Google
WWW を検索 ブログ内検索

外事警察 その男に騙されるな : 私は騙されました (o ̄∇ ̄)o!!ガーン2012年06月03日 06:13

外事警察 その男に騙されるな
 こんな時間に更新するのは初めてです。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
外事警察 その男に騙されるな

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 韓国・北朝鮮の国境付近に、北朝鮮の軍人らしき男達がいた。彼等は、北から何かを持ち出しているようだった。

 同じ頃、韓国で内閣情報調査室の住本健司(渡部篤郎)が、徐昌義(田中泯)の行方を追っていた。徐昌義は在日二世で北朝鮮に渡り、核開発の中心人物であった男だが、最近脱北しソウルに潜伏してソウルに潜伏していたのだ。徐を発見した住本は、彼を日本に連れ帰る事に成功する。

 また、日本では原発事故の影響で避難区域内にある大学から機密情報が持ち出された。それは、レーザー点火装置の情報であった。

 これらの状況を裏付けるように、アメリカCIAより日本にウランが持ち込まれたという情報がもたらされた。これらの事件を追うため、住本は外事課に復帰し、松沢陽菜(尾野真千子)らかってのメンバーも集められることになった。

 住本と外事4課のメンバーは、奥田交易の社長の奥田正秀をマークする事にした。奥田交易がテロリストと交流があると思われたためだ。そして、社長婦人である奥田果織(真木よう子)を協力者に仕立て上げようと動き始めるのだった…。


【感想】
 この「外事警察 その男に騙されるな」は、全編ピリピリするほどの緊張感に覆われた作品です。ツッコミどころもあるのですが、それを緊張感が帳消しにしていますから。

 この緊張感を生んでいるのは、俳優人の隙のない演技といえるでしょう。その中でも群を抜いているのが、渡部篤郎と田中泯でしょう。終盤になってくると分かるのですが、渡部篤郎演じる住本健司の本当の敵は田中泯演じる徐昌義です。そのキモとなる二人の演技が素晴らしいの何のって (・ω・)bグッ 。観てる方はしびれまくりですよ。特に、渡部篤郎に関しては、この作品の住本のような闇に落ちていく男を演じさせるとサイコーですね。

 あらすじ的には、多少強引なところがあります。ただ、真木よう子演じる奥田果織を落とし方がエグいことエグいこと。この辺も緊張感をつくる要因になっています。途中、外事課と住本のヘボさにがっくりするところもありますが、黙って最後まで観て下さい。住本は、最後にとんでもない仕掛けを用意してますから。

 ただ、観終わって思うのは、ツッコミどころの多さです。「あんなボロ容器にウラン入れて、被爆するだろ!」とか、「劣悪な環境で核開発従事していながら、何故禿げない?」とか…。ただ、観てる時は特に思わなかった事ですが。

 このように「外事警察 その男に騙されるな」は、全編を覆う緊張感と最後まで分からない結末を楽しめる作品に仕上がっています。皆さんも、住本に騙されないで下さいね。では、本日はこの辺で ヾ(*'0'*)マ!!ヾ(*'O'*)タ!!ヾ(*'。'*)ネ!! 。
★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/06/03/6466757/tb

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年06月03日 10:45

映画 外事警察 その男に騙されるな オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る麻生幾の人気小説を原作に作られ大反響を呼んだNHKドラマの劇場版「外事警察 その男に騙されるな」。 ...

_ いい加減社長の映画日記 - 2012年06月03日 11:05

日本版ハードボイルド・・・

「オフィシャルサイト」

【ストーリー】
警視庁公安部外事課。日本のCIAとも呼ばれる対国際テロ捜査の精鋭部隊。
決して表で活動することはなく、街に溶け込み、家族にさえ身分を明かさない。
任務遂行のためには手段を選ばず、民間人までも...

_ またり、すばるくん。 - 2012年06月03日 13:49

2009年にNHKで放送されたドラマ「外事警察」の
映画版の試写会が当たったので、観てきました!

_ LOVE Cinemas 調布 - 2012年06月03日 14:23

“日本のCIA”と言われる警視庁公安部外事課。そこ所属する一人の刑事を軸に人気を賭した2009年のNHKドラマを映画化したものだ。主演の渡部篤郎や共演に尾野真千子、石橋凌、余貴美子、遠藤憲一らレギュラーの面々に加え今回は『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』のキム・ガンウ、『SP』シリーズの真木よう子らも出演している。監督はドラマ版と同じく堀切園健太郎。

_ タナウツネット雑記ブログ - 2012年06月04日 00:12

映画「外事警察 その男に騙されるな」観に行ってきました。
麻生幾の同名小説を原作とする、あまり知られていない日本の警視庁公安部外事課(通称「外事警察」)にスポットを当てたサスペンス作品。
今作は2009年にNHKで放映された人気ドラマシリーズの続編となる作品ですが、作品自体は単独でも問題なく観賞でき

_ だらだら無気力ブログ! - 2012年06月07日 00:48

核爆弾ってそんなに簡単に作れるものなのか?

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2012年06月11日 16:37

☆セピアチックな映像の重厚さに引っ張られ、脚本や演出も高められた作品。

 NHK産のドラマは、この映像表現が好きだね。

 『平清盛』では不評なようだが。

 映画だから楽しめるが、毎週観るドラマならば、少々 目に飽きるだろう。

   ◇

 ・・・核テロリス...

_ はらやんの映画徒然草 - 2012年06月17日 21:33

NHKのドラマ「外事警察」の劇場版です。 例によってドラマは未見、原作小説も未読

_ 映画のブログ - 2012年06月20日 02:20

 「日本の公安は能力が低いですね」とは、2012年5月の中国の一等書記官・李春光氏の事件を受けた中国人記者の感想である。
 当時、李春光氏はスパイではないかということで日本のマスコミが大きく取り上げ...

_ 映画部族 a tribe called movie - 2012年06月26日 17:55

監督:堀切園健太郎出演:渡部篤郎、キム・ガンウ、真木よう子、田中泯日本映画 2012年 ・・・・・・ 6点

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2012年07月05日 05:08

 『外事警察―その男に騙されるな』を渋谷TOEIで見ました。

(1)本作は、NHKTVドラマの劇場版であり、以前『セカンドバージン』で懲りていますから二の足を踏んでいたものの(なおかつ、TVドラマも見てはおりませんし)、評判がよさそうなので遅ればせながら見てきました...

_ EURISKO2005 - 2013年01月05日 01:14

 NHKドラマシリーズ「外事警察」の劇場版です。このシリーズの冷酷さがたまらなく