Google
WWW を検索 ブログ内検索

メリダとおそろしの森 : キャラデザイン、きもいぉ~2012年07月22日 19:36

メリダとおそろしの森
 ロンドン五輪開幕まで、あとわずか。ですが、いまひとつ盛り上がりに欠けていると思うのは私だけでしょうか。ちなみに、この映画いまいち盛り上がらないと思ったのは、私だけでしょうか。
【題名】
メリダとおそろしの森

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 メリダは、勝気でおてんばな女の子。父のファーガス王と母のエリノア王妃にとても可愛がられて育てられた。そんなメリダには、生まれながらに定められた運命があった。それは、王国の王女になることであった。

 そんなメリダも成長し、レディーと呼んでもよい年齢になっていた。三つ子のヒューバート、ヘイミッシュ、ハリスの弟たちも生まれ、王家一家は幸せに暮らしていた。だが、メリダには一つだけ気に入らないことがあった。母のエリノア王妃が、メリダに王女らしく気高く優雅に振る舞うよう口うるさくいうことだ。そして、そんな母にメリダは反発するのであった。でも、運命はメリダの願わない方向に進むのであった。

 そんなある日、王国に3つの貴族から返答の手紙が届いた。それは、メリダに求婚を求めるものだった。王国の伝統により、彼らはメリダとの求婚の権利を弓矢で争うことになった。しかし、婚約に乗り気でないメリダは、その弓矢の競技会を台無しにしてしまった。

 そんなメリダを母は許さなかった。メリダの行動は、貴族たちの対面を傷つけ、戦争に発展する可能性があったからだ。母の思いを理解できないメリダは、とうとう城を飛び出し”おそろしの森”に入ってしまうのであった。

 メリダは、愛馬アンガスを駆って森を駆け巡った。そして、ストーンサークルにたどり着いた。すると、森の守護霊である鬼火が現れたのだ。「見た者を運命へと導く」とされる鬼火に着いてくと魔女の家があった。メリダは、魔女に自分の運命を変えるように頼んだ。だが、その魔女への依頼が王国に大きな災いをもたらすことになるとは、知る由もなかった…。


【感想】
 この「メリダとおそろしの森」は、ピクサー史上初の女性が主人公の作品です。監督には、当初ブレンダ・チャップマンがあたっていましたが、「ジョン・カーター」で脚本を担当したマーク・アンドリュースに交代しています。どうも、製作上の対立からブレンダ・チャップマンがピクサーに解雇されたようです。

 実を言うと、ピクサー・アニメーション・スタジオの作品を映画館で観るのは初めてでした。まあ、裏を返せば余り期待しないで、観に行ったということです。しかし、その低い期待値を下回るデキでした。

 この辺は個人差あるのでしょうが、キャラクターが可愛くないんですよねぇ。メリダなんて、長い手足にお人形みたいな顔、これって不自然に感じました。やっぱ、アニメはキャラクターの可愛さが重要でしょう。

 あらすじ的にも、中身が薄いとしかいいようのないものでした。ようは、母と娘の対立と和解が主題になっているのですが、メリダがわがまま過ぎてどうにも感情移入が出来ませんでした。モルデュという伝説の黒い熊なんて、あっけなくやられちゃいますし。ちょっと、ひどいんじゃないかなぁ。「カールじいさんの空飛ぶ家」なんて、結構練られたあらすじでしたけどねぇ。

 それと余談になるのですが、あの短編アニメは必要なんでしょうか。「ニセものバズがやって来た」と「月と少年」。最初、入ったスクリーン間違ったかと思いましたよ。事前に説明でも欲しいものです。

 このように「メリダとおそろしの森」は、ピクサー史上稀に見る駄作といえます。また、文化的な違いがあるのかもしれませんが、全てに中途半端間な印象が拭えず対象年齢がはっきりしません。日本のお子様が観るアニメなら「ぴかちゅう」、大人が観るアニメなら「おおかみこどもの雨と雪」ではないでしょうか。では、本日はこの辺で ~~~ヾ(*'▽'*)o マタネー♪ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/07/22/6519006/tb

_ はらやんの映画徒然草 - 2012年07月22日 22:08

初めて予告を観たとき、「プリンセス」「魔法」「魔女」という要素が強く印象に残りま

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年07月22日 23:24

メリダとおそろしの森 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る◆プチレビュー◆型破りな王女メリダの成長を描く「メリダとおそろしの森」。驚くほどクオリティの高い映像に息 ...

