Google
WWW を検索 ブログ内検索

ランナウェイズ : ロックンロールムービー♪2012年02月20日 18:45

 今日の広島は日差しがきつい位でした。春が少しずつ近づいているみたいですね。
 ちなみに、今日から作品毎の皆さんの評価をアンケートで集計する機能を付けました。皆さんのアンケートへの参加お待ちしています。ちなみに、昨日紹介した「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」からアンケートが可能になってます。このアンケートは、過去に紹介した作品にも徐々になるべく付けていく予定です。
 では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ランナウェイズ

【製作年】
2010年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 何よりもロックが好きでたまらないジョーン・ジェット(クリステン・スチュワート)は、何時も周囲から浮いた存在であった。そんなある日、彼女の運命を変える出会いがあった。敏腕プロデューサー、キム・フォーリー(マイケル・シャノン)との出会いであった。

 10代の女の子だけでロックバンドを作れば売れると考えたキムは、メンバー集めに奔走する。ジョーン・ジェット 、サンディ・ウェスト(ステラ・メイヴ)、リタ・フォード(スカウト・テイラー=コンプトン)、ロビン(?)、そしてシェリー・カーリー(ダコタ・ファニング)の5人であった。

 当時のロック界は、完全な男社会であった。そんな中で差別を受けながらも、彼女たちはロックスターへの道を駆け上がっていくのであった。

 全てが順調に回り始めた頃、シェリーの父親が倒れてしまう。そのためシェリーは、父の看護をする妹に対し、罪悪感を感じていた。また、スケジュールに縛られたり、パパラッチに囲まれた生活から抜け出したいとも考えるようになっていた。また、シェリーのルックスとセクシーな衣装ばかりが注目されるため、バンド内でも軋轢が生じていた。このような最悪の状況の中、シェリーは精神のバランスがおかしくなり始めたのであった…。


【感想】
 とてもテンポよくストーリーが展開し、106分という上映時間を感じさせない映画でした。しかし、「~ながら」で聴くBGMのようで、観終わった後に何も残らない映画でもありました。

 その理由は明確です。私にとっては、「ザ・ランナウェイズ」はもちろんメンバー全てが初見だったためでしょう。今でこそ、ハードロック/パンクなど良く聴きますが、当時はまだ小学校の低学年。タイムボカンシリーズや宇宙戦艦ヤマトなどのレコードは熱心に聴いていましたが、ロックに関しては全く興味ありませんでした。

 こんな私が観ても、テンポのよさから眠くならない演出は、監督であるフローリア・シジスモンディの巧みな演出に他ならないでしょう。

 とはいえ、こういった映画で重要なのは、「思い入れ」だと思います。その「思い入れ」とは、「ザ・ランナウェイズ」に対するものでなくてはなりません。そうでないと、観終わった後に何も残らない映画となってしまうでしょう。

 このように、「ザ・ランナウェイズ」のファンや、昔バンドをやっていた方たちにはおすすめ出来る映画です。ただ、私はフローリア・シジスモンディ監督の次回作を観てみたいものです。では、皆さんのコメントやレビューお待ちしています ≧人≦●)ぉ願ぃしましゅ☆ 。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/02/20/6341572/tb

_ いやいやえん - 2012年10月16日 17:05



クリステン・スチュワートとダコタ・ファニングが共演。
年代が違うから「ランナウェイズ」の事は全く知りませんでした。70年代に一世を風靡した伝説のガールズロックバンドなんだそうですね。日本にも来日したとか。
しかしダコタちゃんもこういう役柄が出来る歳になったんですねぇ…まだ子役のイメージが払拭されてなくて、ちょっとビックリです。
話の流れとしては結成→内部分裂→解散と、最初から最後までが描かれていました。ダコタちゃん演じるシェリーはロックがやりたいというよりは、今の自分を変えたいと思っていた女の子、当然奇抜なその衣装(下着姿?)にどうしたって目がいってしまいます。実際、シェリーばかりが注目され、それにバンド面子が嫉妬したりとか、とっても女子らしい展開になっていきます(笑)。結局、解散。
それでもクリステン演じるジョーンはそもそもロックをやりたかった女子なのでその世界にとどまりますが。クリステンは似合ってたね〜これ。
ガラスを割ってでも追いかけてくるファンの姿は異常に見えました。実際あんな感じだったのかな?^;今でもファンって、あんな?女性ファンの方が多かったように見えたけど、そういう時代だったのかな。
「人はヴォーカルしか覚えてない」確かにそうかもね。ヴォーカルって目立つもん。シェリーは彼女の望む生活に戻れたんだろうか?ラストの電話での無言のシーンは良かったね。

