Google
WWW を検索 ブログ内検索

麒麟の翼 ~劇場版・新参者~ : 感動した!!2012年01月29日 16:10

新参者
 昨日、シネコンにて衝動的にチケット購入し観て来ました。要はあまり観たい映画がなく、仕方なくこと作品を観たといったところです。ですが…。
【題名】
麒麟の翼 ~劇場版・新参者~

【製作年】
2012年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 日本橋の翼のある麒麟像の前である男性が息を引き取った。その男性の名前は青柳武明(中井貴一)、建築部品メーカー「カネセキ金属」製造本部長である。彼は事件現場から8分もナイフを刺されたまま、誰の助けも求めず麒麟像の前まで歩いて来たのだった。その頃、捜査員が事件現場付近で若い不審な男性を発見するも、逃走しトラックに跳ねられて意識不明の重体になってしまう。その若い男性の名前は八島冬樹(三浦貴大)、彼には中原香織(新垣結衣)という恋人がいた。
 この事件の捜査員の中に、日本橋署切れ者刑事、加賀恭一郎(阿部寛)、加賀の従兄弟で警視庁捜査一課の松宮脩平(溝端淳平)がいた。意識不明の八島の所持品から、青柳の持っていた財布等が発見される。また、八島が以前カネセキ金属に派遣社員として働いていたが、派遣切りにあったことも判明する。そのため、警察は八島を犯人と断定し裏付捜査を進めることになってしまう。
 しかし、加賀は青柳が瀕死の重傷でありながら、翼のある麒麟像の前まで歩いてきたのか気になっていた。そこには、死に行く父から愛する息子へのメッセージが隠されていたのだった…。

【感想】
 期待しないで映画館に入ったのですが、とてもよい映画でした。加賀を含めた登場人物の人生が、翼のある麒麟像へ集約されるストーリー展開も上手いなという印象です。この辺りは、原作者東野圭吾自身がシリーズ最高傑作というだけあります。そして何よりも感動しちゃいました (。p゚ω゚q。) ゚+。:.゚感動 。
 最初の感動ポイントは、「愛」です。この物語では、様々な「愛」が出てきます。中には歪んだ愛もあるのですが…。特に物語の中で強く描かれているのが、青柳武明とその息子の親子愛、そして八島冬樹と中原香織の男女の愛です。二つとも非常に深い愛なのですが、とても切なくて泣けてきます。
 次の感動ポイントは「メッセージ」です。死に行く者から生き残る者へ伝えるメッセージです。そして、メッセージを受け取った者が、翼のある麒麟像から新たな人生を歩んでいくのです。
 しかしながら、「超おすすめ!!」にならない失点がこの映画にはあります。TVシリーズを観ていないとよく分からない登場人物が何人かいることです。黒木メイサさん、向井理さん、等です。いっそ出演させない方がよかったのではと思います。ただ、裏を返せば、TVシリーズからのファンの方には、間違いなく「超おすすめ!!」で、観ないと後悔すると思いますよ。 では、コメントお待ちしています オ( ̄人 ̄)ネ(-人-)ガ(*_ _)人イ 。