Google
WWW を検索 ブログ内検索

2011年ベスト10 第 4位 インモータルズ -神々の戦い-2012年01月16日 18:46

 続いて、2011年度の第4位を紹介します。
【題名】
インモータルズ -神々の戦い-

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 遥か昔、ゼウス率いるオリンポスの神々は、邪悪な神々・タイタン族と戦争になった。タイタン族を破ったオリンポスの神々はタイタン族を封印してしまった。
 時は経ち、世界支配を目指すハイペリオン(ミッキー・ローク)は、タイタン族を解放するため、「エピロスの弓」を捜し求める。ハイペリオンの野望を阻止するために立ち上がったのは、ゼウス自らが鍛え上げた人間、テセウス(ヘンリー・カヴィル)であった…。

【感想】
 この映画の一般的な評価は、各サイトのレビューを見ても決して高くはありません。「ザ・セル」を手掛けたターセム・シン監督と「300」の製作陣が手がけただけあり、ビジュアル面においては2011年度最高の映画ではないかと思います。ゼウスをはじめとする神々のかっこよさは、美男美女が鍛えられた体で演じているからでしょう。但し、暴力的なシーンも半端なく、R-15も仕方ないところです。
 この映画は、よい意味で神と人間の境界線がぼやけています。しかしながら、人間に比べてオリンポスの神々は、はんぱない強さで描かれています。特に、物語の中盤で主人公のテセウスが絶体絶命のピンチになった時、戦いの神アレスが主人公の救出にきたシーンなんて最高です。ハイペリオンの部下である中ボスと雑魚キャラ全員を倒すシーンなんて、強すぎて笑いを誘うほどでした。まさに、神と人間の差を実感させられました(≧y≦*) 。
 とにかくビジュアルの美しさと迫力に関しては、文句のつけようのない作品です。それだけでも、超おすすめの一本ですo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワクワク。

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/01/16/6295080/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年08月06日 16:26

永遠の戦い
公式サイト。原題:IMMORTALS。ターセム・シン監督、ヘンリー・カヴィル、フリーダ・ピント、スティーヴン・ドーフ、ルーク・エヴァンス、イザベル・ルーカス、ケラン・ラ ...

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年08月06日 16:42

2011年12月1日(木) 16:05~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1300円(映画サービスデー+3Dメガネ持参料金300円) パンフレット:未確認 『インモータルズ -神々の戦い-』公式サイト ほとんど興味の無い古代ギリシャ神話的話だが、予告編が意外に面白そうだったのと、映像に凝るターセムの作品なので観ることにした。 結果、最後の戦闘シーン以外は見るべきものが無かった。そして、3D効果は、主人公の息子の夢想か瞑想か判らんが、そいつの映像のみだった。 何よりも、キャラクター設定が浅すぎて、マイケル・ベイやローランド・エメリッヒを遥かに下回る始末だ。 主人公の相棒になる男など、名前すら覚えられない。 神々も個性が欠如し過ぎ。ヘラクレスだろうがポセイドンだろうがアポロンだろうが全部同じに見える。だったら、無理に神を出さなくていいよ。 ストーリーが単純で、30秒で語れるレベルなのだから、キャラクター設定くらいしっかりしてくれよ。 そして、唯一の見るべきものである最後の戦闘シーンは、結構なスプラッタなので、苦手な人には厳しいぞ。 ミッキー・ロークは、「アイアンマン2」のアレと同じ雰囲気だった。役柄が固定されつつあるようだ。 お勧め度:☆☆ スプラッタ度:☆☆☆ 俺度:☆☆

_ Akira's VOICE - 2012年08月06日 16:43

神も人間もみな戦う。
 

_ カノンな日々 - 2012年08月06日 17:17

『落下の王国』のターセム・シン監督が『300<スリーハンドレッド>』のジャンニ・ヌナリとマーク・キャントンの製作陣とタッグを組んだギリシア神話を題材にして描くアクション・ ...

_ 労組書記長社労士のブログ - 2012年08月06日 17:21


【=59 -10-】 西日本では最速、大阪では唯一の試写会らしい、なんか知らんけどお笑いの人がゲストで来ていて、コントもトークの滑り倒していた。映画も滑らなきゃいいけどと無駄に心配してしまった。

 人間が誕生する遥か昔、“光”と“闇”の神々の戦争が起きた。戦いは...

_ いやいやえん - 2012年08月06日 18:00



ギリシャ神話の世界観で人間を絡めて光と闇の戦いを描いた作品。
思っていたような「神々の戦い」的ストーリーではないにしろ、とにかく映像力は半端ない。素晴らしい映像美には感嘆。
巫女オラクル(パイドラ)とテセウスの関係も良かった。なによりエピロスの弓の役立ちっぷりがスゲー!一回しか使わんけどね。
ゼウスは人間世界に手出しは無用といいつけてあったものの、人間たちを守るためにアテナやアレスが手助けに入ってしまう(言いつけに背いたアレスは死んでしまう…)。神の介入を知り、かつ弓を手に入れた変な兜のハイペリオンはタルタロス山まできてテセウスと交渉をするが、テセウスには母の仇であるハイペリオンの右腕となる事は到底受け入れられるものではなかった。