【概略】
1975年、ロサンゼルス。ジョーン・ジェットは、ロックがやりたいと周囲に訴え続けるが、誰にも相手にしてもらえない.。そんなある日、敏腕プロデューサー、キム・フォーリーに出会い、彼の協力のもとメンバー探しを始める。一方、シェリー・カーリーは、好きな音楽を共有する友だちもいない退屈な毎日を送っていた。ある日、親の目を盗み出かけたクラブでジョーンとシェリーは運命的な出会いを果たす。

ドラマ



_ カノンな日々 - 2012年10月16日 18:12

この主演二人の組合わせはまさかの『トワイライト・サーガ』のスピンオフ?それはそれで面白そうなんですけどもちろん違います。1970年代に人気を博した実在のガールズバンド「ラン ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年10月16日 21:29

ランナウェイズ [DVD]1970年代に実在したガールズバンドの盛衰を描く青春音楽映画。彼女たちの存在ははかないものだったが、ロック界の女性進出の扉を開けた役割は大きい。1975年のロ ...

_ あーうぃ だにぇっと - 2012年10月16日 22:26


(C) 2010 Runaways Productions, LLC. All Rights Reserved.
英題: THE RUNAWAYS
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年3月12日
上映時間: 1時間47分
配給: クロックワークス

_ あーうぃ だにぇっと - 2012年10月16日 22:27


(C) 2010 Runaways Productions, LLC. All Rights Reserved.
英題: THE RUNAWAYS
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年3月12日
上映時間: 1時間47分
配給: クロックワークス

_ とりあえず、コメントです - 2012年10月16日 23:10

1970年代を舞台に実在したガールズロックバンドの軌跡を描いた作品です。 洋楽はほとんど知らないのですけど、クリステン・スチュワート&ダコタ・ファニング主演なので気になっていました。 彗星のごとく現れて消えていった彼女たちの青春は、ちょっとほろ苦い物語になっていました。

_ 象のロケット - 2012年10月17日 07:44

1975年、ロサンゼルス。 エレキギターを抱えた15歳の少女ジョーン・ジェットは、音楽プロデューサーのキム・フォーリーと出会う。 女だけのバンドをデビューさせれば売れると感じていたキムは、華のあるセクシーなヴォーカルとして、シェリー・カーリーをクラブでスカウト。 廃屋となったトレーラーハウスで練習を重ねるのだが…。 実在したガールズバンドの物語。

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年10月20日 16:54

2011年7月23日(土) 15:45~ 三軒茶屋中央劇場 料金:1300円 パンフレット:非売 ランナウェイズ [DVD]出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメントメディア: DVD 『ランナウェイズ』公式サイト 観たかったのだが、何となく行き難いシネクイントでの上映だったので、躊躇しているうちに終了してしまった。が、三軒茶屋中央劇場で、これも見逃した「ウッドストックがやってくる」との二本立て上映。尻が痛くなるが、ラッキーと行って来た。劇場は、何故かいつもの2倍くらい客が居た!しかも、高齢者御用達映画館なのに、比較的若い!こちらは中年、あちらは老年対象の音楽なのに。 レコード会社が同じだからか、「R&Rは、Rock and Rollでなく、これからは、Ramones and Runawaysだ!」という無理やりな売り出され方をしたが、ラモーンズが日本で受けないのに対して、少女バンドのランナウェイズは、日本で大ウケした。日本でウケたバンドは、クイーン、チープ・トリック、ジャパンと世界で成功するのだが、彼女らは、世界ではブレイクすることなく終了してしまった。 当時のボーカルのシェリー・カーリー(ダコタ・ファニング)の自伝を元に、ジョーン・ジェット(クリステン・スチュワート)がプロデュースした本作は、どこまで真実かは知らないが、「そうだったのか。」と、バンドの存在を知る連中には興味深いが、知らない人間には、ただのロックバンドの失敗のドラマに過ぎない。つまりは、女優のファンでもない限り、面白くない。まあ、知らない奴らは、無理に見るなよ。 同じロックバンド映画なら、「バンディッツ」や「スティル・クレイジー」のほうが、はるかに上出来だ。 しかし、役者はなかなか良く。ダコタちゃんは、照れて下手なところから、かなり巧くなっているところまで、歌い分けているように頑張っている。 クリステン・スチュワートのジョーン・ジェットぷりは、噂に違わずそっくりだ。ランナウェイズの時も、後のブラックハーツも。 劇中のカメラマンは、事実だと篠山紀信のようなのだが、容姿は似ていなく、紀信先生がそのような撮影をするのか知らないのだが、「いいよ~。いいね~。」とか、頭が悪そうなので、きっと別人だろう。 シェリー・カーリーが、ボウイが好きで、口パクコンテストで優勝したなんて知らなかった。客から物を投げつけられているのだけ...

_ Diarydiary! - 2012年10月29日 21:46

《ランナウェイズ》 2010年 アメリカ映画 - 原題 -THE RUNAWAY