Google
WWW を検索 ブログ内検索

トータル・リコール : 格差社会をぶっ壊せ!!2012年08月23日 19:50

トータル・リコール
 私自身、高校野球には全く興味ありませんが、大阪桐蔭が春夏連覇したとの事ですね。おめでとうございます。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
トータル・リコール

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 21世紀末、人類は自ら起こした世界大戦で、大量の化学兵器を使用してしまった。その結果、地球上の大半が生物が生存できない土地になってしまった。生き残った人類は、イギリスを中心としたブリテン連邦(UFB)に富裕層が住み、反対側のオーストラリアを中心としたコロニーに貧困層が住むことになった。そして、コロニーの住民たちはフォールという巨大な地球横断エレベーターでUFBに通勤し働いていた。すなわち、UFBの富裕層が、コロニーの貧困層を支配する強烈な格差社会が構築されていたのだ。

 物語の主人公は、コロニーで暮らすダグラス・クエイド(コリン・ファレル)。彼は、妻で警官のローリー(ケイト・ベッキンセイル)と幸せな結婚生活を送っていた。しかし、クエイドは何時の頃からか、見知らぬ女性と病院を抜け出そうとし警官に追われる夢を見るようになっていた。その夢は、クエイドから安眠を奪い去るほど、よく見るようになっていたのだ。

 ある日、クエイドは同僚のハリー(ボキーム・ウッドバイン)の忠告を無視して、以前から気になっていたリコール社を訪れることにした。ここで自分の望む記憶を上書きすることで、例の夢の問題が解決できると考えたのだ。しかし、ここで諜報員の記憶に書き換えようとした時、武装警官がクエイドたちを襲ったのだ。だが、クエイドは無意識のうちに武装警官たちを次々に倒し、その場を脱出する。そして、自宅に戻ると愛する妻のローリーからも襲われるのだった…。


【感想】
 この「トータル・リコール」は、フィリップ・K・ディックの短編小説「追憶売ります」を映画化したアーノルド・シュワルツェネッガー主演の同名SFアクションを、コリン・ファレル主演でリメイクした作品です。監督には、「ダイ・ハード4.0」のレン・ワイズマンを迎え、リアルになった近未来描写とアクションで魅せる娯楽作となっています。

 で、この作品を観た私の感想を一言でいえば、見て損はしない良質のSFアクション映画といったところです。とにかく、スリリングなアクションシーンの連続で観る者を飽きさせません。特に、ケイト・ベッキンセイルの美尻ラインと鬼嫁ぶりは、アクションのレベルをより興奮度の高いものに上げています。やはり、役者は重要だということですねぇ。

 それで、この作品のあらすじなんですが、とてもメッセージ性の強いものになっています。富裕層が住む場所がイギリスで、貧困層が住む場所がかってイギリスの犯罪者の流刑地となっていたオーストラリアですからね。この地理的にも圧倒的に分断された状況、貧困層が地球横断エレベーターでオーストラリアからイギリスに通勤する状況、どれをとっても救いようのない強烈な格差社会が表現されています。何だか、最近のハリウッド映画は、このような「格差社会」をテーマにしたものが多いような気がしますね。ある意味、時代にマッチしたテーマなんでしょうね。

 このように、一見すると文句のつけようのない作品に見えますが、ツッコミどころもそれなりにあります。先ず、”飛んでる車”。この発想は古すぎでしょう。そして、”飛んでる車”が落ちた場所は、もろ現代のロンドンの風景でした。確かに、この映画の主だった作り手は、富裕層側の人たちなのでしょうが、こんな古臭い発想やあからさまな手抜きをしていると…。

 このように「トータル・リコール」は、若干大人向けのSFアクション映画です。ちなみに、シュワちゃんの「トータル・リコール」は何度か観たはずなのに、ほとんど記憶にないんですよねぇ。何か上書きされたのかな。では、本日はこの辺で マタネッ(*^-゚)/~Bye♪  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/08/23/6552172/tb

_ 元・副会長のCinema Days - 2012年08月23日 22:31


 (原題:Total Recall)映画の設定自体が噴飯物である。21世紀末の地球は戦争によってほとんど人が住めない状態になっており、わずかに上層階級中心のブリテン連邦と下層階級民ばかりの豪州のコロニーの2か所のみが居住地域として機能している。地球の真ん中を貫通...

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年08月23日 22:35

略奪愛が招いたアヘン戦争?
公式サイト。原題:Total Recall。フィリップ・K・ディック原作、レン・ワイズマン監督、コリン・ファレル、ジェシカ・ビール、ケイト・ベッキンセール、ビ ...

