Google
WWW を検索 ブログ内検索

ブタがいた教室 : 「命」とは何だろう?2012年02月16日 18:37

 今日は、久々に晴れ間がありました。いいものですね。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ブタがいた教室

【製作年】
2008年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 新学期が始まるある日、桜が散り葉桜に代わろうとしている歩道を歩く新任教師の星(妻夫木聡)。彼が手に持つリードの先には、何と子ブタが繋がっていた。

 星先生は、子供たちに「先生はこのブタを育てて、最後にはみんなで食べようと思います。」と提案し、6年2組の子供たちは大騒ぎとなる。星は、子ブタの飼育を通し、「命とは何か、生きるとは何か」を学んでほしいと考えたのだった。

 子供たちは、子ブタに「Pちゃん」と名付け、校庭の片隅に小屋も建てて育てていくことになる。食事の世話だけでなく、糞尿の後片付けも子供たちはこなしていった。しかし、子供たちはPちゃんに対し、次第に愛着がわいてくるようになっていた。子供たちはPちゃんを家畜としてではなく、ペットとしてみるようになっていった。

 やがて、時が経ち卒業の時が迫ってきた。星は、子供たちにPちゃんをどうするか話し合って決めて欲しいと提案する。そして、クラスの意見は「食べる」「食べない」と真っ二つに分かれ、直ぐに結論は出なかった。果たして、6年2組はどのような結論を導き出すのか…。


【感想】
 今までにない内容で、自分自身もよくよく考えさせられる映画でした。「頂きます」の語源には諸説あるようですが、「私の命のために動植物の命を頂きます」という説はよく耳にします。生きることとは、他の生き物の命を奪うことであると気付かされました。

 調べてみると、この映画の製作時に面白いアイデアが取り入れられていました。大人たちに渡された脚本は通常のものですが、子供たちに渡された脚本には最後の結末が書いていないものとの事でした。このアイデアには脱帽しました。だからこそ、子供たちの迫真の演技が生まれたのでしょう (ノ゚∇゚)ノ⌒☆才Ξ⊃゛├☆ 。

 この映画の素晴らしいところは、この映画は子供たちの成長だけでなく、大人たちの成長も描いているところです。子供たちにこの課題を課した星先生自身が、子供たちの姿を見て命の大切さを再確認します。我々大人も、命の大切さを再確認する必要があると思います。

 命というものの大切さを知らせるための手法が手法だけに、賛否両論がある映画であるのは間違いありません。しかし、この映画は実話を基に造られております。私は、実際にこの授業を行われた先生の勇気を称えずにはいられません。では、皆さんのコメントやレビューお待ちしています ^ヾ☆   ヾヽ( -^ #)流れ星さん、にお願い♪ 。

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/02/16/6337811/tb

_ こねたみっくす - 2012年11月12日 21:25

自分たちで飼育したブタを食べるか、食べないか。私はこの映画を見る前から「食べる」派でしたし、映画を見終わってもその意見がブレることは一切ありませんでした。なぜならかつ ...

_ カノンな日々 - 2012年11月12日 21:30

この映画は絶対観たいと思ってたんですよね。もう10年くらい前になるのかな?この映画のもとになった出来事、大阪の小学校であるクラスで行われた「豚を飼育して食べる」という実 ...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年11月12日 22:57

ブタがいた教室 (通常版) [DVD]この映画最大の魅力は、6年2組の子供たちと星先生の懸命な思いだ。1年間大切に飼育したブタを食べるかどうかで大論争が巻き起こる。命の大切さ、食 ...

_ オールマイティにコメンテート - 2012年11月13日 00:05

「ブタがいた教室」は1990年に実際に行われた小学生の授業でブタを飼うドキュメントを映画化した作品で小学6年生が1年間ブタを飼って最後には食べるという事で飼うが、次第 ...

