Google
WWW を検索 ブログ内検索

ネイビーシールズ : 戦場疑似体験的ムービー2012年06月24日 12:59

ネイビーシールズ
 昨日は、スパイダーマンにするかこちらにするか少々悩みました。選んだのはこちらでしたが大正解でした。
【題名】
ネイビーシールズ

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 南米コスタリカに潜入していたCIAの女性エージェントが誘拐された。彼女の誘拐を指示したのは、麻薬取引と武器密輸で莫大な財産を成した通称クリストという男であった。アメリカはCIAエージェントを救出するため、海軍特殊部隊NAVY SEALSに出動命令を下すのだった。

 NAVY SEALSのメンバーは、愛する家族を残し危険な任務に赴くのだった。特に、指揮官のローク大尉には、初めて妊娠した妻がいた。妻は、彼の前では笑顔で別れ、一人になって泣くのだった。

 ローク大尉をリーダーとする部隊は、エージェントが拉致されている敵拠点を付きとめ、見事な急襲でエージェントの奪還に成功する。任務は無事終了したかにみえたが、現場で押収した携帯電話から恐ろしい事態が発覚する。それは、クリフトがイスラム系過激派の組織を支援し、全米を揺るがす同時テロを計画していることが判明したのだ。ローク大尉を始めとするメンバーは、さらに危険な任務へと赴かねばならなくなった。それは、正義のため、国への忠誠心のため、愛する家族のための戦いであった…。


【感想】
 この「ネイビーシールズ」は、軍事オタクには堪らない至宝の作品といえます。非常にメリハリの利いた作品で、110分の上映時間があっという間でした。

 本作は、きっちりとしたあらすじがありながらも、どこかドキュメントタッチで描かれています。これが、戦場のドライ感と上手くマッチングして、緊張感のある映像を作り出しています。これまでドキュメンタリーなどを手掛けてきたマイク・マッコイとスコット・ウォーが、自分達のスキルを上手く演出に利用したという事でしょうか。

 CGを使わずモノホンの銃器を使用した戦闘シーンは、観る者のアドレナリン分泌がMax状態になるど迫力です。また、実際に使用されるハイテク兵器などはSF映画を超えている部分もあり、諸刃の剣ながらも戦争が文明を発展させる一翼を担っていることも痛感させられました。

 戦闘シーンの緊張感も半端ないものがあります。特に、敵アジト内での一部屋一部屋を制圧するようなシーンは、観ている側にも体力を要求するレベルです。映画館内の空調が余り利いていなかったのもありますが、気が付いたら随分と汗をかいていました。この辺も、キャストにモノホンのNAVY SEALS隊員を使った効果が出ているのではないでしょうか。

 でも、この映画の凄いところは、これだけではないんです。NAVY SEALS隊員の任務を果たすための執念、仲間を助けるための英雄的行動、これらは観ていて胸が熱くなるものがありました。かっこよすぎですよ、マジで。

 確かに、この「ネイビーシールズ」は、アメリカ海軍の広告塔的作品であることも否めません。この辺は、アメリカ海兵隊の広告塔的作品であった「世界侵略:ロサンゼルス決戦」と共通するものがあります。しかし、本作が娯楽作品として最高レベルの作品になったのも、海軍の協力あってこそです。なので、ここではツッコミを入れるのは、野暮というものでしょう。

 このように「ネイビーシールズ」は、戦場を疑似体験出来るような臨場感ある作品に仕上がっています。また、私自身が今まで観た戦争映画の中ではサイコーの作品でした。他のどのような戦争映画とも一線を画す本作は、映画館のスクリーンで観ることをお勧めします。では、本日はこの辺で (●゚ω゚)ノジャ、マタ!! 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/06/24/6490589/tb

_ 映画 K'z films 2 - 2012年06月24日 14:47

Data 原題 ACT OF VALOR 監督 マウス・マッコイ 
スコット・ウォー 出演 ロゼリン・サンチェス 
ジェイソン・コットル 
アレックス・ヴィードフ 
ネストール・セラノ 公開 2012年 6月

_ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 - 2012年06月24日 17:26

評価:★★★★☆【4,5点】(10)


各種、任務遂行シーンに鳥肌連発!!!

_ 勝手に映画評 - 2012年06月24日 17:42

主要俳優(?)が、現役兵士と言う映画。さすがに描かれている内容は、フィクションではあるものの、現実の出来事を下に脚本化されているので、ある意味内容も“ホンモノ”と言う事も言えるかもしれません。

いやぁ、本当に演じている人たちは現役兵士ですか?演技が上手い。...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年06月24日 19:20

Act of Valorクチコミを見る武器も戦術も隊員もすべて本物という異色のミリタリー・アクション「ネイビーシールズ」。アメリカって国は軍のPR映画まで作ってしまう。中米コスタリカ ...

_ だらだら無気力ブログ! - 2012年06月24日 20:15

迫力ある戦闘シーンは凄かった。

_ LOVE Cinemas 調布 - 2012年06月24日 22:07

ウサマ・ビンラディンの暗殺などアメリカの誇る最強の特殊部隊・ネイビーシールズをテーマにしたアクションムービー。監督はこれまでドキュメンタリーを中心に手がけてきたマイク・マッコイとスコット・ウォー。その手腕によって徹底的にリアリズムを追及された描写はあまりの迫力にあっとうされる。出演はロセリン・サンチェス、ジェイソン・コットル、アレックス・ヴィードフ。

_ カノンな日々 - 2012年06月24日 22:42

1990年にもチャーリー・シーンの主演作で『ネイビーシールズ』という戦争アクション映画がありました。そちらはあまり面白くありませんでしたけど、それと同じ題材、近年ではウサマ ...

