Google
WWW を検索 ブログ内検索

ラム・ダイアリー : クソ野郎ムービー2012年07月01日 16:04

ラム・ダイアリー
 昨日は、スパイダーマンとどちらを観ようかと迷いましたが、こちらの映画を観てしまいました。
【題名】
ラム・ダイアリー

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
だめだめ!

【あらすじ】
 ここは、魅惑的で危険なプエルトリコ。そこに、自称ジャーナリストで血中アルコール濃度の高いのポール・ケンプ(ジョニー・デップ)がやって来た。プエルトリコの地元新聞「サンファン・スター」紙の記者になるためだ。

 しかし、創刊当初から経営が傾いている「サンファン・スター」紙には、無能な記者の巣窟となっていたのだ。全ての情熱を闘鶏に注ぐボブ・サーラ(マイケル・リスポリ)、極度のアル中でナチ信奉者のモブルグ(ジョヴァンニ・リビシ)、といったろくでもないクソ野郎ばかりであった。しかし、ラム酒漬けの生活は、ケンプにとって馴染みやすいものであった。

 そんなある日、ケンプは運命的な出会いを果たすことになる。相手の名はシュノー(アンバー・ハード)。彼女は、アメリカ人企業家のサンダーソン(アーロン・エッカート)の婚約者であったが、とても美しく魅力的な女性であった。ケンプは、許されない恋と思いながらも、彼女に夢中になっていくのであった。

 だが、そんなケンプにサンダーソンは近づいてきた。サンダーソンは、リゾート開発で巨万の富を得るため、記者であるケンプを利用しようとしていたのだ。恋とラム酒に溺れながら、ケンプはどのような決断を下すのであろうか…。


【感想】
 この「ラム・ダイアリー」は、とんだガッカリムービーでした。まさかあんな”オチ”になるとは想像出来ませんでした。ていうか、オチてないようなオチですよ、これは。

 掴みは、なかなかだったんですよ。編集長ロッターマンの鬘なんか、笑えたなぁ。「蒸れる、ずれる、分かりやすい。」と三拍子揃った見事な鬘でした。また、映像もなかなかGoodで、南国の美しい景色と貧困層の現実の両極を上手く表現しています。また、ケンプが知り合う人間たちが、揃ってクソ野郎なのも面白い設定でした。ただ、観ている私にとっては、なかなか本題に入らないようなーと思っていたんです。

 正直、途中から観るのがしんどくなってきました。予告編を観る限り、お金に汚されていく楽園をジャーナリズムが救う展開を期待していました。ところが、何時までたってもそのような展開にならず、おかしいなと思い始めたんですよねぇ。ふと、自分の時計を観ると、これは想像と違うなと理解出来ました。で、そこからのオチは… ( ° ° ; ) エエッ  。まあ、ネタバレになってもあれですから、この辺にしておきましょう。

 ただ、予告編でも流れているように、楽しそうに演技しているジョニー・デップはかっこよかった。何時もは、派手なメイクや衣装を着ているデップですが、今回のような素顔のデップもなかなかです。

 このように「ラム・ダイアリー」は、登場人物ALLクソ野郎のクソムービーです。ジョニー・デップのよほどのファンでないと、満足出来ない作品だと思いますよ。では、本日はこの辺で ジャッ(・_・ )ノ ジャッ(・_ ・)ノ ジャッ( ・_・)ノ  。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

アメイジング・スパイダーマン : リブート・スパイダーマン2012年07月02日 19:34

アメイジング・スパイダーマン
 何度か迷いながら別の作品を観ていましたが、本日やっとこの作品を観てきました。
【題名】
アメイジング・スパイダーマン

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は、正義感の強い利発な高校生だ。しかしながら、少しだけ自分に自信の持てないピーターは、同級生のグウェン・ステイシー(エマ・ストーン)に密かに想いを寄せながらも告白出来ないでいた。ピーターが帰る家には、両親はいない。彼は、伯父夫婦であるベン・パーカー(マーティン・シーン)とメイ・パーカー(サリー・フィールド)に我が子も同然に育てられていたのだ。父のリチャード(キャンベル・スコット)と母のメアリー(エンベス・デイヴィッツ)が、ピーターが幼い頃に失踪したためである。

 そんなある日、ピーターは父が大切にしていた鞄を発見する。中には、父の親友であった生物学者カート・コナーズ博士(リース・イーヴァンズ)と父の関わりを記したメモが入っていた。父のことを知るため、ピーターはコナーズ博士の働くオズコープ社を訪ねるのだった。しかし、そこでピーターは遺伝子操作の実験を行っていた蜘蛛に噛まれてしまうのだった。

