Google
WWW を検索 ブログ内検索

S.W.A.T. 闇の標的 : 何じゃ、こりゃー!!2012年03月24日 17:25

S.W.A.T. 闇の標的
 オープン戦とはいえ、今年の広島カープも打てなさそうです。今日も零封で負けております。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
S.W.A.T. 闇の標的

【製作年】
2010年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超だめだめ!!

【あらすじ】
 LAのS.W.A.T.部隊を率いるポール・カトラー(ガブリエル・マクト)は、その高い能力をかわれ、デトロイトへ派遣されデトロイト市警のS.W.A.T.部隊の教育訓練を行うことになる。

 早速、訓練を始めるポールであったが、人質事件の一報を受け部下とともに現場へ出動する。現場では、銃を持ったウォルター・ハッチ(ロバート・パトリック)がローズという女性を人質に立て篭もっていた。部下と共に踏み込んだポール達は、ウォルターを取り押さえる事に成功する。しかし、人質だった女性は、その場で自殺してしまう。

 愛するローズの自殺がポール達のせいだと逆恨みしたウォルターは、復讐を計画するのであった…。


【感想】
 これは、ドイヒーな映画ですね。しかも、「S.W.A.T.」の続編という詐欺師まがいのコピーでだまされた事にも腹が立ちました (=`(∞)´=) ブーブー!! 。どこが続編なのか全く理解出来ない作品です。

 この映画で全般的にいえることですが、どうにも緊張感がありません。この手の映画では、画面から緊張感が伝わらないと単なる駄作になってしまいます。また、敵役もスケール感が非常に乏しく、当初はウォルターのバックに黒幕がいるとさせ思っていたくらいです。こんな敵に大苦戦するなんて、S.W.A.T.も大したことないですね。

 本題とは関係のない話ですが、ウォルター・ハッチ役のロバート・パトリックの変わり様にはびっくりしました。「ターミネーター 2」の頃の面影がほとんどないですね。
ロバート・パトリック(ターミネーター2)
ロバート・パトリック(S.W.A.T. 闇の標的)


 とにかく、このようなドイヒーな映画は観ない事をおすすめします。私のように、サイコーにご機嫌なアクション映画だった「S.W.A.T.」の続編という理由から観た者は怒りさえ感じるレベルの作品です。では、本日はこの辺で │出口│ヽ(^ ∇^* )ツ....... バイバーイ♪ 。
★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

_ MP5N ― 2016年10月01日 12:18

普通に面白いですよ! 装備もリアルだし、訓練と実戦が混ざり合っていて特殊部隊好きにはお勧めです♪ 武器とかも『スゲェーなこれ』というのがあるかもしれませんよ♪

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/03/24/6386552/tb