Google
WWW を検索 ブログ内検索

顔のないスパイ : 上手いことだますねぇ2012年02月26日 15:23

 今日は、同級生の焼肉屋で同窓会です。懐かしい顔と ( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ してきます。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
顔のないスパイ

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 メキシコ、アメリカの国境地帯にあるソノーラ砂漠。そこで、国境警備員を殺害し、アメリカに渡ろうとする一団がいた。

 その6ヵ月後、FBI捜査官が内偵していた米上院議員がワシントンで殺された。その殺しの手口は、旧ソ連の伝説のスパイ”カシウス”のものと一致していた。事態を重く見たCIA長官ハイランド(マーティン・シーン)は、米ソ冷戦時代にCIAで活躍した元諜報部員ポール・シェファーソン(リチャード・ギア)を呼び寄せるのであった。

 ポールは、カシウスは既に死亡したと信じて疑わなかった。そして、今回の事件も模倣犯であると主張する。しかし、ハイランドは、ポールに議員を内偵していたFBIの若手捜査官ベン・ギアリー(トファー・グレイス)と共に事件解決にあたらせることにしたのだった。ベンは、大学の修士論文でカシウスを題材にするほど、彼に魅せられいた。ベンはカシウスが殺しを復活させたことを信じて疑わなかった。

 そんな中、かってポールが射殺したカシウスの部下であり殺し屋のブルータス(スティーヴン・モイヤー)が生きていることを知る。ポールはベンにカシウスの死を証明するため、ブルータスが収容された刑務所へ赴くのであった…。


【感想】
 非常に凝ったストーリーで、観る者を最後まで楽しませてくれる映画でした。98分という決して長くはない上映時間の中で、無駄なシーンが全くない見事な編集もひかっている作品です。

 この映画のストーリーは、よい意味で全ての方がだまされると思います。その謎解きを、最初はベンの立場から行い、次にポールの立場から行っていきクライマックスへと向かいます。その中で、ポールとベンの心の葛藤が見事に表現されています。この辺りは、監督兼脚本を手がけたマイケル・ブラントの凄さでしょう。

 しかし、突込みどころもあります。20年前のシーンが回想として描かれているのですが、リチャード・ギアもマーティン・シーンも今と一緒なんですよねぇ。とても良い作品だけに残念でした (゜□゜lll;) 。

 このように本作は、大人が観て楽しめる良質のサスペンスといえるでしょう。皆さんもこの映画を観て、スパイ達にだまされて下さい。では、皆さんのコメントやアンケートお待ちしています よろしくねぇヽ(〃´∀`〃)ノ 。
★この映画の皆さんの評価★