 蜘蛛に噛まれたことで、ピーターの体内で大きな異変が起こり始めた。とてつもなく敏捷になり、凄まじいパワーが身に付いてしまったのだ。新しく身に付いた敏捷性とパワーに、少しずつ慣れてきたピーター。同時に、コナーズ博士の研究も手伝うようになっていた。また、グウェンとの仲も急接近し、全てが順調に歩み始めてたと思えた最中、悲劇がピーターを襲うのであった。

 ある日、メイの迎えをベンに頼まれたピーターであったが、コナーズ博士との実験に夢中になり忘れてしまうのだった。そのことをベンに責められたピーターは、家を飛び出してしまう。そして、ピーターの後を追うベンが、逃走中の強盗に撃たれて死んでしまうのであった。

 ピーターは、ベンの仇を取るため、自分の能力を生かすことにした。夜な夜なワル共のいる場所に出没し、ベンを殺した強盗を捜す日々が続くのだった。そして何時しか、ピーターはスパイダーマンになっていた…。


【感想】
 正直に言うと、この「アメイジング・スパイダーマン」は、それほど観たい作品ではありませんでした。トビー・マグワイア主演の「スパイダーマン」が2002年の作品ですからね。なので、どちらにしようかと迷った時は、「ラム・ダイアリー」や「ネイビーシールズ」を観てたんですよねぇ。でも、映画館に観に行って損はしない作品であることは間違いありません。

 2002年の「スパイダーマン」と「アメイジング・スパイダーマン」の違いを一言でいうなら、とても人間くさくヒーローヒーローしていないといったところでしょうか。そればかりか、コナーズ博士が怪物のリザードになってからも、人間性を失っていないところがあったりします。こちらの方が、観ている我々も感情移入しやすいと思います。

 映像に関しては、10年分の進歩を感じることは出来ます。しかしながら、10年前に観た時ほどの衝撃はありませんでした。3Dも全体的に控え目感があって、2Dで観てもよかったと思っております。逆にいうと、10年前の「スパイダーマン」の映像が、見事であったというところでしょうか。

 ツッコミどころも結構ありました。特に言っておきたいところは、オズコープ社のセキュリティの甘さです。このスーパースウィートなセキュリティは、10年前でもツッコミどころになるレベルです。何てったって、高校生のグウェンのセキュリティカードで、どんなところにも行けるんですから。少しは考えて欲しいものです。

 このように「アメイジング・スパイダーマン」は、ツッコミどころはあるものの、全体的には満足出来る作品に仕上がっています。尚、エンドロールに入って直ぐに席を立たないで下さい。次作への布石が用意されております。では、本日はこの辺で ヴァ━━━━ヾ(´○`)ノ゙━━━ヾ(´ー`)ノ゙━━━━イ!! 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

岳 : これからの季節にぴったり2012年07月04日 09:46

岳
 7月1日より始めている「大飯原発の再稼動について」のアンケートのご回答ありがとうございます。引き続きアンケートのご回答宜しくお願いします。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

【ロケ地】
日本アルプス・長野県松本市等

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 島崎三歩(小栗旬)は、世界中の山を登り、山の厳しさ、山の楽しさ、山の美しさ、を知り尽くした山岳救助ボランティアである。彼の登山技術は誰もが認める一流のものであり、先輩でもある北部警察署山岳救助隊隊長の野田正人(佐々木蔵之介)も全幅の信頼を置いていた。

 そして、今日も遭難者が出た。いち早く駆けつけた三歩は、山岳救助隊の到着前に遭難者を救出した。申し訳ないと泣きじゃくる遭難者に三歩がかけた言葉は、「ありがとう。感動した。生きていた君に。また、山においでよ。」であった。その日、北部警察署山岳救助隊に配属したばかりの椎名久美(長澤まさみ)は、底抜けに明るくてタフで超ポジティブ思考の三歩に興味を持つのであった。

 新人の久美は、三歩や救助隊隊長の野田の指導を受け、着実に救助隊隊員として成長していた。しかし、救助活動に出動しても、遭難者の命を救うことは出来なかった。山の自然は、久美に容赦しないのであった。

 打ちひしがれ自身を無くす久美であったが、自然の驚異は彼女の回復を待ってはくれない。山で猛吹雪が発生し、多重遭難が起きてしまったのだ。そんな中、久美は娘の結婚前に山を訪れた梶一郎(光石研)と梶陽子(中越典子)の親子の救出にあたることになった。

