Google
WWW を検索 ブログ内検索

笑う警官 : 役者がドイヒーなんですが2012年08月01日 10:57

笑う警官
 朝一での犬の散歩も汗だくだくです。自分が幼い頃には、考えられないほどの危険な暑さになってきました。本日紹介する作品は、ある意味危険なこちらになります。
【題名】
笑う警官

【製作年】
2009年

【製作国】
日本

【ロケ地】
茨城県水戸市、群馬県前橋市

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 ある日、札幌市内のマンションの一室で婦人警官水村朝美巡査の変死体が発見された。しかも、この部屋は北海道警が裏金で借りていた部屋だった。間もなくして、容疑者が浮かんできた。その容疑者とは、巡査部長の津久井卓(宮迫博之)であった。さらに、石岡正純刑事部長(鹿賀丈史)によって異例の射殺命令まで出されたのであった。

 かつて、津久井と同じ任務にあたったことのある所轄の刑事である警部補佐伯宏一(大森南朋)は、この一連の流れに違和感を感じずにはいれなかった。しかも、石岡刑事部長と浅野生活安全部長(矢島健一)は、水村巡査が殺されたことを110番通報の前に知っていた可能性があったのだ。

 津久井を守るため、佐伯は思い切った行動に出ることにした。水村巡査の殺人事件を、独自に調査することにしたのだ。そのために集まったのは佐伯の他に、小島百合(松雪泰子)、新宮昌樹(忍成修吾)、植村辰男(螢雪次朗)、町田光芳(野村祐人)であった。彼らは、安田(大友康平)という男が経営するジャズバー「BLACK BIRD」に集まり行動を開始した。しかし、警察は裏切り者を決して許さない組織である。集まった面々も、不審な行動をとるものがいた。果たして、誰が最後に笑う警官になるのであろうか…。


【感想】
 この「笑う警官」は、角川春樹にとって1997年の「時をかける少女」以来の監督作品です。wikipediaによると、角川春樹は「動員が150万人を超えなかったら映画を辞める」と東映に対し約束したにも関らず興行的には大コケしてしまっております。もう、角川先生の監督作品は観れないんですねぇ。

 あらすじ自体は、まあまあでした。この作品のキーワードである”裏切り”、これが作品全体の流れの中で上手く効いているんですよねぇ。この辺の演出も上手く、さすが”先生”と思えるデキでした。但し、作り込みの甘い部分が目立つところが散見され、残念感が一入でした。そもそも、「パソコン得意なレベルの婦人警官が、警察のネットワークにクラッキング出来るわけねえだろ!」と元SEの私は思っております。痛すぎですなぁ。

 それよりもドイヒーなのは、一部演者の役作りでしょう。大森南朋の”エア”サックス演奏は香ばしさぷんぷんでしたよ。この人、この程度の役作りで、若い女優さん口説くときに演技論ささやくらしいですからね。大森南朋自体も痛いが、落とされる女優の方がもっと痛いですね。それと、松雪泰子の声。聞き取りづらいこと、このうえなし。これさえ、修正されれば、サイコーにいけてる女優さんなんだけどなぁ。

 このように「笑う警官」は、「主役だけ代えれば。」とか「あらすじをもう少し作り込めば。」みたいに、とても”おしい”作品となっております。発想自体が、若干”昭和”的なんでしょうねぇ。では、本日はこの辺で [○´・ω・]ノヂャァネッ  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

あぜ道のダンディ : 男はつらいよ2012年08月02日 20:37

あぜ道のダンディ
 本日より、『「オスプレイ」の嘉手納基地配備計画について』というアンケート始めました。あくまでも私見ですが、この件に関しては感情論が先行して報道されているような気がします。まあ、日本のマスコミは何時もこんなものでしょうが。では、本日紹介する作品は、残念な日本のマスコミと違い、中年男性にはぜひ観て貰いたいこちらになります。
【題名】
あぜ道のダンディ