_ ラムの大通り - 2012年08月23日 22:58

(原題:Total Recall)


----これって、あのシュワちゃん主演のSFのリメイクだよね。
観る前まで、あまり期待していなかったようだけど…。
「うん。
予告編を見ても、前作と似たようなシーンがたくさんあるし、
おまけにナレーションの雰囲気までそっくり(な気がする)...

_ **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** - 2012年08月24日 14:35




 

 
映画 『トータル・リコール』 と言えば
シュワルツェネッカー主演の前作☆で
・頭が層状にスライスされたのや
・火星で目玉が飛び出そう><というのが
強烈な印象でした。
 
記憶を買える旅行体験のはずが
とんでもないコトに 夢だか幻だか、ナンだかわからないまま
グングン引き込まれて
最後まで、火星での絶叫!というテンションのまま
ドリーミーなハッピーエンドという、良...

_ 【徒然なるままに・・・】 - 2012年08月24日 18:42

フィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』二度目の映画化!――ではなく、ポール・バーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『トータル・リコール』のリメイク版です。

シュワちゃんが演じたダグラス・クエイドはコリン・ファレル、レイチェル・ティコティンが演じたメリーナはジェシカ・ビール、シャロン・ストーンがブレイクする切っ掛けとなったローリー役はケイト・ベッキンセール、他にブライアン・クランストン、ボキーム・ウッドバイン、ジョン・チョウ、ビル・ナイらが出演してます。

監督のレン・ワイズマンはケイト・ベッキンセールの旦那さん。そのせいかローリーの比重が大き...

_ そーれりぽーと - 2012年08月24日 20:18

ポール・バーホーベン監督作のリメイクって事で、いろんな意味で期待していなかった『トータル・リコール』を観てきました。
★★★

シュワちゃん版『トータル・リコール』の地球→火星のシチュエーションが地球上での出来事になったくらいで、ほぼ同じプロットをなぞってい...

_ 勝手に映画評 - 2012年08月24日 21:50

1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化された『トータル・リコール』のリメイク。1990年の作品では火星が舞台だったが、今作では地球が舞台になっています。

なるほど、そう来ましたか。地球が舞台に変わって、抑圧された人々の事をどう描くのかと思った...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年08月24日 22:05

トータル・リコール (ディック短篇傑作選)クチコミを見る記憶と存在意義を求めて命がけのバトルを繰り広げるSFアクション「トータル・リコール」。人間ドラマは薄味だがド派手な ...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2012年08月24日 22:35

舞台が地球の裕福な人々が暮らす地域と搾取される地域に分けられて、主人公は体制維持の秘密を握っているという設定だ。記憶を操作できるようになった世の中では権力維持のために、他人のそれを操作する。主人公たちが繰り広げるアクションは洗練されていて、最新のサイエン

_ to Heart - 2012年08月24日 23:21


なりたい自分になれる記憶、
あなたは買いますか?
原題 TOTAL RECALL
製作年度 2012年
上映時間 118分
原作 フィリップ・K・ディック
脚本 カート・ウィマー /マーク・ボンバック
監督 レン・ワイズマン
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演 コリン・ファレ...

_ たいむのひとりごと - 2012年08月25日 00:12

火星が舞台でシュワちゃん主演の1990年版から、舞台を地球に移してコリン・ファレルでリメイク。ストーリーがほとんど変わっていないこともあり古いような新しいような感じだが、古き良きSF映画を再現しつつ、

_ beatitude - 2012年08月25日 01:41

“記憶”が簡単に売買される近未来。世界は大きな戦争の果てに、正常な環境を失い、人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。彼らは退屈な日常の中で、刺激を求めてリコール社の人工記憶を買い...

_ はらやんの映画徒然草 - 2012年08月25日 07:42

アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・ヴァーホーベン監督のオリジナルの「

_ タナウツネット雑記ブログ - 2012年08月25日 20:59

映画「トータル・リコール」観に行ってきました。1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で劇場公開された、同名アメリカ映画のリメイク作品。今作ではコリン・ファレル...

_ シネマ親父の“日々是妄言” - 2012年08月26日 16:32

[トータル・リコール] ブログ村キーワード
 あのシュワちゃん主演のSF超大作をリメイク!「トータル・リコール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。いやリメイクったって、ついこの間の映画じゃなかったっけ?シュワちゃん版って…、なんて思って調べてみたら何と!かれこれ23年も前(1990年製作)の映画だったんですね。いやあ、時の経つのは早いモンですな。吾輩も歳取るはずだわ(^^;。


 21世紀末。大規模な科学戦争の結果、地球で居住可能な区域は、富裕層が暮らす“ブリテン連邦”と、その支配下で労働力を供給する“コロニー”の2つだけとなっていた。コロニー市民の多くは、地球...