 娘の陽子は無事救助ヘリに運んだ久美であったが、父の一郎は吹雪が強くなりヘリで運ぶことが出来なくなった。その時、久美が下した決断は、遭難者と共に現場に残ることであった。そして、久美の決断を聞いた三歩も、大きな決断をするのであった…。


【感想】
 もう少しで、夏到来です。この「岳」は、節電が叫ばれエアコンのスイッチをONにするのをためらうこの時期にぴったりの映画です。とにかく、吹雪ボーボーで結構涼しくなれますよ。

 先ずは、のっけから感動させられました。それは、主人公である島崎三歩の遭難者に対する接し方です。「ありがとう。感動した。生きていた君に。また、山においでよ。」という台詞の中には、三歩の優しさ、山への愛情、そして人への愛情が滲み出ています。おまけに、底抜けに明るくタフで超ポジティブでさわやかな三歩は、とても魅力的な主人公です。その三歩を、これまたさわやかな小栗旬が見事に演じています。正に、はまり役といえるのではないでしょうか。

 あらすじ的には、予定調和的なところがあり、意表を突くようなことはありません。しかし、これが返って観る方に安心感を与え、作品を集中して観る事が出来るようになっています。そのため、三歩、久美、野田といった登場人物の心情が、びしびしと伝わってくるんですよね。それだけでは、ありません。自然の怖さと美しさ、これもより強く感じることが出来ます。

 ただ、ツッコミどころもあります。限られた上映時間内にストーリーを入れ込むためでしょうが、三歩達のいる山はどんだけ遭難者出て命を落とすのか。はっきり言って、”死の山”ですよ、この山は。三歩のような心の広い人間がいても、あんな怖い山には登りたくないと思うのは、私だけではない筈です。

 余談になりますが、「外事警察 その男に騙されるな」の渡部篤郎も牧英紀というチョイ役で出演しています。相変わらずの、渇いた演技で結構存在感あります。ほんと、渋い俳優だなぁ。
渇いた演技の渡部篤郎


 このように「岳」は、観た人をきっちりと感動させてくれる作品です。映像の美しさ迫力もなかなかで、125分という上映時間も長く感じさせません。では、本日はこの辺で ((*´∀`*))ノ゛バイ②♪ 。
★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コンテイジョン : 迫りくる感染症の恐怖2012年07月05日 19:50

コンテイジョン
 このところ、毎日雨なんですよねぇ。まあ、梅雨だから仕方ないですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
コンテイジョン

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ベス・エムホフ(グウィネス・パルトロウ)は、香港出張の帰りに電話をしていた。電話の相手は、かっての恋人であった。二人は、シカゴで密会する約束をするのだった。

 ベスが夫のミッチ(マット・デイモン)が待つミネソタの自宅に戻って来た時は、既に咳と高熱の症状が出ていた。また、同じような症状で、香港、ロンドン、東京など各地で次々と人が亡くなっていたのだ。

 この突然死を不審に思った人間がいた。フリー・ジャーナリストのアラン・クラムウィディ(ジュード・ロウ)だ。彼は、東京で男が倒れる動画を観て、政府が隠す伝染病ではないかとブログで指摘したのだった。

 帰国から二日後、べスは痙攣を起こして意識不明となり、病院に運ばれるが死亡が確認された。唖然とするミッチに、さらなる衝撃が走る。息子のクラークも同様の症状で死んでしまうのであった。

 報告を受けた世界保健機構のレオノーラ・オランテス(マリオン・コティヤール)や、アトランタの疾病予防センター(=CDC)のエリス・チーヴァー博士(ローレンス・フィッシュバーン)等が調査を始めることになった。

 エリス・チーヴァー博士は、危険を承知で、部下のエリン・ミアーズ(ケイト・ウィンスレット)をミネソタに送りこんだ。感染者を隔離するためだ。そんな中、ウィルスの正体が判明する。それは、コウモリと豚のウィルスが混ざった新種であった。しかし、現時点では有効な治療法もワクチンもない。こうしている間にもウィルスは、世界の主要都市で蔓延し始め、世界規模の危機となっていた。

 ワクチン開発は進まず、感染は恐ろしく早いスピードで広がっていた。また、ブログ訪問者が1200万人に達したアランが、政府は有効な治療薬を隠していると主張する。ウィルスの恐怖は、ウィルス感染のスピードよりも早かった。人々はパニックを起こし暴動が各地で発生した。果たして人類の運命は、どうなるのであろうか…。


