Google
WWW を検索 ブログ内検索

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い : ヒューマンドラマの王道2012年02月19日 17:49

 今日は、晴れたり雪だったりころころ変わる天気です。では、今日観たこの映画を紹介します。
【題名】
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 オスカー(トーマス・ホーン)は、父(トム・ハンクス)と母(サンドラ・ブロック)と3人で幸せに暮らしていた。オスカーはアスペルガー症候群の疑いあるため、心身のバランスを欠いたところがある。父は、そんなオスカーにニューヨークの6番目の行政区を探す課題を与え、人と接することで障害を乗り越えさせようとしていた。オスカーにとって父親は単なる父親だけでなく、友人であり人生の師匠でもあった。

 そんな家族に大きな試練が訪れる。9.11同時多発テロであった。その日、父は仕事のため貿易センタービルにいた。そして、帰らぬ人となったのであった。

 最愛の父を亡くしたオスカーは、1年経っても父の死を受け入れられないでいた。そんなある日、オスカーは父のクローゼットで、割れた花瓶の中から「black」と書かれた封筒を見付ける。封筒の中には、1本の鍵が入っていた。

 この鍵は父が残したメッセージかもしれない。そう考えたオスカーは、ニューヨーク中のBlackさんのリストを作り、彼らの自宅を訪ねることを決心する。全てを母に内緒にしたまま、オスカーの冒険が始まるのであった…。


【感想】
 「現実は、ある日突然襲ってくる」とでもいえばよいのでしょうか。この映画は理不尽なテロ攻撃により、最愛の父/最愛の夫を失った母と少年が立ち直っていく姿を見事に描ききった作品です。

 どんなに辛い事があっても”あの日”ばかり振り返るのではなく、明日に向かって歩を進める勇気と行動力が重要だ。これが私なりの、この映画のメッセージと受け止めました。

 オスカーの勇気と行動力は、彼自身の心の傷を癒します。そして、オスカーを影で支えていた母親も立ち直っていきます。でも、この映画の素晴らしいところは、これで終わらないことです。オスカーが冒険の中で出会った多くの人達が、癒され、励まされ、元気付けられていきます。そして、助けられた人達もいます ジーン...(≧ω≦。) 。そんな人達みんなが、オスカーに感謝しているのでしょう。胸が苦しくなるようなシーンもいくつかありますが、このように素晴らしいエンディングを迎えます。なので、私はあたたかい気持ちになって席を立つことが出来ました。

 このように、本作はヒューマンドラマとして最高の作品の一つといえるでしょう。また、オスカー役のトーマス・ホーン君の演技も絶品です。アメリカでは、子役もかわいいだけじゃだめなんでしょうね。では、皆さんのコメントやレビューお待ちしています (*m_ _)m{{宜しくお願いします 。

★この映画の皆さんの評価★

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/02/19/6340522/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年10月22日 20:21

オスカーを授かったサンドラ・ブロック
公式サイト。原題:Extremely Loud & Incredibly Close。ジョナサン・サフラン・フォア原作、スティーヴン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンドラ ...

_ 映画@見取り八段 - 2012年10月22日 20:24

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い~EXTREMELY LOUD & INCREDIBLY CLOSE~ 監督: スティーブン・ダルドリー    出演: トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、バイオラ・デイビス、ジョン・グッドマン…

_ こねたみっくす - 2012年10月22日 20:38

ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。
9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ...

_ あーうぃ だにぇっと - 2012年10月22日 20:41

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@よみうりホール

_ いやいやえん - 2012年10月22日 20:49



あの日は、TVのチャンネルがどこもビルの崩壊を映していて異様に思っていた。何が起きたのかよくわからなかったし、テロだといわれても実感がなかった。幸い知り合いも誰もいないので切羽詰まった心配をすることはなかったが、歴史に残る大惨事となってしまった。
誰にでも必ず訪れる大切な人の理不尽な死は、受け入れ難いもの。9.11同時多発テロで父を失った神経恐怖症ぎみのオスカーは、謎の鍵が父からのメッセージだと思い込み、その鍵がどこの鍵のものなのか探すというストーリーだ。
序盤の少年は、傍若無人で悲劇のヒーローを気取ってすらある。母親に向かって母親が父親の代わりに死ねばよかったとも言う始末。それが本心であることを母親もが知っている。オスカーにとって父親は誰よりも大切な人だったから。しかし彼が心の底から叫んでいた嫌いな物が全部9.11繋がりだというのは切なくなりましたね、人々の心に与えた衝撃は大人も子供も変わらないんだって。
オスカーがマックス・フォン・シドーさん演じる間借り人の老人と出会ってからが面白くなる。ブラックと鍵の封筒に書いてあったことから市内のブラックさん宅へと足を運ぶオスカーと老人。間借り人の老人が昔出て行った祖父であろう事は想像に易い。そしてこの祖父にオスカーはある事を打ち明ける。それは例の留守電のことなのだけれど…。
結果として鍵は父からのメッセージではなく、ブラック家の父から子への贈り物だった。そこでオスカーは誰にも話をしていないことを話し始める。あのとき、本当は何があったのか…。
しかし後半は、身勝手な子供の視点から、母親の大きな愛の姿へと変貌する物語だった。実は母リンダはオスカーが何をしているか知っていて、彼が訪ねるであろうブラックさんの家に先回りまたは連絡して、息子のためにあらかじめ話をしておいたのだった。こんな大きな愛があろうか。
出会った人たちの話を母親とするシーンが感動的だった。同じ喪失を分かち合ったもの同士が本当の意味で再生するシーンですね。
しかしラストのパパの手紙のシーンはやりすぎだしちょっとあざとくて泣くまではいかなかったのが残念。

