。では、本日はこの辺で ま(´・ェ・`)た(´・ェ:;.:…ね(´・:;….::;.:.ぇ : 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コロンビアーナ : カトレアやるじゃん2012年09月02日 16:42

コロンビアーナ
 「尖閣諸島どうすれば守れるかな」のアンケートへご回答ありがとうございます。引き続きアンケートへの回答お願いします。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
コロンビアーナ

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ、フランス

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 1992年、コロンビア。少女カトレアはマフィアの幹部である父をはじめ家族とともに幸せに暮らしていた。しかしある日突然、マフィアの大物の指示により家族は惨殺される。目の前で家族が殺されていくのを目の当たりにしたカトレアは命からがら逃げ出し、アメリカ・シカゴに住む叔父の家に身を寄せ、復讐を固く胸に誓う。15年後、美しく成長したカトレア(ゾーイ・サルダナ)は、確実に標的をしとめる敏腕の殺し屋になっていた。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「コロンビアーナ」は、「ニキータ」「レオン」のリュック・ベッソンにより製作された女殺し屋の復習劇を描いたアクション映画です。監督には、「トランスポーター3 アンリミテッド」のオリビエ・メガトンがメガホンをとり、主演には「スター・トレック」「アバター」のゾーイ・サルダナが美しく冷徹で心優しい一面を持つ女殺し屋を演じています。

 余り期待しないで観に行きましたが、アクション映画として文句の付けようのない作品でした。あらすじとしては、ベタな感じで誰でも結末まで予想できるものです。でも、クライマックスに至るまでの過程が丁寧かつスリリングに描かれており、観る側も徐々に盛り上がっていけるような作りになっています。そして何よりもGoodなのが、バリエーション豊富なアクションシーンとゾーイ・サルダナ演じるカトレアの魅力ではないでしょうか。

 先ずは、カトレアが子供時代のアクションシーン。こんな可愛い女の子が、こんなスリリングな方法で逃走を図るのかと絶句させられました。最初、どうやってこの危機を脱するのかと心配していましたが、こんな方法があったかと妙に納得させられました。
カトレア(少女時代)
 クライマックスのアクションシーンに関しては、結構驚かされました。普通、観る側も次はこうくるのかなとか予想するもんですよね。それを、いきなりの強烈な先制攻撃とか、こんな強引な方法で突っ込むんだとか、よい意味で観てる方を裏切ってくれます。それに、カトリアとマルコ(ジョルディ・モリャ)との対決シーン。これも、別の意味でしびれました。無駄な動きのない殺しのプロ同士の決闘シーンは、相手の急所を狙うリアルな殺し合いとして描かれているんですよね。かっこよかったなぁ。確かに、あの映画のあのシーンのパクリかなと思えるシーンも多々あります。でも、ここではこれ以上突っ込まないことにしましょう。

 主演のゾーイ・サルダナ演じるカトレアもよかったなぁ。心に深い傷を負った寂しげな女殺し屋を上手く演じています。この辺の雰囲気は、「ニキータ」に通じるものがありました。そして、それ以上に”ポッチ”や”ナイスなヒップライン”で、男性観客を魅了したのではないでしょうか。

 このように「コロンビアーナ」は、アクション映画として非常に高いレベルの計算が施された作品です。このようなアクション映画は、どれだけお金を使っても日本人には作れないでしょうねぇ。では、本日はこの辺で ☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