【感想】
 この「コンテイジョン」は、ウィルスの感染とその恐怖を描いたスリラー作品です。マット・デイモン、ジュード・ロウ、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、等の豪華な演技派俳優陣の競演も話題となった作品です。

 先ず、全編に流れる緊張感が半端ないところがGoodです。この緊張感が、観る者にウィルスの恐怖を強く感じさせます。また、ウィルスそのものよりも、その恐怖の方を際立ったせた演出も見事で、人間の弱さからくるパニックを見事に表現しています。

 また、ヒューマンドラマとしてもなかなかのデキで、周りの人を思いやる人間の優しさと強さを、演技派俳優陣が見事に演じ切っています。特に、エリス・チーヴァー博士が最後に取る行動は、うるっときちゃいました。

 私がここまでのめり込んだのは、リアリティーが追求された演出と演技に他なりません。つまり、この映画に関しては、ツッコミどころがナッシングということです。さすがは、アカデミー賞監督賞を受賞したスティーブン・ソダーバーグだけのことはあります。

 このように「コンテイジョン」は、全く隙のないリアリティに徹した作品といえるでしょう。ここまで褒めちぎって「超おすすめ!!」でないのは、自分でもよく分かりませんが素晴らしい作品であることには間違いありません。では、本日はこの辺で +。:.゜バイバ-イヽ(´∀`)ノ .:。+゜。 。
★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~ : 私なんか簡単に騙されました2012年07月06日 21:07

ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~
 蒸し暑い毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか。メタボな私は、毎日ヒットポイントを奪われております。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~

【製作年】
2008年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ニューヨーク市警にも一目置かれる彼の名は、キース・リプリー(モーガン・フリーマン)。伝説の大泥棒だ。リプリーは、ある男を尾行していた。その男の仕事ぶりを見るためだ。その男の名は、ガブリエル・マーティン(アントニオ・バンデラス)。マイアミからニューヨークへやって来た泥棒だ。ガブリエルは、地下鉄で強盗を働く。相手は、ロマノフ宝石店の宝石商だ。リプリーは、ガブリエルの手際よさを見て、あることを決心した。

 リプリーは、あるモノを狙っていた。それは、ロマノフ王朝の秘宝「イースター・エッグ」であった。完全無比のセキュリティに保護された「イースター・エッグ」を強奪するには、リプリーだけでは無理であった。そのために相棒として、ガブリエルの力が必要だったのだ。リプリーから話を聞いたガブリエルは、即座に返答した。もちろん、「OK」の返事だ。

 早速、ロマノフの秘宝を強奪する準備が始まった。そんな中、ガブリエルは魅力的な女性と出会う。彼女の名は、アレクサンドラ・コロレンコ(ラダ・ミッチェル)。そして、彼女の名付け親は、リプリーであった。

 ロマノフの秘宝を強奪する準備は、着々と進んでいった。しかし、順調に進捗があるのは、それだけではなかった。ガブリエルとアレクサンドラの仲も、順調であった。果たして、リプリーとガブリエルは、ロマノフの秘宝を強奪出来るのであろうか…。


【感想】
 この「ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~」は、モーガン・フリーマンとアントニオ・バンデラスが強盗コンビを演じるクライム・サスペンスだ。邦題を信じて観ると、間違いなく騙されたと思える作品なんだよねぇ。

 この作品の一番の魅力は、最後まで何が起こるか分からない凝ったあらすじでしょう。特に終盤は「え~~!」の連続で、ここまでやるのかといったところです。ネタバレになるので詳しくは書けませんが、邦題を見て単なる強盗的アクション映画と思っていた私は、すっかり騙されてからの、また騙されるみたいな。いやー、まいりました。

 そして、この作品をより魅力的にしているのが、モーガン・フリーマンとアントニオ・バンデラス。パッケージを見た時、この二人の競演は以外だなと思うと同時に、とても期待感が膨らみました。モーガン・フリーマンは相変わらず渋いおやじだし、アントニオ・バンデラスも相変わらずセクスィーなんですよねぇ。配役を考えた人は、素晴らしいセンスの持ち主ですよ。

 ただ、モーガン・フリーマンとアントニオ・バンデラスの二人で、少しだけ気になったことがあるんですよねぇ。
バンデラス、小さいの?
 これって、モーガン・フリーマンがでかいだけなのかなぁ。まあ、これ以上は詮索しないようにしまよう。

 このように「ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~」は、最後まで結末が分からない良質のクライム・サスペンスです。皆さんも、私みたいに騙されちゃって下さい。では、本日はこの辺で バイバイ_〆┤’-'*├ 。
★この映画の皆さんの評価★

関連商品