Google
WWW を検索 ブログ内検索

メン・イン・ブラック3 : JとKの原点を見た2012年05月25日 19:02

メン・イン・ブラック3
 今日の広島は雨ですが、涼しいなぁ。でも、明日からは気温がぐーんと上昇するみたいなので、デブの私にはつらくなります。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
メン・イン・ブラック3

【製作年】
2012年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 月面のルナマックス銀河系刑務所から、凶悪犯のアニマル・ボリス(ジェマイン・クレメント)が脱走した。ボリスは、自分の片腕を奪い刑務所に送り込んだエージェントK(トミー・リー・ジョーンズ)への復讐と地球征服を企んでいるのだった。

 その頃、エージェントJ(ウィル・スミス)とKのコンビは、別の星から仕入れた魚を調理している中華料理店の取り締まりを行っていた。しかし、店主はボリスに殺されてしまうのだった。ボリスが、自分に復讐に来たと悟ったKは、単独で捜査を開始する。不審に思ったJはKを問いただすが、全く取り合ってもらえなかった。

 翌日、JはKを捜すがどこにも見当たらない。Kの所在をエージェントO(エマ・トンプソン)に尋ねると、Kは40年前に死んだとの返事が返ってきたのだった。ボリスにより歴史が塗り替えられたのだった。そして、それだけではない。エイリアンによる地球侵略が始まったのだ。

 JはKと地球の平和を守るため、Kが殺される前日にタイムスリップするのだった。そして、ボリスを追うJの前に表れたのは、40年前のエージェントK(ジョシュ・ブローリン)だった…。


【感想】
 この「メン・イン・ブラック3」は、正に娯楽映画の王道をいくような作品です。我々が映画を観て面白いと思える要素を全て備えています。作品自体のテンポもよく、あっという間にエンドロールです。これぞ、プロの仕事といえるでしょう。

 本作は、今までのシリーズ作品と違い、エージェントKとJの人物像が描かれています。本作を観てトミー・リー・ジョーンズのエージェントKは、最高のはまり役だと実感しました。

 また、本作ではシリーズ定番のアクションと笑いだけでなく、最後に観る者の涙腺を刺激するおまけまで付いています。この涙腺を刺激するオチで、何故KがJを相棒としたのかという理由が分かります。ある意味、このシリーズの原点ともいえるシーンです。これは、必見でしょう。

 余談になりますが、本作ではカメオ出演でレディー・ガガ、ジャスティン・ビーバー、ティム・バートン等が出演しているとの事です。しかし、私には誰一人分かりませんでした。エイリアン役らしいのですが…。

 このように「メン・イン・ブラック3」は、誰が観ても満足度の高い作品に仕上がっています。娯楽映画の王道を行くこの作品、決して見逃さないで下さい。では、本日はこの辺で ||'ェ')ノ|Ю ジャネ! 。
★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/05/25/6456785/tb

_ LOVE Cinemas 調布 - 2012年05月26日 00:38

地球にいるエイリアンの監視を任務にする政府の極秘機関“MIB”のエージェントたちがエイリアン相手に奮闘する姿を描いたSFコメディシリーズの第3弾。出演はお馴染みのウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズ。それに今回は若かりしエージェントKとしてジョシュ・ブローリンが加わった。監督も変わらずバリー・ソネンフェルドに製作総指揮をスティーヴン・スピルバーグが務める。

_ とりあえず、コメントです - 2012年05月26日 12:10

ウィル・スミス&トミー・リー・ジョーンズの二人が対エイリアン組織のエージェントとして活躍する コミカルなSFアクションシリーズ“MIB”の第3弾です。 予告編を観て10年ぶりにこのコンビが登場する!と楽しみにしていました。 相変わらずの軽快なテンポに笑わせられながらも、ちょっとビックリの真実にドキッとしました。

_ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 - 2012年05月26日 20:09

☆体調が悪いので、短く・・・。

   ◇

 ・・・「おやっ?」と思ってしまうような映画作品には、それが「故意」なのか「過失」なのかの問題があろう。

 私にとって、昨夜観た『ファミリー・ツリー』にしても、『幸せの教室』にしても、『TIME』『ツーリスト』『...

