Google
WWW を検索 ブログ内検索

ガリバー旅行記 : 残念なガリバー2012年08月09日 20:56

ガリバー旅行記
 女子サッカーの開始時間は、真夜中の3時過ぎですか。私は、起きれないでしょうねぇ。では、本日紹介する作品は、こちらになります。
【題名】
ガリバー旅行記

【製作年】
2010年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 レミュエル・ガリバー(ジャック・ブラック)は、ニューヨークの新聞社で郵便係として働く相当にさえない男だ。同じ郵便係に配属された新人に、たった一日で上司に代わられてしまうほど勤務態度にも問題がある。そんな彼にも、秘かに想いをはせている女性がいた。彼女の名は、ダーシー・シルバーマン(アマンダ・ピート)。ガリバーと同じ新聞社で働く旅行記者だ。しかし、自分に自信のないガリバーは、彼女に自分の想いを告白できないでいた。

 そんなガリバーにダーシーから旅行取材の話が持ちかけられた。その場所とは、何かが起こりそうなバミューダ・トライアングル。想いを寄せている女性からの依頼だ。男なら、張り切らない奴はいないだろう。早速、取材に出かけるガリバーだが、バミューダ沖で案の定嵐に遭遇してしまったのだ。そして、嵐の凄まじさは、ガリバーの乗るボートを飲み込んでしまったのだ。

 気を失っていたガリバーが気付くと、彼は縄で縛られた状態であった。しかも、彼の周りには、中世風の衣装を着た小人たちが群がっていた。これは、夢なのだろうか。残念?ながら、現実なんだよねぇ…。


【感想】
 この「ガリバー旅行記」は、1726年にジョナサン・スウィフトが発表した小説「ガリバー旅行記」を現代風にアレンジした作品となっています。主演には、「 スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック。この作品でもKISSの音楽やスター・ウォーズをフューチャーするなど、いかにもジャック・ブラックらしいオタク心が、作品全体に散りばめられています。

 先ず、この作品の感想を一言でいうと「いまいちだなぁ」といったとこでした。余りにも一般受けを狙いすぎて、ジャック・ブラックらしい”きわどさ”が見られないソフトなつくりになっているんですよねぇ。お子ちゃまやPTA役員の方にはこれでよいのでしょうが、こんなソフトなジャックは余り笑えないなぁ。

 あらすじとしては、「ガリバー旅行記」を上手く現代風にアレンジしたものになっています。まあ、誰もが知っている原作なだけに、オチは容易に想像出来るのは仕方ありません。また、このような作品に”誰もが驚愕する”オチは必要ないと思います。ただ、B級らしいはじけたところがないんですよねぇ。まあ、作っている方は、A級を意識していたのかもしれませんが。

 この作品のテーマとしては、「自分に自信を持とう」ということだと私なりに解釈しています。このテーマは、とてもよく伝わる作りになっており、その伝え方にも共感できます。なので、最後まで観て嫌な気分にはなりませんよ。

 このように「ガリバー旅行記」は、全体の作りとしては「おしい」仕上がりになっています。ただ、良い意味でも悪い意味でも無難な作りなので、万人受けすることは仕上がりになっているのではないでしょうか。では、本日はこの辺で ヾ( ̄(●●) ̄)ノバイバァイ  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/08/09/6536749/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年08月09日 21:32

ヒキコモリのガリバー
公式サイト。原題:GULLIVER'S TRAVELS。ジョナサン・スウィフト原作。 ロブ・レターマン監督、ジャック・ブラック、エミリー・ブラント、アマンダ・ピート、ジェイ ...

_ カノンな日々 - 2012年08月09日 21:39

昨年末だか今年初めだったか忘れましたけどアメリカでの公開後早くもその酷評が日本に伝わってきちゃいまいましたよね。日本の劇場予告編を観ればまぁ推して知るべしという感じで ...

_ みはいる・BのB - 2012年08月09日 21:40




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
4月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 16:10の回を鑑賞。

_ 我想一個人映画美的女人blog - 2012年08月09日 21:58




ランキングクリックしてね ←please click


愛しのジャック・ブラック主演
これ、JBだからいいんです!

JB会いたさに、初日初回で鑑賞♡
本当は2Dが良かったけど、都内は吹替えのみ。(泣)
JBの声で観たかったから仕方なく3Dに。

...

_ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 - 2012年08月09日 23:40

評価:★★★【3点】(18)


普通に2Dでよかったんだけど時間が合わず、仕方なく3Dへ。

_ 労組書記長社労士のブログ - 2012年08月10日 09:02


【=21 -5-】 家を出て独り暮らしをしたばっかの娘の誕生日だった。
いつもなら家に帰ってその日に娘に会えるかどうか判らんでもケーキとかプレゼントとかを買って帰っていたけど、娘が家にいないことが分かり切っているとどうしたらいいのかわからん。
途方に暮れながら...