あなたへ : THE.健さんムービー2012年09月03日 17:02

あなたへ
 本日紹介する作品は、当初観るつもりのなかった映画です。でも、気になったので行ってきました。では、どうぞ。
【題名】
あなたへ

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【ロケ地】
富山、飛騨、下関市、北九州市、平戸市

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 北陸のある刑務所の指導技官・倉島英二(高倉健)のもとに、ある日、亡き妻・洋子が遺した絵手紙が届く。そこには“故郷の海を訪れ、散骨して欲しい”との想いが記されていた。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「あなたへ」は、別格の名優・高倉健の205本目の出演作となる作品です。監督には、「 鉄道員ぽっぽや」で日本アカデミー賞監督賞・脚本賞を受賞し、健さんとのタッグで数々の名作を世に送り出した降旗康男。ちなみに、本作は20度目のタッグとなる作品です。また、豪華な競演陣も話題になっております。亡き妻島村洋子役には、「ホタル」でも妻役を演じた田中裕子、他にも佐藤浩一、草彅剛、余貴美子、綾瀬はるか、三浦貴大、といった他の作品では主役をはるようなメンバーが揃っております。岡村さんなんか、阪神応援して健さんにビール注ぐだけの役ですからね。

 この映画の感想を一言でいえば、「何だか、よく分からない。」といったところです。そもそも、亡き妻の洋子が何故あのような遺言を残したのか。しかも、長崎で受け取った2通目の遺言なんかは、私だったらスーパー凹むことになるでしょうね。最後に、健さん演じる倉島英二が、台詞の中で説明しているのですが、その説明を聞いても私には理解出来ませんでした。映画の流れから解釈すると、健さん演じる倉島英二は旅人で、妻の洋子は放浪者とでもいうことでしょうか。でも、これだと何だか救われない気がするんですよねぇ。正直、自分の死や愛する人の死に対し、真剣に考えたことのある人でないと理解できないのではないかなぁ。

 ストーリー展開も、若干(℃_゜)エ!?と思えるところがありました。本作のおおまかなあらすじは、妻の遺言により遺骨を散骨するため、富山から長崎へ旅をするロードムービーです。その旅の中で健さんが妻の在りし日を思い出すのですが、時間軸が一定していないので、分かりづらい人もいるのではと思いました。私が映画館に足を運んだ時も、シルバー世代の方が多くいらっしゃいました。こういった方には、不親切なつくりだと思いました。

 何だか、批判的なことばかりですが、健さんの存在感は”流石”でした。背筋も”ぴ~ん”ですし、滑舌も滑らかで、とても80歳を超えている方には見えません。また、豪華な競演陣も、健さんの人柄あってのものでしょう。そういった意味では、本作は”THE.健さんムービー”といえるものではないでしょうか。

 また、これぞロードムービーの良さともいえる数々の美しい風景。特に、富山湾から見える立山連峰(北アルプス)、兵庫県朝来市の雲海に浮かぶ竹田城跡、これぞ日本の美景ですね。是非、一度この目で見たいものです。

 このように「あなたへ」は、その内容からもR-60的な作品ではないかと思われます。但し、”男が惚れる男”高倉健のかっこよさは健在です。それだけでも、観る価値十分ではないかな。では、本日はこの辺で ばいばい(⌒ー⌒)ノ~~~ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

デビルクエスト : 二人の存在感が凄い2012年09月05日 11:30

デビルクエスト
 我等が広島カープ、なかなか勝てなくなっております。ルーキーの野村は疲労がたまってるようで、少し休ませることはできないのかなぁ。本日紹介する作品は、野村と一緒で少し休まれたらと思う方が主演のこの作品です。
【題名】
デビルクエスト

【製作年】
2010年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 伝染病が世にはびこる14世紀。十字軍の騎士ベイメン(ニコラス・ケイジ)とフェルソン(ロン・パールマン)は、キリストの名のもとに激しい戦闘を繰り返していた。だが遠征と殺戮の日々に疑問を抱いたベイメンは、フェルソンと共に旅に出る。ふたりは食料を求めて立ち寄ったとある町で捕らえられ、病に伏せる枢機卿より特命を受ける。それは「捕らえている女を人里離れた修道院へ運び、魔女裁判にかけよ」との命だった。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 「デビルクエスト」は、「60セカンズ」のニコラス・ケイジとドミニク・セナ監督が再タッグを組んだ歴史アクションホラーです。競演には、「ヘルボーイ」のロン・パールマン、「吸血鬼ドラキュラ」のクリストファー・リーらが脇を固める。