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2012年06月25日 02:06


まず最初に、当ブログのアメリカへのスタンスから。
民主化していないにもかかわらず 巨大化していく中国、そして孤高の独裁国家 北朝鮮。
そしていくつか点在する軍事国家、あるいは中東が揺れ動く。
おまけにロシアも含まれるのが、ユーラシア大陸。

こんな情勢の中、...

_ 労組書記長社労士のブログ - 2012年06月25日 12:21


【=29 -3-】 観ないでおこうと思っていたのについつい観てしまった、予告編を見ている限りでは戦争の悲惨さや無常観を描こうとする映画ではないようだと感じていたにもかかわらず。
封切りの日、観に来ているのはやはり男ばっかり。
しかもどっかで観客同士が喧嘩までし...

_ ここなつ映画レビュー - 2012年06月26日 10:54


NAVY SEALS。米海軍特殊部隊。「SEALS」のSEは海(SEA)、Aは空(AIR)、Lは陸(LAND)を意味し、海豹と表されるアザラシ(SEAL)と掛けられている。最新鋭の機器を駆使し、選び抜かれた精鋭たちが競って任務に就く。凄まじいばかりの肉体と頭脳とハイテクマシーン。勿論、観終わってから何か心に響くか、と言えば、そんなものは何も無いのだけれど、…いやぁ、これほどのもの、見せたいんだろうな、人んちで戦争したくなっちゃう訳だよ、と思いましたです。

ほんの少しネタバレ。
CIAの女性工作員が誘拐された。部隊は救出作戦を敢行するため、コスタリカに飛ぶ。救出劇は、陸・海・空...

_ ディレクターの目線blog@FC2 - 2012年06月27日 14:32





映画『ネイビーシールズ』(公式)を昨日TOHOシネマズデーにて劇場鑑賞。


採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点にします。


ざっくりストーリー


ネイビーシールズとは、ア...

_ 暇さえあれば映画ミル - 2012年06月28日 01:05

銃、ハイテク兵器、戦闘機、潜水艦、戦術 そして現役シールズ隊員、すべてが本物。 という宣伝文句のように、緊張感や迫力はちょっと 今までの戦争映画とはちがう生々しさありました。 <NAVY SEALS> あのオサマ・ビンラディン暗殺を遂行したことでも 有名な米海軍特殊部隊。 任務は国家の最高機密に関わる極秘ミッションであり 隊員は海軍の中でもわずか0.5%のエリートとか。 ミリタリーゲーム原作者である(トム・クランシー)が 最初は相手にされなかった隊員を熱心に口説き企画が実現。 戦略はおろかセリフの細部にいたるまで隊員のチェックが 入っているリアル再現のようです。 (嫌がってたわりには皆さん演技うまいってどうよw) 物語は、あくまでフィクションですがその作りは 極めてドキュメンタリー風ぎりぎり路線。 そのせいか決して派手なエンタメ系でもなく 主人公たちの感情移入をあおる演出も抑えめ、、、 というのもあり、淡々とした展開にウトウト、 爆音でびっくりと、ちょっと睡魔の戦いでもありましたw。 たぶん詳しければ楽しいだろうミリタリー好きな男子には 萌え萌えな作品かと思われますw それにしても、ニュースで漠然と知ってるとはいえ 遠い異国で戦争なんて他人ごとな自分には 女性子供が当たり前に自爆テロに利用されたりする現実や シールズ部隊が鮮やかに排除していく容赦ない戦場に 仲間の為に瞬時の判断で犠牲になる隊員の負傷など、 これがやはり映画じゃなく現実にあるものなのかと思うと、 感傷に浸るというより、少しばかりブルーになりました。。。 彼らの活躍が別のことに活かされる世界になればと 切に望みます。 コピーどうりの“最前線を、追体験” 興味ある人は是非w

_ 心のままに映画の風景 - 2012年07月03日 15:11


南米の麻薬王クリストと東南アジアの国際テロリスト、アブ・ジャバールとの関係を探るべく、医師を装ってコスタリカに潜入したCIA女性エージェントのモラレスが何者かに拉致されてしまう。
アメリカ軍特殊...

_ はらやんの映画徒然草 - 2012年07月15日 12:31

そういえばチャーリー・シーン主演の「ネイビー・シールズ」という作品もありましたよ

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年12月07日 20:45

公式サイト。原題:Act Of Valor。スコット・ウォー、マイク・マッコイ監督、ロセリン・サンチェス、ジェイソン・コットル、アレックス・ヴィードフ、ネストール・セラノ、エミリオ・ ...

_ 映画大好きだった^^まとめ - 2014年03月04日 23:34

70 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/22(金) 18:50:44.01 ID:L9HrEc4p見てきたー!ここ最近の軍モノ映画で一番よかったかも!84 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2012/06/22(金) 21:15:45.42 ID:bGhkyAPeミリ好き ...