【概略】
9.11で最愛の父を失ったオスカーは、父が遺した1本の鍵にメッセージが込められていると信じ、鍵穴を探す旅に出る。

ドラマ

_ カノンな日々 - 2012年10月22日 21:54

『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリー監督がジョナサン・サフラン・フォアの同名小説を原作を基に映画化した作品です。9.11同時多発テロで父親を ...

_ ようこそMr.G - 2012年10月22日 22:46















映画 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」

_ うろうろ日記 - 2012年10月22日 23:09

試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】もう、これ泣くしかないでしょ。と思っ

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年10月22日 23:15

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)クチコミを見る◆プチレビュー◆心のロード・ムービー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 ...

_ 新・辛口映画館 - 2012年10月22日 23:30

 客入りはほぼ満席。
  
【送料無料】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ブルーレイ&DVDセット【Blu-ray】価格:2,944円(税込、送料別)
 映画の話
 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと考えたオスカーは、この広いニューヨークで鍵の謎を解くため旅に出る。

_ よしなしごと - 2012年10月23日 00:04




 ネットでは感動したという書込が多く、評判上々の作品、ものすごくうるさくて、ありえないほど近いのレビュー記事です。。

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年10月23日 01:09

2012年2月19日(日) 19:00~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:800円(買っていない) 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』公式サイト 俺の大好きな歌U2の'Where The Streets Have No Name'を全面フィーチャーした予告編。 その予告編が、本編への期待度マックスになるほど出来が良い。 本年のNo.1確定か!?の勢いで観に行ったのだが、撃墜されてしまった気分だ。 助演男優賞確定クラスのマックス・フォン・シドーの絡んでいるエピソードなど良かった部分も多いのだが、どうにも主役の少年オスカーに耐えられん。毎度罵られても怒らないジョン・グッドマンは、相当の人格者と見た。はたしてオスカーをあのような設定にする必然性はあったのか。 それでも最後は、母親との和解、爺の帰還、元の鞘に収まったブラックさん、ブランコ初乗りと、巧く締めたとは言えよう。 しかし、ちょっと期待度が高過ぎた。 本編でもエンドロールでもU2流れないし。 お勧め度:☆☆★ U2度:- 俺度:☆☆

_ FREE TIME - 2012年10月23日 01:25

映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。

_ 象のロケット - 2012年10月23日 08:19

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロで父を失った少年オスカーは、1年後、父のクローゼットで1本の鍵を見つける。 これは父が仕掛けた調査ゲームに違いないと信じたオスカーは、母に内緒でその鍵に会う鍵穴を探し始める。 手がかりは封筒に書かれた“ブラック”という文字だけ。 電話帳に記載されているニューヨーク中の“ブラック”さん472人全員を訪ねることにしたのだが…。 ヒューマンドラマ。

_ キノ2 - 2012年10月23日 19:19

★ネタバレ注意★


 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い。
 久々にいい邦題だなぁ。
 これは、原題の “EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE” を素直に訳したものだけど、オリジナルを忠実に伝えようとする姿勢は好感がもてます。日本語の選び方もまたいいカンジであります。

 アスペルガー症候群の疑いあり、と診断されているオスカー(トーマス・ホーン)は、世間とうまくつきあっていくのがちょっぴり難しい。でも、父親のトーマス(トム・ハンクス)はそんなオスカーのことをだれよりもよく理解してくれて、決してかれに劣等感を抱かせたりしない。物知りで...

_ はらやんの映画徒然草 - 2012年10月23日 21:53

主人公は9・11で父親を亡くした少年オスカー。 タイトルの「ものすごくうるさくて

_ 悠雅的生活 - 2012年10月24日 00:07

1本の鍵。永遠の8分間。毎日が奇跡。

_ ノルウェー暮らし・イン・原宿 - 2012年10月24日 23:05

予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。
登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆

_ みはいる・BのB - 2012年10月26日 21:55




☆☆☆★- (10段階評価で 7)
2月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:10の回を鑑賞。

_ ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 - 2013年02月17日 17:02

現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです
どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています

前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そちら...