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

【ロケ地】
群馬県前橋市、高崎市等

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 宮田淳一(光石研)は、妻(西田尚美)に先立たれてから、男手一つで息子と娘を育てている。息子の名は俊也(森岡龍)で、現在浪人中。娘の名は桃子(吉永淳)で、高校3年生だ。妻がいたときは、とても明るい食卓だった。しかし、妻が先立ち飼い猫も逝ってからは、食卓での会話がなくなるどころか、子供たちと食卓を囲むことも少なくなった。淳一は、職場で同僚(藤原竜也)に話しかけられても、めったに返事をしないほど無愛想であった。その原因は、全て淳一の生き方から来ているものだった。

 そう、淳一は何時もやせ我慢ばかりで、見栄を張って生きているのだ。それが、ダンディズムなのだ。彼が唯一本音を語れるのは、親友の真田(田口トモロヲ)と飲み交わす時だけであった。

 そんな淳一のいる宮田家にも、大きな変化が訪れようとしていた。ある日、淳一は胃に不調を覚えた。妻と同じように自分も胃ガンなのだと思い悩む淳一。それだけではない。俊也と桃子が、東京の私立大学に進学が決まったのだ。

 せめて、子供たちと思い出を残したい。そう考えた淳一は、真田に相談し思いで作りの為の行動を起こすのであった…。


【感想】
 この「あぜ道のダンディ」は、映画出演140本以上の名脇役・光石研の33年ぶりの主演作となった作品です。監督は、「川の底からこんにちは」の石井裕也。若手の映画監督とベテランの名脇役がタッグを組んだ作品は、どのような仕上がりになっているのでしょうか。

 一言で言うと、平成版「男はつらいよ」といったところです。主人公である宮田淳一の生き様は、常にやせ我慢と見栄の連続です。それは、子供たちに対しても同様で、そのため子供たちにも煙たがられています。そのため、息子と対戦ゲームがしたいとか、娘とプリクラを撮りたいとか、そう思ってもなかなか上手くいかないんですよねぇ。まあ、ダンディズムだから仕方ないか。

 でも、この映画の良い所は、父親の本当の気持ちを子供たちが理解しているところにあります。特に、兄の俊也なんかは、父の遺伝子を見事なまでに引き継いでいます。彼も、ちゃんと「男はつらいよ」なのです。

 そして、この映画の”キモ”になっているのは、石井裕也監督の前作「川の底からこんにちは」同様、不器用ながらも一生懸命生きる主人公の姿です。先ず、その不器用さは、観る者に”笑い”を与えます。そして、不器用な親が頑張る姿を見て、子供たちが次第に心を開いていきます。その両者の溝が埋まる過程こそが、観る者に”感動”を与えます。正直いうと、私はその場面で猛烈に感動しました。

 このように「あぜ道のダンディ」は、ヒューマン・コメディーの逸品ともいえる作品です。若手の映画監督とベテランの名脇役が組んだタッグは、”笑い”と素晴らしい”感動”を観る者に与えてくれます。では、本日はこの辺で (○´ω`○)ノ**SeeYou again**(○´ω`○)ノ  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

デンデラ : これって、「熊 VS 老婆」的なやつでしょうか2012年08月03日 19:33

デンデラ
 何とも暑い日が続いております。早く冬になればよいですなぁ。本日紹介する作品は、冬の山が舞台になっているこの作品になります。
【題名】
デンデラ

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

【ロケ地】
山形県鶴岡市(庄内映画村)

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 ここは、雪の降り積もった貧しい山村。この村では、貧しさのため70歳を迎えた老人は山に捨てられるのだった。そう、姥捨山に…。

 そんな冬のある日、斉藤カユ(浅丘ルリ子)は70歳を迎えた。村の掟に従い、姥捨山へ向う時がやって来たのだ。寒い雪道を息子に背負われ、家を後にしたカユ。そして、お参り場に着いた彼女は、その場に一人残された。極楽浄土へ行けると信じていた彼女は、寒さと体力の限界から何時の間にか意識を失っていた。

