Google
WWW を検索 ブログ内検索

メメント : 超難解ムービー2012年02月06日 20:02

memento
 今日、広島の天気はどんよりです。「こんな日にこんな映画化よ」よ思われる方もいるかもしれませんが、今日はこんな映画を紹介します。
【題名】
メメント

【製作年】
2000年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 ある日、2人組みの強盗により、妻がレイプされ殺された。その時、夫は犯人を1人射殺したが、もう1人に突き飛ばされた外傷で”10分しか記憶が保てない”前向性健忘になってしまった。

 その男の名は、レナード(ガイ・ピアース)。彼は現在、復讐のため犯人を捜している。彼は、新たに記憶できないハンデを、メモをすること、出会った人物や訪れた場所をポラロイド写真に撮りメモを書き添えること、によって克服していた。そして、重要なことは自分の体に刺青を彫りながら、妻を殺した犯人を追っていた。

 犯人のキーワードは「JOHN G」。しかし、日を重ねるごとに、謎が深まっていく。彼の復讐のために、テディ(ジョー・パントリアーノ)やナタリー(キャリー=アン・モス)が手を貸してくれる。しかし、レナードは、誰を信じればよいのか分からなくなっていく。そして、事件前の記憶さえも…。。

【感想】
 とにかく超難解な映画です。ストーリー展開自体、レナードがテディを殺すシーンから始まり、時計軸の逆方向へ物語が進んでいきます。レナードの記憶自体も曖昧で、それが余計にこの映画を難解にしています。

 題名のMEMENTOを和訳すると、「記憶」となります。つまり、この映画の製作者の意図としては、記憶とは曖昧なもので100%の信用はできないものといいたいのだと思います。

 そのことは、誰しも実生活の中で、少し考えれば理解できることだと思います。例えば、あなたが朝目覚めて、昨日着た洋服と下着を全て覚えているか、ということです。また、それが毎日だとどうでしょう。確実に覚えている方はいないと思います。レナードは、そのことをメモや刺青を彫ることで補おうとしますが、それがいかに愚かなことか皆さんもお分かりでしょう。

 そんなレナードが復讐を行おうとしているのですから、観る者は常に不安と緊張感に包まれます。そして、この状況こそが、この映画の肝になっており、私はそれにはまってしまいました。 才≡⊃"├!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ 。但し、難解な映画でもあるので、誰にでもお勧めできるものではありません。それでもという方は、ぜひ一度ご覧ください。では、コメントお待ちしています オネガイガアルノ ゙(。_。*)))(((*。_。)" モジモジ 。

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/02/06/6323449/tb