ルーク・エヴァンスさん(ゼウス)が男前だったわ〜。主役のテセウスを演じたヘンリー・カヴィルさんもなかなかの男前、肉体美も素晴らしいです。
テセウスの士気をあげる「不滅の魂に!」の一連の言葉にはギリシャ兵士らと同じくなんか燃えた!そんななかでもスタブロスが味のあるキャラクターでとても良かったですね。
ハイペリオンはついにタイタン族を解放してしまい、神々が現れる。彼らの戦いは豪快で、四肢が切られ分断され血が飛ぶ(だがそこがいい!ストップ&モーションが映える)。一方士気のあがったギリシャ軍は通路で、テセウスもハイペリオンと戦っていた。どちらも辛勝という感じだったけれど、ラストで少年アカマスが視たものは、天空で戦う父と神々たちの姿だった、というところもいいですね。
ただ、物語としては、圧倒的に物足りない!!テセウスの戦いも、驚嘆するようなバトルシーンは神々担当だったためか影が薄い(神話のとおりミノタウロスとの戦いはあるが…)。それもどの戦いにしろ強引に決着をつけてしまっている印象が強く(とくに神)、とにかく物足らなさが後を引いた。

【概略】
人間が誕生する遥か昔、“光”と“闇”の神々の戦争が起きた。戦いは光の神が勝利し、闇の神は奈落の奥底に封印された。時は流れ、古代ギリシアの時代。闇の力を手に入れ、世界を支配しようと野望を抱くハイペリオンが人類に対し宣戦布告。光の神が造った武器の一つであり、闇の神を解放するための重要なカギ“エピロスの弓”を捜し求めるハイペリオンは、軍隊を結集してギリシアの地を侵攻していく。弓がハイペリオンの手に落ちれば闇の神は復活し、人類の破滅も免れない。ハイペリオンの野望を阻止すべく、光の神の頂点に立つゼウスが選び出したのは、自らが鍛え上げた人間、テセウスだった……。

アクション

_ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 - 2012年08月06日 19:53

評価:★★★【3点】(14)



映像感覚は見事!ドラマはもうひとつ!

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年08月06日 19:58

インモータルズ −神々の戦い− (デジタルコピー付) [Blu-ray]クチコミを見る◆プチレビュー◆幻想的な映像と、時間を存分に引き延ばすスローモーションが独創的な神話ファンタジー「 ...

_ 花ごよみ - 2012年08月06日 20:06


監督はターセム・シン。

出演はヘンリー・カヴィル、ルーク・エヴァンズ 、
ミッキー・ローク…

3D日本語吹替版で見ました。

ギリシア神話が元となったアクションムービー。

描いているのは人間の戦い+神々の戦い。



人間同士の争いから次第に
オリンポスの神々と...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2012年08月06日 20:54

 『インモータルズ―神々の戦い―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。

(1)この映画は3D作品であり、かつギリシア神話によっているとの触れ込みだったので、端から対象外にしていたところ、何かの拍子に、衣装デザインを石岡瑛子氏(注1)が手掛けていると耳にし、それならば...

_ 西京極 紫の館 - 2012年08月07日 00:21

【出演】
 ヘンリー・カヴィル
 フリーダ・ピント
 ミッキー・ローク
 ルーク・エヴァンズ

【ストーリー】
遥か昔、ゼウス率いるオリンポスの神々は、邪悪な神々・タイタン族をタルタロス山の地底に閉じ込めた。そして時は過ぎ、地上は人間たちの国となった…。ある時...

_ 銀幕大帝α - 2012年08月07日 01:39

IMMORTALS/11年/米/111分/ファンタジー・アドベンチャー・アクション/R15+/劇場公開(2011/11/11)
−監督−
ターセム・シン・ダンドワール
過去監督作:『ザ・フォール/落下の王国』
−衣装デザイン−
石岡瑛子

オープニングタイトル別ヴァージョン。

−出演−
◆...

_ 新・映画鑑賞★日記・・・ - 2012年08月07日 16:00


【IMMORTALS】 2011/11/11公開 アメリカ R15+ 111分監督:ターセム・シン・ダンドワール出演:ヘンリー・カヴィル、ミッキー・ローク、ジョン・ハート、スティーヴン・ドーフ、フリーダ・ピント、イザベル・ルーカス、ルーク・エヴァンス、ケラン・ラッツ
すべての運命...

_ みはいる・BのB - 2012年08月07日 21:12




☆☆☆☆- (10段階評価で 8)
11月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4にて 13:40の回を鑑賞。

_ だらだら無気力ブログ! - 2012年08月07日 23:53

神々って大したことないね。

_ 笑う社会人の生活 - 2012年08月09日 10:05

14日のことですが、映画「インモータルズ 神々の戦い」を鑑賞しました。

ギリシア神話の世界を舞台にした
アクションもの

全体としては「300」的といえばわかりやすいか
そのため新鮮さはあまりなく・・・

しかし アクションものとして見れば
悪くなく 楽しめますね

...

_ 迷宮映画館 - 2012年08月14日 20:07

うーん、眼福、眼福!!

_ 晴れたらいいね〜 - 2012年08月23日 13:23

映画館だけは、まぁまぁのペースで行ってるなぁ…。レディースデーを踏まえてさ、用事にかこつけて行ってきました。2Dでよかったんだけど、時間が合わなかった。なんか損?(笑) ...

_ Subterranean サブタレイニアン - 2012年09月20日 13:48

監督 ターセム・シン・ダンドワール 主演 ヘンリー・カヴィル 2011年 アメリカ映画 110分 アドベンチャー 採点★★★ MTVが全盛期の頃って、凝りに凝ったプロモがホント多かったですよねぇ。ちょっとした映画並み。まぁ、映像に気合が入ってる分、そっちに目を…