Google
WWW を検索 ブログ内検索

武士の家計簿 : これぞ、ホームドラマ (`・ω・´)キリッ2012年02月14日 19:48

 バレンタインデーいかがお過ごしでしょうか。今日は、昨日に続き時代劇を紹介します。
【題名】
武士の家計簿

【製作年】
2010年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 時は幕末、加賀藩の御算用者(経理係)として代々仕えてきた猪山家の八代目の直之(堺雅人)。直之は周りから 直之には、父の信之(中村雅俊)、母の常(松坂慶子)、祖母であるおばばさま(草笛光子)の家族がいた。やがて、直之は駒(仲間由紀恵)を嫁とし、嫡男成之(伊藤祐輝 幼名:直吉)を授かっていた。

 猪山家は、直之の父である七代目の信之(中村雅俊)の代に知行取りとなっていた。また、直之がその算術から救済米の横領を暴いた事により出世し、猪山家の地位も相応に高くなっていた。しかし、当時の武家社会は身分が高くなるにつれ出費が増える傾向にあり、猪山家の家計も窮地に追い込まれてしまっていた。

 そこで直之は、当時の武士では考えられない質素倹約を行い、猪山家を窮地から脱するための算段をしたのだった…。


【感想】
 各レビュー等では、「ストーリーがとんたんと進む退屈な映画」という意見が多かったような気がします。確かに、淡々と進んでいきます。また、伊藤祐輝さんのナレーションも淡々としており、眠くなる方がいるもの頷けます。でも、私は眠くならないんですよね。そう、理由は「時代劇」だからでしょう。

 時代劇というよりも、江戸末期のホームドラマといった方がよいかもしれません。とはいえ、私はとても好きな映画です。何というか、落ち着けるというか、ほんわかするというか、とにかくニュアンスは分かっていただけると思います。

 映画のテーマ自体は”家族愛”であり、そのことがとても丁寧に描かれていました。武士としての凛とした生き方もきっちりと表現されています。直之が刀でなく”算盤”で戦う姿に共感する方は多いと思います。この見事な演出に、森田芳光監督の素晴らしい仕事ぶりが伺えます。

 このように、本作は時代劇というよりも、ホームドラマとして快心の出来です。誰にでもおすすめ出来る映画だと思います。では、皆さんのコメントやレビューお待ちしています ヽ(・Θ・)ノ☆パン☆(・pq・)☆パン・・・(。-人-)ネガイゴト・・ 。

関連商品