_ 象のロケット - 2012年08月10日 13:26

ニューヨークの新聞社の郵便仕分け事務員レミュエル・ガリバーには、ジャーナリストになりたいという野心があった。 お得意のハッタリで、謎のバミューダ三角地帯を取材するという大仕事を手にし、意気揚々と航海の旅に出る。 しかし大嵐に巻き込まれ、意識を取り戻した彼が目にしたもの、それは美しい“小人の国”リリパット王国だった…!!  ファンタジー・アドベンチャー。

_ 新・映画鑑賞★日記・・・ - 2012年08月10日 14:13


【GULLIVER'S TRAVELS】 2011/04/15公開 アメリカ 85分監督:ロブ・レターマン出演:ジャック・ブラック、エミリー・ブラント、アマンダ・ピート、ジェイソン・シーゲル、ビリー・コノリー
そこは、本当の大きさを教えてくれる国。
新聞社で郵便仕分けの仕事をし...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2012年08月10日 22:23

現代のニューヨークから中世の小人の国に漂着して有頂天になるだけの物語ではなく、主人公の人間的成長を愉快に描いていた。ストレス発散にはもってこいの映画だ。ゲラゲラ笑って嫌なことをひと時でも忘れよう。

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年08月10日 23:16

2011年4月30日(土) 16:20~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1650円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入+3D料金400円) パンフレット:未確認 『ガリバー旅行記』公式サイト かの有名な話だが、ジャック・ブラックが主演なので、下品である。 「スクール・オブ・ロック」や「カンフー・パンダ」などと同様の、駄目なジャック・ブラックが奮起するいつものパターン。 一方、これまた、いつものようにロックンロール魂も炸裂する。 タイタニックやスターウォーズ、KISSなど、細かいところの気が利いているが、肝心のクライマックスは、肩透かしのようにあっけなく終了。 そして、本作も3Dの意味が無い。 お勧め度:☆☆★ ロックンロール度:☆☆☆ 俺度:☆☆★

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2012年08月10日 23:28

☆短信で書いておきますね^^

   ◇

    『津軽百年食堂』

     

 悪い作品ではないが、ちょいと大森一樹監督の限界が見えてしまった気がする。

 話が凄まじく散文的な予定調和なのである。

 記号の集積のように見えた。

 なんちゅうか、バッハの曲...

_ ラムの大通り - 2012年08月11日 10:03

(英題:Gulliver's Travels)

※エンディングについても触れています。ご注意!



----これって、誰もが知っているあのお話だよね。
ガリバーが小人の国に行くという…。
「そう。
ただ、原作では確か四部作になっていて、
次が巨人の国。あと、空の上に浮かぶ国に行...

_ シネマ親父の“日々是妄言” - 2012年08月11日 11:20

[ガリバー旅行記] ブログ村キーワード
 世界的な名作ファンタジー小説を、現代風にアレンジしてリメイク。何と主演はジャック・ブラック!「ガリバー旅行記」(20世紀フォックス映画)。何とも微笑ましい(?)、“ポヨンポヨン”な映画に仕上がっています(^^;。

 NYの新聞社に勤めるガリバー(ジャック・ブラック)は、しがないメール係。口は達者だが、小心者で何事も挑戦する前にあきらめてしまう性格だった。或る日、ずっと片思いを続けていた記者のダーシー(アマンダ・ピート)との会話の中で『旅行記者になりたい』と話したことがキッカケで、ガリバーは“バミューダ・トライアングル”の取材へ行くことに。...

_ だらだら無気力ブログ - 2012年08月11日 11:45

ジョナサン・スウィフトの古典を「スクール・オブ・ロック」のジャック・ ブラック主演で映画化したアドベンチャー・コメディ。 バミューダ・トライアングルで遭難し、中世の小人の国へ異次元スリップ してしまった小心者の旅行記者ガリバーを待ち受ける驚きの運命をコミ…

_ みはいる・BのB - 2012年08月12日 09:14




☆☆☆-- (10段階評価で 6)
4月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 16:10の回を鑑賞。

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2012年08月12日 15:01

春休みに子どもと見るのにぴったりの映画。
ロンドン映画サイトでは、あまり評価が高くなかった映画だったので、正直期待しないで見たけど、ラストはともかく、普通にストレートな気持ちで見ると結構いい映画☆
ファミリーで見られる貴重な作品なんじゃないかな。

_ 銅版画制作の日々 - 2012年08月13日 15:41

いかにもジャック・ブラック!
ということで、「エンジェル・ウォーズ」鑑賞後、ガリバー旅行記の字幕版(3D)を鑑賞しました。知らなかったのですが、めがねは貸出ではないことを初めて知りました。買い取りなんですね。
めがね代は100円。次回からー100円で3...

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年04月07日 19:35

「ガリバー旅行記」と言えば、誰でも知っているイギリス文学です。 そんな有名なお話