Google
WWW を検索 ブログ内検索

必死剣 鳥刺し : これぞ、武士道2012年02月13日 18:45

 今日は、久々に観た時代劇を紹介します。
【題名】
必死剣 鳥刺し

【製作年】
2010年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 東北の小藩である海坂藩。ある日、この海坂藩で藩内を揺るがす一大事件が発生する。物頭を務める兼見三左エ門(豊川悦司)が、藩主である右京太夫(村上淳)の愛妾である連子(関めぐみ)を殿や他の藩士たちが見守る中で刺殺したのであった。

 最愛の妻であった睦江(戸田菜穂)を病で喪った兼見にとって、失政の元凶である連子の刺殺は死に場所を求めた武士の意地でもあった。しかし、兼見に下された沙汰は、驚くほど軽いものだった。中老の津田民部(岸部一徳)から下された沙汰は、「1年の閉門並びに降格」というものだった。

 1年の閉門が終え、兼見は藩主の傍らで仕えることになった。また、兼見の身の周りの世話をする亡妻の姪である里尾(池脇千鶴)との日々の中で兼見は再び生きる力を取り戻してゆくのであった。

 一方、藩主は連子を失った後も身勝手な政策を続け、民衆は疲弊にあえいでいた。そんな中、藩主の従弟である帯屋隼人正(吉川晃司)は、藩主に対する不信を募らせていた。

 そんな状況の中、兼見は中老の津田に呼び出され殿を守るように密命を下される。兼見が天心独名流の剣豪であり“鳥刺し”という必勝の技を持っているのを承知の上での密命であった…。


【感想】
 久々に時代劇を観ました。時代劇はよいものです。しかも、この「必死剣 鳥刺し」は美しい時代劇でした。その美しさは、武家の作法でもある形式美ではあると思われます。たそがれ清兵衛武士の一分のような下級武士のリアルな姿を浮き彫りにする時代劇もよいですが、形式美にこだわったこの作品も趣があります。

 この美しさを醸しだしている原因は、トヨエツの演技に他なりません。武士の生き様は「金でなく道義、道徳、心の気高さがが何よりの価値基準である」といわれます。その美しき武士の生き様をトヨエツは見事に演じ切っています。それだけではありません。武士の死に様も見事に演じ切っているのです。やっぱり、トヨエツはよい俳優です。

 ストーリー展開としては、多少ゆるゆる感があることも確かでした。ただ、私は時代劇だと眠くならないんですよね。不思議なものです。

 本作は、今の時代では失われた武士の精神を持った映画です。中年以上の方は、私と同じように観ていて感じるものがある映画だと思います。では、皆様のコメント及びレビューお待ち申し上げております (m。_。)m オネガイモウシアゲマス 。

関連商品