 カユが目覚めると、そこは極楽浄土ではなかった。しかも、周りにはカユよりも前にお参り場へ捨てられた老女たちが大勢いた。既に亡くなったと思っていた彼女たちは、デンデラという共同体を作って今も生きていたのだ。

 このデンデラを作ったのは、100歳になった三ツ屋メイ(草笛光子)。彼女は、30年前にお参り場に捨てられてから、ずっと果たしたい目的があった。それは、自分たちを捨てた村人への復讐であった。カユが入居したことで、デンデラには50人の老婆が揃うことになった。人数が揃ったことで、メイは村人への復讐を実行に移そうとしていた。しかし、復讐に反対する者もいた。椎名マサリ(倍賞美津子)たちである。マサリたちは復讐よりも、この冬を乗り越えるため力を合わせるべきだと考えていた。

 カユは、どちらの意見にも賛成できなかった。カユは、一刻も早く極楽浄土に行きたと願い、生きる希望を持っていなかったのだ。だが、身体が不自由になりながらも死を怖がる親友の黒井クラ(赤座美代子)や、現実的に物事を見つめて行動する浅見ヒカリ(山本陽子)と触れ合うことで、デンデラで生活する道を選ぶようになっていった。

 だが、デンデラに大きな衝撃が走ることになる。熊の出現である。その熊は、餌が不足していたため冬眠に入れなかったのだ。デンデラを襲った熊は、人間の肉の味を覚えたのだ。果たして、デンデラの住人たちはどのように熊に立ち向うのであろうか、村人への復讐はどうなるのであろうか…。


【感想】
 この「デンデラ」は、「楢山節考」の監督を務めた今村昌平の息子である天願大介が監督をした作品です。父が描いた姥捨山の”その後”を描いた本作は、父の作品へのオマージュを感じることができます。ただ、残念感が半端なく、全体としてはドイヒーな作品に仕上がっているといえます。

 先ず目に付くのが、中途半端な役作りです。浅丘ルリ子でさえ、「こんな艶々した70歳はいないでしょ!」とツッコミ入れたくなっていたのですが、草笛光子にいたっては…。もう、ツッコミ入れる気力さえ、どこかえ消えうせてしまいましたよ。リアルに高齢な女優陣に過度な役作りは厳しいでしょうから、メイクとかでもう少し何とかして欲しいものです。

 そして何よりも話にならないのが、”熊”です。動きが硬すぎる、歩き方が超不自然、目が完全に死んでいる、などツッコミどころ満載です。こんなことして、観る者が納得できると考えているのだろうか。そうだとしたら、観る者をバカにしていますよ。

 この作品のテーマは、”生と死”であると思われます。但し、あらすじが強引過ぎて、そのテーマが見えなくなって来るんですよねぇ。オチも意味不明だし、本気で創ってるんでしょうか。正直、アンテナの感度がイマイチの私には、熊VS老婆の中途半端アクション映画としか思えないデキになっています。

 このように「デンデラ」は、父が築いた名作さえ地に落としかねない駄作に仕上がっています。やっぱり浅丘ルリ子は、「男はつらいよ リリー三部作」に限ります。では、本日はこの辺で ( ̄ー ̄)ノ~~マタネー☆’.・.・:★’.・.・:☆’.・.・:★" 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

モンスター上司 : 上司にお悩みの方は”ぜひ!”2012年08月04日 16:29

モンスター上司
 先日始めた『「オスプレイ」の嘉手納基地配備計画について 』に回答くださった皆様、ありがとうございます。引き続きアンケート受け付けておりますので、宜しくお願いします。では、本日紹介する作品は、「日本デコラックス」のパワハラ上司のニュースにあやかったわけではありませんが、こちらの作品になります。
【題名】
モンスター上司

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 サラリーを貰っている者たちに共通することがある。それは、上司がいること。上司に恵まれている人もいれば、そうでない人もいる。まさに、人生いろいろだ。しかし、当事者にはそんな悠長なことはいってられない。何しろ、上司に自分の人生の何パーセントかを握られているのだから…。

