Google
WWW を検索 ブログ内検索

ドラゴン・タトゥーの女 : これぞサスペンス2012年02月12日 14:13

ドラゴン・タトゥーの女
 昨日は、ワーナー・マイカル・シネマズに行きましたが、2月上映分の半券持参で1,000円で映画が観れるキャンペーンが13日から始まるみたいです。今月は、たくさん映画館に行けそうです。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
ドラゴン・タトゥーの女

【製作年】
2011年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 ジャーナリストとして地位と名声を得ていたミカエル・ブルムクヴィスト(ダニエル・クレイグ)は、大物実業家ハンス=エリック・ヴェンネルストレムの不正を暴きながらも名誉毀損で有罪判決を下されてしまう。そのため、ミカエルは不倫相手でもあるエリカ・ベルジェ(ロビン・ライト)と共同で立ち上げた雑誌「ミレニアム」を去ることを決心する。

 同じ時期、ディルク・フルーデ(スティーヴン・バーコフ)という男が、ドラガン・アルマンスキー(ゴラン・ヴィシュニック)の経営するミルトン社を訪ねていた。依頼していたミカエルの身辺調査が終わったためだ。その身辺調査を行っていたのが、ミルトン社のフリーの調査員であり、背中にドラゴンのタトゥーを入れたリスベット・サランデル(ルーニー・マーラ)であった。

 ディルクは、ヘンリック・ヴァンゲル(クリストファー・プラマー)の弁護士である。ヘンリックは、かってスウェーデンの実業界でその名を知らない者はいない大物だった。リスベットの調査資料から、ヘンリックはミカエルを信用できる人物であると判断する。ヘンリックはディルクの仲介によりミカエルを自分の屋敷に招き寄せる。

 そこで、ヘンリックがミカエルに依頼したのは、36年前に一族が住む島から姿を消した少女ハリエット・ヴァンゲルの失踪事件の調査だった。ヘンリックは、一族の誰かがハリエットを殺したはずであると信じて疑わなかった。

 法外な報酬以外に事件が解決した際はヴェンネルストレムを破滅させる証拠を渡すという条件から、ミカエルは、この難解な事件の調査依頼を引き受けるのであった…。


【感想】
 これぞ、一流のサスペンス!!。158分という長時間の映画でしたが、その長さを感じさせない内容でした。正に、一流の役者とスタッフが完璧な仕事をした結果だといえるでしょう (゚ー^*)d Good job♪. 。

ドラゴン・タトゥーの女出演時のルーニー・マーラ
ソーシャル・ネットワーク出演時のルーニー・マーラ
 中でも圧巻だったのが、リスベット役のルーニー・マーラでしょう。役作りのため、減量だけでなく、ピアスを実際に5箇所あけたとのこです。ソーシャル・ネットワークの出演時の写真と比べると、同一人物とは思えません。女優魂炸裂の見事な演技でした。

 正直、この映画はあまり期待していませんでした。当初より3部作でいくと予告編でもうたっていたためです。ロード・オブ・ザ・リングのパート1終了時の残念さは、今でも忘れられません。しかし、このドラゴン・タトゥーの女は違います。物語自体もきっちりと完結しており、エンドロールでも次作に繋がるようなものは一切ありません。完璧です。

 本作は、このように非の打ちどころのない作品です。私は、原作も読んでいませんし、スウェーデン作製の映画も観ていません。でもそんなの関係ありません (。+・`ω・´)キリッ 。R-15作品なので、お子ちゃまは観れませんが、それ以外の方には超おすすめです。早く、続編が観たいですなぁ。では、皆さんのコメントやレビューお待ちしています (≧艸≦)タノミマスぅ 。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品