_ うろうろ日記 - 2012年11月04日 13:17

映画館で見ました。 【予告orチラシの印象】またあのコンビが掛け合い漫才のように

_ こねたみっくす - 2012年11月04日 13:20

まさかこんな軽いノリの映画で感動するなんて…。
10年ぶりに復活したハイテンション捜査官Jと無表情捜査官Kの活躍を相変わらずの軽いノリで描いたこのシリーズ最新作。若き日の ...

_ 事務職員へのこの1冊 - 2012年11月04日 15:04

ふたつ、考え方があると思う。 ・トミー・リー・ジョーンズとジョシュ・ブローリンの

_ いやいやえん - 2012年11月04日 15:20



トミー・リー・ジョーンズの若い頃を演じるジョシュ・ブローリンが全然違和感ないわ。キャスト決めた人いい仕事しましたな〜。
エージェント“J"と“K"のコンビは今日も奇想天外なエイリアンたちを監視し、その暴走を取り締まるべく奔走していた。だがKの単独行動をJが不審に思っていたある日、突然Kの存在自体が消えてしまった!?しかもエイリアンの侵略が一斉に始まり、地球は未曽有の危機に陥る―。カギは40年前の過去にあるらしいと知った彼はタイムジャンプを試みるが…。
泣けるのでティッシュの用意を…と言われてたのですが、そこまで深い感動はなかったかなぁ。それは基本ゆるコミカルな作品内容のせいでもあるだろうし、アポロに飛びつく若きKの姿のせいでもあっただろうし(笑)
テンポがいいのでさくさくっと進んでいきます。タイムパラドックス防止にはピカッと一発。本当にあれは便利なアイテムですよね〜。しかし、Kが40年前にボリスを逮捕しアイテムを起動して地球侵略を防いでいたとか、ほんとKの活躍は昔から凄かったんですね。さすが最高のエージェントなだけありますな。
ロケットのところでのタイムジャンプを上手く使って戦うシーンはなるほどって感じでしたが、その後のJとKとの最初の出逢い、そしてJの父に関わる真実で上手く作品を纏めていましたね〜。
シリーズとしてはこれが最後になるのかな?慣れもあるのだろうけれど、普通に見てるとそんなに笑えたりもしないので、このシリーズはゆるゆる気分で観たほうがいいです。
宇宙飛行士たちの「これを報告すると打ち上げ中止だ」「何もみてない」が笑えました。

【概略】
単独で事件を追い、ある日突然姿を消した相棒のK。さらに同じ頃、エイリアンの侵略が一斉に始まり、Jは40年前の世界にタイムスリップを試みるが…。

SFアクション

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年11月04日 16:00

公式サイト。原作→都市伝説、原題:Men In Black 3。バリー・ソネンフェルド監督。ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリン、エマ・トンプソン、アリス・イヴ ...

_ 象のロケット - 2012年11月05日 05:41

人類に紛れて地球に生息する異星人を監視する極秘組織「MIB」のエージェントJは、最も説明不可能な事件に遭遇した。 それは皮肉屋で無愛想なパートナーKの生命に係わることだった。 Jは、これまでKが語ろうとしなかった“宇宙の神秘”を過去へ戻って解き明かそうとする。 Kの命、MIBの存続、人類の未来…すべてを賭けて、歪められた時間軸を正すために、Jはタイムトリップを試みるのだが…。 SFアクション・コメディ。 

_ お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 - 2012年11月13日 00:38

2012年・アメリカ/製作:コロムビア=アンブリン配給:東宝東和 原題:Men in Black III 監督:バリー・ソネンフェルド 原作:ローウェル・カニンガム 脚本:イータン・コーエン音楽:ダニ

_ Diarydiary! - 2012年11月18日 20:07

《メン・イン・ブラック3》 2012年 アメリカ映画 - 原題 - MEN IN

_ Subterranean サブタレイニアン - 2012年11月22日 13:50

監督 バリー・ソネンフェルド 主演 ウィル・スミス 2012年 アメリカ/アラブ首長国連邦映画 106分 SF 採点★★★ “地球に潜入している宇宙人”っていうと、真っ先に浮かぶのがアダムスキーが遭遇したとかいう金星美女。子供の頃読んだUFO関連本には必ず載っ…

_ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 - 2013年10月14日 01:31


台風が温帯低気圧に変わって特に被害も無かったので、ホッとしているピロEKです。
で、もう9月なんですねぇ…今月でブログも8周年を迎えるんですなぁ…早い。特にこの2年ぐらい、日々に追われ本当に時間の経過が早い気がします


近況は…
先日…2013年8月29日(木曜日)、...