Google
WWW を検索 ブログ内検索

ラム・ダイアリー : クソ野郎ムービー2012年07月01日 16:04

ラム・ダイアリー
 昨日は、スパイダーマンとどちらを観ようかと迷いましたが、こちらの映画を観てしまいました。
【題名】
ラム・ダイアリー

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 ここは、魅惑的で危険なプエルトリコ。そこに、自称ジャーナリストで血中アルコール濃度の高いのポール・ケンプ(ジョニー・デップ)がやって来た。プエルトリコの地元新聞「サンファン・スター」紙の記者になるためだ。

 しかし、創刊当初から経営が傾いている「サンファン・スター」紙には、無能な記者の巣窟となっていたのだ。全ての情熱を闘鶏に注ぐボブ・サーラ(マイケル・リスポリ)、極度のアル中でナチ信奉者のモブルグ(ジョヴァンニ・リビシ)、といったろくでもないクソ野郎ばかりであった。しかし、ラム酒漬けの生活は、ケンプにとって馴染みやすいものであった。

 そんなある日、ケンプは運命的な出会いを果たすことになる。相手の名はシュノー(アンバー・ハード)。彼女は、アメリカ人企業家のサンダーソン(アーロン・エッカート)の婚約者であったが、とても美しく魅力的な女性であった。ケンプは、許されない恋と思いながらも、彼女に夢中になっていくのであった。

 だが、そんなケンプにサンダーソンは近づいてきた。サンダーソンは、リゾート開発で巨万の富を得るため、記者であるケンプを利用しようとしていたのだ。恋とラム酒に溺れながら、ケンプはどのような決断を下すのであろうか…。


【感想】
 この「ラム・ダイアリー」は、とんだガッカリムービーでした。まさかあんな”オチ”になるとは想像出来ませんでした。ていうか、オチてないようなオチですよ、これは。

 掴みは、なかなかだったんですよ。編集長ロッターマンの鬘なんか、笑えたなぁ。「蒸れる、ずれる、分かりやすい。」と三拍子揃った見事な鬘でした。また、映像もなかなかGoodで、南国の美しい景色と貧困層の現実の両極を上手く表現しています。また、ケンプが知り合う人間たちが、揃ってクソ野郎なのも面白い設定でした。ただ、観ている私にとっては、なかなか本題に入らないようなーと思っていたんです。

 正直、途中から観るのがしんどくなってきました。予告編を観る限り、お金に汚されていく楽園をジャーナリズムが救う展開を期待していました。ところが、何時までたってもそのような展開にならず、おかしいなと思い始めたんですよねぇ。ふと、自分の時計を観ると、これは想像と違うなと理解出来ました。で、そこからのオチは… ( ° ° ; ) エエッ  。まあ、ネタバレになってもあれですから、この辺にしておきましょう。

 ただ、予告編でも流れているように、楽しそうに演技しているジョニー・デップはかっこよかった。何時もは、派手なメイクや衣装を着ているデップですが、今回のような素顔のデップもなかなかです。

 このように「ラム・ダイアリー」は、登場人物ALLクソ野郎のクソムービーです。ジョニー・デップのよほどのファンでないと、満足出来ない作品だと思いますよ。では、本日はこの辺で ジャッ(・_・ )ノ ジャッ(・_ ・)ノ ジャッ( ・_・)ノ  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品