 借金まみれでバーゲンセール状態のニコラス・ケイジですが、本作でもよい仕事をしていますねぇ。やはり、役者としての存在感が際立っています。しかしながら、存在感で負けていないのが、ロン・パールマンです。この人は、でかさだけでなく面構えも凄いんですよねぇ。
ロン・パールマン
 まさに、ゴリラーマン。昔、漫画であったような気がしますが…。

 あらすじ自体もなかなか面白く仕上がっていて、最後まで眠くなることもなく観ることができます。オチもニコラス・ケイジ演じる主人公のベイメンが○○するなど、意外性も十分で面白い内容です。

 一見文句の無さそうな映画なのですが、VFXはかなり残念でした。とても、2010年の作品とは思えません。特に、ボスキャラの残念感は一入です。動きなんて”かくかく”してるし、表情も硬いんですよねぇ。
ちょっと雑なボスキャラ


 このように「デビルクエスト」は、映像的にはいま一つといえますが全体的には上手くまとまった映画だと思います。観ていて腹が立つようなことはないと思いますから、安心してレンタルして下さい。では、本日はこの辺で ☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ  。
★この映画の皆さんの評価★

関連商品

モールス : 危険な純愛映画2012年09月06日 20:21

モールス
 「尖閣諸島どうすれば守れるかな」のアンケートのご回答ありがとうございます。今までのアンケートの中でも、回答いただくペースが一番早いものになっております。それだけ、日本国民の関心が高いということでしょう。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
モールス

【製作年】
2010年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 雪に閉ざされた田舎町。12歳のオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は学校でいじめられていたが、二人きりで暮らす精神的に不安定な母親に相談できずにいた。彼の唯一の楽しみは、自分の部屋から望遠鏡で他の部屋を覗き見すること。ある夜、望遠鏡を覗いていた彼は、雪の中を裸足で歩く隣に越してきた少女を見る。
続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「モールス」は、ヴァンパイア映画の新境地を開いたスウェーデン映画「ぼくのエリ 200歳の少女」をハリウッドでリメイクした作品です。主演の少年と少女には、「ザ・ロード」のコディ・スミット=マクフィーと「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ、監督には「クローバーフィールド/HAKAISHA」のマット・リーヴスが務めています。

 最近は、ヴァンパイア映画の奥行きが非常に広がってきました。この「モールス」も、そんな新しいタイプのヴァンパイア映画です。ヴァンパイア映画の恋愛物としては、くさい臭ぷんぷんの「トワイライト」シリーズがありますが、同じ恋愛物でも「モールス」はくさい臭が全くありません。覗きが趣味の少年と謎めいた少女との物語は、秘密めいた甘くとも切ない恋物語となっております。二人の共通項は、孤独で愛情に飢えていることです。この辺が、美男美女で友人にも恵まれている「トワイライト」とは違うところでしょう。それゆえに、あらすじ全体に重みがあり、よい緊張感を持って観ることができました。

 この作品に重みと緊張感を生み出している一番の要因は、コディ・スミット=マクフィーとクロエ・グレース・モレッツの演技力でしょう。コディ・スミット=マクフィーは、両親の離婚や学校内でのいじめによりバランスの悪い成長を続ける少年を見事に演じています。クロエ・グレース・モレッツも生きるために人を襲うヴァンパイアの悲しさを見事に演じています。そして、二人とも役者としての存在感があるのです。アメリカでも子役から俳優/女優に成長するのはいろいろ壁があるようですが、この二人は難なく乗り越えていくのではないでしょうか。今後とも、楽しみな存在です。

 このように、とてもクオリティーの高い作品なのですが、”怖さ”という部分はいま一つのように感じました。まあ、作品の性格を考えると、これ以上の”怖さ”を望むのは野暮というものかもしれませんが。

 このように「モールス」は、少年と少女の切ない恋物語を描いた新しいタイプのヴァンパイア映画です。一部グロいシーンがあるので、お子ちゃまには不向きの映画でしょうが、それ以外の人にはおすすめできる作品ですよ。では、本日はこの辺で バィビィー☆(´ゝ∀・`)ノシ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品