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2012年08月26日 22:39

☆最初は、リメイクなのに、オリジナル映画への言及が全くない予告や宣伝に、「なんだかなぁ。俺の愛する<顔の割れるおばさん>が蔑ろにされるのかよぉ」の思いがあったのだが、

 いざ見てみると、かなり、オリジナルへの愛が詰まった作品作りをしていて、なおかつ、新...

_ Healing - 2012年08月27日 10:24

トータル・リコール ★★★ “記憶”に頼らず なりたい自分になればいい そう言っちゃうと、元も子もないんですが、 いわずと知れた、シュワちゃん主演、ポール・バーホーベン監督による 1990年の伝説的なSF映画を コリン・ファレル主演、『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン監督でリブート、 再起動です。 原作は、SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説『追

_ 事務職員へのこの1冊 - 2012年08月28日 20:53

ケレン味たっぷりポール・バーホーベン監督&普通の人の役は無理ですアーノルド・シュ

_ カノンな日々 - 2012年08月31日 22:01

1990年にポール・バーホーベン監督によるアーノルド・シュワルツェネッガーの主演で大ヒットした『トータル・リコール』を『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイズマン監督がコリン・ファ ...

_ コナのシネマ・ホリデー - 2012年09月01日 00:56

SFX映画の到達点だったオリジナル版から22年。まさかのリメイク版が公開!映像の進化、女優のアクション・シーンの進化に驚く

_ 徒然なるサムディ - 2012年09月01日 05:26

「スターウォーズⅣ」が公開されたのが1977年。
それから13年後の1990年に「トータルリコール」は制作された。
前者がSF映画の映像へ与えた影響が大きかっただけに、後者については
「10数年後となれば‥」と期待したが、残念ながら映像としては「スターウォーズⅣ」に及ばず。
しかしながら、SF度としては原作の凝った仕掛けとサスペンスぶりを活かしており、
かつA・シュワルツェネッガーのヒーローさを強調したアメコミ風ティストが楽しい一作だった。
従って、「トータルリコール」自体への印象は小生の中では決して悪くない。

<以下、ネタバレありますので、ご注意ください。>

さ...

_ 象のロケット - 2012年09月01日 05:29

戦争で地球の大部分が居住不可能となり、富裕層が暮らす“ブリテン連邦(UFB)”と、その支配下にある地球の反対側の貧しい地区“コロニー”だけが残った21世紀末。 人工記憶センター・リコール社で「スパイになったつもりの記憶」を買い、毎日の単純作業の憂さ晴らしをしようとしていた工場労働者クエイドは、突然、ロボット警官の襲撃を受ける。 何とか自宅に戻った彼に、今度は妻が襲いかかって来るのだが…。 近未来SFサスペンス・アクション。

_ ITニュース、ほか何でもあり。by KGR - 2012年09月01日 06:25

2012/8/11、ユナイテッドシネマ豊洲。

当日は東京湾大華火祭のため、午後から駐車場、および周辺道路の
規制があるということだった。

最も大きい10番スクリーンでの上映。
ついこの間は「ダークナイト・ライジング」をやっていたはずだが、
そちらは2番目に...

_ 迷宮映画館 - 2012年09月01日 08:05

え、ベッキンセールの映画だったのねえ〜。

_ Break Time - 2012年09月01日 17:44

今朝は、曇りがちで湿度が在り・・・・

_ ケントのたそがれ劇場 - 2012年09月02日 10:58

★★★  1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作されたSF大作のリメイク版である。このオリジナルを観たのは、もう22年も昔の事なので、その内容については余り詳細には覚えていない。覚えているのは、当時まだ絶頂を極めていた赤絨毯の大劇場『新宿プ

_ しんちゃんの徒然なる映画日記 - 2012年09月03日 07:15

第275回「原作は同じだが、テイストは違った作品に・・・」

SF作家の大御所「フィリップ・K・ディック」の短編「追憶売ります」をポール・バーホーベン監督により、主演アーノルド・シュワルツェネッガーで映像化された「トータル・リコール」が公開されたのは19...

_ きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ) - 2012年09月03日 21:12

シュワちゃん版が好きだったので
予告を見る限りではハズレだと思いつつ
そのハズレ加減を確かめに行ってきましたが、
はっきり言って、つまらなかったです。

「ブレードランナー」な街並みに
「フィフスエレメント」のような交通システムに
「スター・ウォーズ」の帝国...

