Google
WWW を検索 ブログ内検索

八日目の蝉 : ジーン(´・ω・`*)感動・・・2012年02月11日 17:44

 昨日は、2本紹介すると張り切っておりましたが、マッサージチェアの気持ちよさについうとうとしてしまいました。申し訳ありませんでした ...... ( 〃..)ノ ハンセイ 。では、本日紹介する作品はこちらになります。
【題名】
八日目の蝉

【製作年】
2011年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 野々宮希和子(永作博美)は、不倫相手の秋山丈博(田中哲司)の子供を身ごもった。しかし、丈博に説得され堕胎するが、それが元で子供を産めない身体になってしまった。

 それと同時期に、丈博の妻である恵津子(森口瑤子)が女の子を出産したことを知る。希和子は、丈博との関係にけじめをつけるため、赤ちゃんを一目見ようと丈博の自宅に忍び込む。しかし、赤ちゃんを抱きしめた希和子は、衝動的に誘拐してしまうのだった。

 希和子は、誘拐した赤ちゃんを薫と名付けて育てることにする。しかし、同時に希和子は誘拐犯として追われる身となった…。

 時が経ち、秋山恵理菜(井上真央)は大学生になっていた。4歳の時に、育ての親が誘拐犯だと知り、心を閉ざしたまま成長していた。そう、恵理菜はかっては薫と呼ばれ、野々宮希和子に育てられていたのだ。

 親の反対を押し切り、1人暮らしもしていた。恵理菜には、岸田孝史(劇団ひとり)という不倫相手がいた。そして、彼女のお腹には孝史の子供がいたのだった…。

【感想】
 以前、このブログで紹介した「麒麟の翼」が、父親と息子の間の愛情を描いた作品でしたが、こちらは母親と娘の間の愛情を描いた作品です。前者が、人としての責任の取り方を父親が息子に伝えたのに対し、こちらはあくまでも無償の愛をテーマにしているようです。私は男なので「麒麟の翼」の方が泣けましたが、こちらもやはり泣けました (TmT)ウゥゥ・・・ 。どちらにせよ、私にとって親子愛はツボなんですよね。

 物語の展開は、野々宮希和子と薫の逃亡生活を描いたシーンと、成長した秋山恵理菜が自分を見つめ直していくシーンが交互に描かれています。この演出は非常に見事で、ともすれば中だるみしがちなこの映画を、ある意味緊張感を持って観る事が出来ます。これには、素直に拍手を送りたいです (ノ^ー^)ノノ☆パチパチ 。

 あとこの映画を観る中で、新鮮な驚きがありました。それは、小池栄子の演技力です。彼女が演じる安藤千草という女性は、自称記者であり、幼い頃エンジェルホームという宗教施設で育てられたという設定です。この浮世絵離れし、心のよりどころを持たない女性を見事に演じきっています。単なるおっぱい星人ではなかったのですね。正に、(o^-')b グッジョブ! です。

 このように本作は、突込みどころのない秀作です。心が乾燥している時に、お勧めの作品です。では、皆さんのコメントや本作のレビューなどお待ちしております (´・ι_,・`*)頼んだよ 。

関連商品