 ニック・ヘンドリクス(ジェイソン・ベイトマン)は、朝早くから夜遅くまで働き詰めの毎日だ。それも、上司のデビッド・ハーケン(ケビン・スペイシー)が出世をちらつかせるからだ。このパワハラ野郎のデビットは、そんなニックの足元を見て、理不尽な要求ばかりしてくる。

 デイル・アーバス(チャーリー・デイ)は、旦那さんになるという幼い頃からの夢を叶える寸前まで来ていた。可愛い婚約者とはラブラブで、結婚するため仕事にも就いた。彼の仕事は歯科助手だ。ということは、もちろん上司がいる。Dr.ジュリア・ハリス(ジェニファー・アニストン)は歯科医でデイルの上司だ。ジュリアは、エロエロビーム炸裂の女性で、デイルを何時も挑発していた。このセクハラ女のしつこい挑発に、何とか耐えているデイルであった。

 カート・バックマン(ジェイソン・サダイキス)は、会社で経理を担当し充実した日々を送っていた。しかし、社長のジャック・ペリット(ドナルド・サザーランド)が急死し、状況が一変した。会社を継いだのは、ジャックの息子ボビー・ペリット(コリン・ファレル)であった。ボビーは、スペシャルなアホで、ヤク中のどうにもならないクソ野郎だ。このバカハラ野郎のボビーは、自分の遊ぶ金を得るため、有害廃棄物を何も知らない住民たちが住む場所に垂れ流そうとしていた。

 そんなポンコツ上司のため苦労が耐えないニック、デイル、カートの三人は同級生だ。彼らは今日もなじみのBarで飲みながら、上司の愚痴を言い合っていた。しかし、彼らの我慢も限界に達していた。そこで彼らが思いついたのは、三人の上司を葬り去ることだった。でも、どうやって実行するのか。単純な彼らは、殺し屋を使うこと考えたのだった…。


【感想】
 この「モンスター上司」は、サラリーマンを長くやっていれば一度はめぐり合ったことがあるであろう”いなくなって欲しい上司”に苦しめられている部下の姿を描いたブラック・コメディーです。私もサラリーマン時代には、上司に恵まれた方だと思います。でも、一人だけ”いなくなって欲しい上司”はいたなぁ。それだけに、楽しめましたね。

 この映画のキモ、それは配役なんですよねぇ。主演三人の上司を演じているのが、ケビン・スペイシー、ジェニファー・アニストン、コリン・ファレルといった大物スター。主演の三人よりはるかに格上です。正に、力のある上司とへなちょこの部下といった関係が、これでもかという位観る側に伝わってきます。他にも、インチキ詐欺師役にジェイミー・フォックス、”水仕事の男”役にヨアン・グリフィズ、といった面々がちょい役で出演しています。二人ともなかなか面白い役柄で笑えたなぁ。特に、ヨアン・グリフィズの”水仕事の男”は、サイコーでした。

 あらすじもなかなか凝っていました。主演三人がいい感じでおバカさんぶりを発揮しているため、計画らしい計画も無い中で計画が実行され、そのため思いがけない展開が待っています。その展開は、観る者に笑いを生むだけではありません。上司を葬り去るのが目的のため、多少は毒々しくなるのかと思いきや、誰も?が喜べるハッピーエンドになっちゃいます。上手くまとめてますよねぇ。

 余談になりますが、先日ニュースで流れていた「日本デコラックス」の所長代理によるパワハラ。酷いものですねぇ。こんなくそったれ上司は、裁判でけちょんけちょんにやってやればよいですね。この映画の主演三人の無計画ぶりとは違い、計画を立てて録音し損害賠償請求をした40代の男性社員の方、これからも頑張って下さい。

 このように「モンスター上司」は、大人の観るブラック・コメディーの良作といえます。普段、面白くもないサラリーマン生活をされている方にも、少しはストレス解消できる作品ではないでしょうか。では、本日はこの辺で テクテク 。。。。。"8-(o・ω・)o またねぇ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