_ CINEMA見聞録 - 2012年09月13日 22:02

 戦争の果てに世界の大部分が汚染された近未来、僅かな土地は裕福なブリテン連邦と貧

_ 538ねん。 - 2012年09月14日 00:28

オリジナルのシュワちゃんのを見たのは20数年前ですか
初海外旅行でのドイツ・ケルンのシネコンだった
シネコンも初体験でして、ロビーで飲み物買うなんて知らなくて
更に英語なら三四割は理解出来るとたかくくっていたら
なんとドイツ語吹き替え版、

シャロン・ストーン...

_ ☆みぃみの日々徒然日記☆ - 2012年09月14日 09:30

平成24年8月13日(月)。 映画:「トータル・リコール」。 監 督: レン・ワイズマン 原 作: フィリップ・K・ディック     「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」 キャスト: コリン・ファレル / ケイト・ベッキンセイル ジェシカ・ビール / …

_ 風に吹かれて - 2012年09月14日 15:33

あなたの記憶は本物?CGの進歩はすごい公式サイト http://www.totalrecall.jp1990年の同名映画(ポール・バーホーベン監督;アーノルド・シュワルツェネッガー主演)のリメイク原作

_ 垂直落下式どうでもいい話 - 2012年09月16日 20:25

本文はこちら→

_ 極私的映画論+α - 2012年09月17日 09:20

 やはりオリジナルのほうが面白かったなぁ。。。

_ みんなシネマいいのに! - 2012年09月17日 18:38

 1990年にポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演

_ 事務職員へのこの1冊 - 2012年09月18日 07:38

ケレン味たっぷりポール・バーホーベン監督&普通の人の役は無理ですアーノルド・シュ

_ よしなしごと - 2012年10月19日 03:00




 アーノルド・シュワルツェネッガー主演のオリジナル作品がとても好きだったので、予告編を見た時から、見たくて見たくて、待ち遠しくて待ち遠しくてたまらなかったリメイク版トータル・リコールの記事です。

_ kintyre&#039;s Diary 新館 - 2012年12月03日 23:05

12-69.トータル・リコール■原題:Total Recall■製作年・国:2012年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:林完治■観賞日:8月25日、新宿ピカデリー(新宿)
TOTAL RECALL TRAILER 1990年版 □監督:レン・ワイズマン□原作:フィリップ・K・ディック◆コリン・ファレ...

_ いやいやえん - 2013年01月23日 09:50



シュワちゃん主演の「トータル・リコール」のリメイク。コリン・ファレル主演。
シュワちゃん版は私大好きな作品のひとつです。小さい頃に見たものだから、色々強烈に写ったんだよね。で、これ。火星はないしで色々変わってます、もはや別の映画。
SFとしての世界観や映像はなかなか凝っているのですが、耳に残るテーマ曲もなく、普通の面白いSFアクション映画に感じました。やはり、毒があってもエンタメ性の強い前作のほうが「楽しかった」ように思う。

ああ、でも乳房3つはあったねー。リコール社での攻防が唐突過ぎたかなと思う。突然「一般人」の男が能力を発揮してその場にいた者を撃ち殺してしまうのだ。もう少しリコール社の薬剤が入った状態で夢の中に入ってしまってからのほうが良かったように思う。そして「妻」も豹変する。
ケイト・ベッキンセール演じるローリーの追ってくるタフさがかっこよかったですね。手の中携帯やフォールのアイデアがいい。高速道路の感じがマイノリティ・レポートを思い出した。
色々な未来ギミックは楽しいものでした。おばちゃんには変身しませんでしたけど、顔を変えるギミックなんかも登場したりして。
結局のところ富裕層側からの貧民層コロニー侵攻な話でした。膨大な人口に住む所がなくなって、支配者階級側のエゴが見え隠れしてる。レジスタンスの描き方がちょっと中途半端だったかもしれない。

【概略】
富裕層と労働者層がはっきりと分断された近未来。日々の生活に嫌気が差した労働者・ダグラスは、記憶を書き換えようと“リコール社”を訪れる。

SFアクション

_ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 - 2014年05月10日 23:51

皆様、新年あけましておめでとうございます
当ブログ、今年(もなんとか)始動できました
本年も宜しくお願いいたします

さて、まずは近況から…

2013年12月31日(火曜日・大晦日)は、帰省した友人がお土産(東京バナナの花柄のヤツ)も持って遊びに来てくれました。で...