_ だらだら無気力ブログ - 2012年11月13日 01:47

大阪の小学校で実際に行われた実践教育の授業を映画化。 自分達で1年間育てたブタを自分達で食べるという実践教育を 取り入れた新任教師と26人の生徒たちの1年間を描く。6年2組の担任になった新任教師の星先生は、食べることを前提に 子ブタを飼うことを生徒達に提案…

_ 象のロケット - 2012年11月13日 08:27

新米教師の星と6年2組の子どもたちは「大きくなったらみんなで食べる」約束で子ブタを飼い始める。 「Pちゃん」と名づけ毎日世話をするうちに愛情は膨らみ、「かわいそうでとても食べられない」という声が増えてゆく。 卒業までに結論を出さなくてはならないが、「食べる」「食べない」の意見は真っ二つに…。 実話をもとにした、体当たり教育ドラマ。

_ 筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ - 2012年11月13日 13:22

最近、職場の若手にこう感じる中堅が多いらしい。「答えを教えてくれるのを待ってるだけ」「ちょっとは自分で考えろ」{/怒った/}と。 この映画は、子供達が考えに考える物語。 {/映画/}6年生の担任教師が、4月にクラスでブタを飼うことを提案する。「食べる」ことを...

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年11月14日 00:34

Amazon.co.jp ウィジェット 2008年11月12日(水) 20:50~ チネ5 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:600円(未購入) 『ブタがいた教室』公式サイト 豚を飼育し、食べる。 大阪の小学校での実話。飼った動物を食べることが出来るのか。葛藤することで、「食べること」を考える。 小学生たちには、脚本が渡されず、撮影の180日間、自分の思いや意見を考え、ぶつけたとのこと。 小学生や小学教師必見の映画に仕上がった。 原田美枝子の校長、妻夫木の主役教師、なによりも大杉漣の教頭が素晴らしい。大杉漣、柳生博以来の教頭の似合う役者認定。田畑智子は、どうでもいいや。 ただ、大人が食を考えるのであれば、本作よりも、「いのちの食べかた」を見ることをお勧めする。 こちらは、寧ろ教育を考える映画であろう。人の意見を聞かせようとする、妻夫木演じる教師の姿勢が素晴らしい。結論を急ぐ上に朝令暮改な俺には、とても出来ない業だ。 お勧め度:☆☆☆ 大杉教頭度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年11月15日 01:41

Amazon.co.jp ウィジェット 2008年11月12日(水) 20:50~ チネ5 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:600円(未購入) 『ブタがいた教室』公式サイト 豚を飼育し、食べる。 大阪の小学校での実話。飼った動物を食べることが出来るのか。葛藤することで、「食べること」を考える。 小学生たちには、脚本が渡されず、撮影の180日間、自分の思いや意見を考え、ぶつけたとのこと。 小学生や小学教師必見の映画に仕上がった。 原田美枝子の校長、妻夫木の主役教師、なによりも大杉漣の教頭が素晴らしい。大杉漣、柳生博以来の教頭の似合う役者認定。田畑智子は、どうでもいいや。 ただ、大人が食を考えるのであれば、本作よりも、「いのちの食べかた」を見ることをお勧めする。 こちらは、寧ろ教育を考える映画であろう。人の意見を聞かせようとする、妻夫木演じる教師の姿勢が素晴らしい。結論を急ぐ上に朝令暮改な俺には、とても出来ない業だ。 お勧め度:☆☆☆ 大杉教頭度:☆☆☆ 俺度:☆☆☆

_ mama - 2013年01月17日 05:39


2008年:日本
監督:前田哲
出演:妻夫木聡、原田美枝子、田畑智子、大杉漣、池田成志、ピエール瀧

1990年に大阪の小学校で実際に行われ賛否両論を巻き起こした授業を映画化。6年 ...

_ アロハ坊主の日がな一日 - 2013年09月22日 08:54

映画[ ブタがいた教室 ]を新宿武蔵野館で鑑賞。

原作は『豚のPちゃんと32人の小学生』。大阪の小学校で実際に行われた“ブタを飼って、飼育をした後、自分たちで食べる”「いのちの授業」の映画化です。本作は今年の東京国際映画祭で、観客賞と審査員賞の2冠に輝いている。