Google
WWW を検索 ブログ内検索

聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実― 題名長ーい!2012年01月15日 14:56

 次は、私の地元広島県でも撮影があったことをローカルニュースで放送していた作品です。
【題名】
聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
ふつうだね

【あらすじ】
 アメリカの日本大使館の駐在武官時代の経験から、日本とアメリカの国力差を冷静に理解していた山本五十六(役所広司)。陸軍ならびに世論は日独伊三国同盟を望んでいたが、山本は米内海軍大臣(柄本明)、海軍省軍務局の井上成美(柳葉敏郎)らと共に反対していた。しかし、日本は外交的に追い詰められ、日独伊三国同盟を締結、太平洋戦争へと突き進むことになる…。

【感想】
 本題に入る前に、どうしても言っておきたい事があります。玉木宏さんについてです。「真夏のオリオン」では潜水艦の艦長役でありながら、長髪だけでなく茶髪のいでたちで演技されておられました。あの時は、本当にびっくらこいたものです。このことが気がかりで、今回は映画館に足を運ぶべきか迷いました。しかし、復員兵として日本に戻ってきたシーンでは、見事な坊主頭でした。(*^ー゚)b グッジョブ!!
 で、ここからが本題になります。この映画では、いかにして太平洋戦争へ向かっていったかが、丁寧に描かれていました。開戦へ向けて新聞が煽り大衆の熱狂が世論となり政権を動かしていく。つまり、太平洋戦争は、軍人達が勝手に始めた戦争ではないと言うことです。そのような時代の中で、戦争に反対しながらも戦争を始めなければならなかった山本五十六を神格化することもなく、優秀な軍人でありながらも家庭では等身大の夫であり父である、そんな姿に共感しました。
 また、CGによる戦闘シーンは迫力ありました。戦争映画が好きな私には、とても満足できるところです。
 このように全体的に非常によい作品なのですが、最終的に山本五十六は戦死してしまいす。つまり、ハッピーエンドではないところが、おすすめ度が高くならなかったところです。わがままいって(´。・_●・`)人 ゴメンネ 。

関連商品

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/01/15/6292867/tb

_ あーうぃ だにぇっと - 2012年08月08日 14:32

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-@東映試写室

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年08月08日 14:33

「総合艦隊」と元祖マスゴミ失敗の本質
公式サイト。半藤一利原作、成島出監督、役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、益岡徹、袴田吉彦、五十嵐隼 ...

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年08月08日 14:45

2012年1月1日(日) 17:40~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『聯合艦隊司令長官 山本五十六』公式サイト どこまで事実に即しているのかは知らない。 あまりに高潔な武人なので、色々と調べてみたくなってしまう。ちょっと奇麗事過ぎないか? 悪役扱いの南雲さんも気になる。 阿部ちゃん演じる潔すぎの人も。 強烈な戦闘シーンは無く、人が死ぬシーンは極小。 登場人物が興味深いドラマだ。 香川の冗談じみた極悪マスコミ人ぷりが笑える。マスコミへの嫌味か? しかしながら、役所は、山本長官に見えない。全然似ていないし。いつもの役所式発声法では、無かったけど。 お勧め度:☆☆☆ 激戦度:☆★ 俺度:☆☆☆

_ Akira's VOICE - 2012年08月08日 15:41

地味だが真摯な反戦の訴えが好印象。
 

_ **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** - 2012年08月08日 18:20

 



公式サイトです。 http://isoroku.jp/
作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/156819/
 
 

先の大戦に関する話があるときに、いつも思うことがあります。
 
誤解を恐れず言えば、話し手や作り手には、もちろん、反戦のメッセージがあることでしょう。
民間人への攻撃シーンには、怒りと悲しみのメッセージが、こめられます。戦争反対...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年08月08日 19:38

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [Blu-ray]クチコミを見る最も戦争に反対しながら開戦の口火を切ることになった指揮官の苦悩を描く「聯合艦隊司令長官 山本 ...

_ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver - 2012年08月08日 20:18

半藤一利監修、成島出監督、役所広司主演で製作された山本五十六を描いた映画だ。三国同盟締結前の海軍と陸軍の意見衝突や、真珠湾攻撃の詳細、ミッドウェー海戦の失敗、ガダルカナル奪還作戦などを経てブーゲンビル島上空で戦死するまでの長いお話だ。自国の汚点に真正面か

_ こねたみっくす - 2012年08月08日 21:06

アメリカ軍が最も恐れた日本帝国軍人。日本人が最も命を賭ける価値があると思える上司。それが聯合艦隊司令長官、山本五十六。
太平洋戦争開戦から70年。たった70年であの戦争が完 ...

_ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 - 2012年08月08日 23:16

評価:★★★★【4点】(14)


男として器のデカさに真の武士道精神を感じた。

_ prisoner's BLOG - 2012年08月09日 05:55

やたらと食べる場面が多い。砂糖をたっぷりかけた水まんじゅう、汁粉といった甘味から、干し芋など、全体に質素なもの。一般に海軍は食事が豪華と言われており、台詞でもそう触れているが、実際に豪華な食事をしているところは見られない。
山本家の食事である魚の煮付け...

_ 新・映画鑑賞★日記・・・ - 2012年08月09日 14:25


2011/12/23公開 日本 140分監督:成島出出演:役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、益岡徹、袴田吉彦、伊武雅刀、宮本信子、香川照之
誰よりも、戦争に反対した男がいた。
昭和14年夏。日独伊三国軍事同盟をめぐり、締結を強く主張する...

_ 元・副会長のCinema Days - 2012年08月09日 20:41


 言いたいことは分かるが、映画としては落第点を付けざるを得ない。確かに劇中で山本元帥が言うように、自分の目と耳とハートを大きく開いて有益な情報を集め、何が一番正しいことなのか考えて決定することが最も大事だ。ところが先の戦争前夜および戦時中には、ほとん...

_ 京の昼寝〜♪ - 2012年08月11日 07:48



□作品オフィシャルサイト 「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」□監督 成島 出 □脚本 長谷川康夫、飯田健三郎□キャスト 役所広司、玉木宏、柄本明、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、       袴田吉彦、五十嵐隼士、坂東三津五郎...

_ はらやんの映画徒然草 - 2013年04月21日 19:39

太平洋戦争が始まったのは1941年、ちょうど現在から70年前のことです。 本作は