_ タナウツネット雑記ブログ - 2012年07月23日 00:04

映画「メリダとおそろしの森」観に行ってきました。数々の3Dアニメーション映画を手掛けてきた、ディズニー&ピクサーのタッグによる冒険ファンタジー。この映画は3Dメガネが必...

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2012年07月23日 05:16

☆・・・先ず、言っておくと、変なコメントが来ていたが、私は、面倒臭いので、読まずに消しましたから^^;(IPなどで、変なヤツだと特定できている)

   ◇

 そもそも、今 私は、『マダガスカル3』のことしか考えていない・・・^^;

 ・・・さて、これはち...

_ MAGI☆の日記 - 2012年07月24日 19:30

メリダとおそろしの森を2D吹き替え版で見てきました。



幼い頃から誕生日プレゼントにもらった弓矢が大好きで王家の伝統に反発する王女のメリダは王女らしく気高く優雅に振る舞うよう求める母・エリノア...

_ だらだら無気力ブログ! - 2012年08月19日 00:27

大島優子の吹替えは違和感なかった。

_ いやいやえん - 2012年11月26日 09:15



あっそうなんだ…これは邦題から誤解が生まれますね。てっきり北欧の森の中でのファンタジック・アドベンチャーになるものと思い込んでしまう。実際のところは森自体はそんなに重要なファクターじゃない。
赤毛のふわふわとした髪の質感が素晴らしいです。メリダは馬を駆って弓矢を射る勇ましい王女で、お転婆。運命を自分の力で取り戻そうとするのは格好良かった。

教訓的なストーリーを軸に、同性である母娘の内面の物語。チェス盤による教訓はわかりやすかったし、お互いに話を聞いて欲しいって思ってるんだよね。3人の花婿候補もまだ結婚が早いというのがわかる。母と娘はただすれ違うだけで、でも本当はただ一言があれば良かったんだよね。
結婚から逃れたいがために母を変えてと魔女に頼んだメリダ。結果母は熊に変えられてしまう。熊になった母は自分の姿に戸惑いながらも内面が徐々に熊化しつつも娘の側を離れず彼女を守り抜こうとする。メリダの演説も素晴らしかったし、なによりこの母と娘の絆に、結構ジーンときちゃったんですよねえ。
全体に地味な作品ですが、映像は美しくて、世界観は好きだなー。BGMも心地よかったです。
熊になった母が着るものがなくて体をタオルで隠してる姿と3兄弟の熊化は可愛かった〜。
凶暴な熊・モルデューが古の王子の一人だった、それはかつての伝説だが教訓である。
劇場公開時は「にせものバズがやってきた」というトイストーリーの短編が一緒だったはずですが、それはなくなっていました。何か違う作品のほうに入るのかな…残念。

【概略】
王女メリダと母エリノア王妃は、互いに深い絆で結ばれているものの、ささいなことでいつも口論になってしまう。ところがある日、“森の魔法"によって母は恐ろしい姿の熊に変えられてしまう。魔法を解く鍵は森の中にあると聞き、森の奥深くへと進んでいくメリダ。だが、そこで彼女は自分の本当の運命を知ることになる…。

アニメーション

_ よしなしごと - 2013年04月16日 03:21




 2012年はDVDでの映画は1作しか観ませんでしたが、それがこの作品メリダとおそろしの森です。

_ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 - 2013年11月04日 23:00

かなり久しぶりのブログ更新です
忙しかったり、週末はお酒飲んで潰れてしまったりと…いう感じで、なかなかブログにまで手が出なかったここ最近

近況ですが…
9月に2回ぐらいあった三連休は、各々コストコとか、鳥栖プレミアムアウトレットとかに行きましたが、詳細・日時...