プロメテウス : エイリアン誕生の秘密が明らかに2012年08月05日 20:52

プロメテウス
 昨日は、初めて先行上映で映画を観てきました。楽しみにしている作品は早く観たいですからねぇ。では、本日紹介する作品は、楽しみにされている方も多いこちらになります。
【題名】
プロメテウス

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館(先行上映)

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 2089年、考古学者エリザベス・ショウ(ノオミ・ラパス)とチャーリー・ホロウェイ(ローガン・マーシャル=グリーン)の二人は、アイルランドの古代遺跡から6つの星が並んだ壁画を発見した。この6つの星が並んでいるサインは、エジプトやマヤ、メソポタミアなどの古代遺跡の壁画とも共通するものであった。これらの文明は、発展した時代と場所が異なり、交易等による繋がりもなかった。エリザベスは、この6つの星が並んだサインが、人類を創造した知的生命体からの招待状ではないかと分析していた。

 2093年、エリザベスとホロウェイは、宇宙船プロメテウス号の中で冷凍催眠していた。彼らのほかにも、各分野の科学のエキスパートが冷凍催眠していた。この宇宙船で眠っていないのは、アンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)だけであった。この宇宙船プロメテウスは、”人類の起源”の謎を解くため巨大企業ウェイランド・コーポレーションにより地球よりはるか離れた惑星へ向っていたのだ。

 長い航海を経て、プロメテウスは目的の惑星付近までやって来た。冷凍催眠が解かれ、エリザベスを始めとするクルーが目覚めた。その中には、このプロメテウス号のキャプテンであるジャネク(イドリス・エルバ)、このミッションの監督官メレディス・ヴィッカーズ(シャーリーズ・セロン)らもいた。

 目的の惑星へ降下すると、砂漠の中に明らかに人の手により造られた遺跡を発見した。早速、調査に乗り出すエリザベス達。そして、そこには”人類の起源”を指し示すような大きな発見があった。しかし、そこには人類の脅威になるものも眠っていた。エリザベス達が足を踏み入れたことにより、その脅威も目を覚ましたのだ。しかし、エリザベス達は気付いていなかった。だた、一人の者を除いて…。


【感想】
 この「プロメテウス」は、「エイリアン」「ブレードランナー」「グラディエーター」などのヒット作を数多く手掛けてきた巨匠リドリー・スコットによるSFサスペンスです。主演には旬の女優ノオミ・ラパスを迎え、スタッフ、キャストともに充実したメンバーで製作された作品です。

 先ず、結論から言うと、この作品の私なりの評価は「おしい」でした。確かに、この作品の予告編も以前から観ており、期待に胸を膨らませておりました。その分、期待値も上がっていたことは確かです。ただ、この作品のテーマは”人類の起源”と思っていましたが、どっこいエイリアンシリーズの前日譚ではありませんか。全く、予習無しに観に行ったのがいけなかったですねぇ。私にとっては、”人類の起源”をもう少し掘り下げて欲しかったなぁ。まあ、予備知識を全く持っていなかった私が悪いのですが…。

 但し、作品自体のクオリティーは、超ハイレベルで文句のつけようがない仕上がりです。先の読めないスリリングなストーリー展開、「エイリアン」に繋がる細かな設定、そして圧倒的な映像、どれをとってもプロフェッショナルな仕事ぶりがうかがえます。相当に時間をかけ準備してこないと、ここまでの作品は作れないでしょうね。特に、圧倒的な映像は、それだけで観る者を作品の世界に引きずり込んでしまうほどのものです。こんな映像は、日本映画では無理でしょう。正に、”ハリウッド”。

 このように「プロメテウス」は、予備知識さえあれば文句のつけようのない素晴らしい作品です。今後は、このようなことがないように、ある程度の予習をしてきたいと考えております。近々公開される「アベンジャーズ」を観る前に、「アイアンマン2」や「 マイティ・ソー」をもう一度観ておいた方がよいかもなぁ(面倒だなぁ)。では、本日はこの辺で ヾ(@^▽^@)ノ~~~~~~~~~マタネー 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品