Google
WWW を検索 ブログ内検索

マイウェイ 12, 000キロの真実 本年度ワースト1決定かな?2012年01月15日 12:50

 今日は、2011ベスト10をお休みして、正月から劇場で観た映画を紹介したいと思います。先ずは、昨日観た「マイウェイ 12, 000キロの真実」を紹介します。
【題名】
マイウェイ 12, 000キロの真実

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超だめだめ!!

【あらすじ】
 日本統治下の朝鮮半島で、幼い頃知り合った日本人の長谷川辰雄(オダギリ・ジョー)と朝鮮人のキム・ジュンシク(チャン・ドンゴン)。二人は幼い頃から走るのが好きで、よきライバルであった。しかし、爆弾テロにより祖父が死んでしまい、辰雄はジュンシクを恨むようになってしまう。
 時は流れ、二人は日本軍の軍人として再会することになる。その後も、二人は運命に翻弄され、ソビエト軍、ドイツ軍の軍服を着て、共に戦うことになる…。

【感想】
 この作品のカン・ジェギュ監督の作品では、迫力ある戦闘シーンと兄弟愛を描いた「ブラザーフッド」が好きでした。その分期待していたのですが、最悪な気分になりました。正直、まともな日本人ならば、この映画を観て気分を害さない人はいないのではないでしょうか。
 期待していた戦闘シーンも爆発音がすごいだけのものでした。二人が日本軍の軍服を着て戦ったノモンハン事件と、ドイツ軍の軍服を着て戦ったノルマンディー上陸作戦は、あまりにも史実もしくは実際の戦闘の常識とかけ離れていて少々あきれてしまいました。また、ソビエト軍の軍服を着た戦いに関しては、2001年公開の「スターリングラード」と酷似しているものでした。
 あまり書くとあれですので、この辺で終わりにしたいと思います。

コメント

_ (未記入) ― 2012年11月17日 16:14

すごいアフォ映画観てしまった。史実も無茶苦茶。軍の表現も無茶苦茶。笑ったのは、大佐からの降格のシーン。軍法会議が無いって笑えるし、切腹って何って感じ。
ひどいアフォ監督の映画だと痛感した。

_ ウマキング ― 2012年11月17日 19:09

名無しさん、コメありがとん。

おっしゃる通りで、サイテーの作品でした。
映画館で観ていて、こんなにはらわた煮えくり返ったのは本作だけです。

ではでは。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/01/15/6292751/tb

_ 佐藤秀の徒然幻視録 - 2012年08月12日 12:15

公式サイト。韓国映画、英題:My Way。カン・ジェギュ監督、オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン、キム・イングォン、夏八木勲、鶴見辰吾、山本太郎、佐野史郎、浜田 ...

_ prisoner's BLOG - 2012年08月12日 13:44

韓国の日本に対する格上意識は知らないわけではないが、戦争中は外国から見れば韓国は日本だったわけで、それを否定する描写や設定には鼻白む。まして西洋人には両者の見分けなどついたかどうか。
オダジリジョーの方がチャン・ドンゴンより配役序列は上だが、役柄として...

_ こんな映画見ました〜 - 2012年08月12日 15:23





『マイウェイ 12,000キロの真実』---MY WAY---2011年(韓国)監督:カン・ジェギュ出演:チャン・ドンゴン、オダギリジョー  「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督がチャン・ドンゴンとオダギリジョーを主演に迎えて贈る戦争ドラマ。
マラソンで...

_ 映画とライトノベルな日常自販機 - 2012年08月12日 15:44

★★★★★ “対立するものの間に友情が育つまでには長く険しい道のりが必要なのか” 祖父の死で辰雄は朝鮮人へ憎しみの感情を抱くようになります。このことが引き金になったかのように、映画の中では日本人による朝鮮人差別がエスカレートしていきます。選考会でのジュンシクへの妨害が仕組まれていたらしいことや、日本軍では何かにつけて朝鮮人に因縁をつけ体罰を与える野田の態度など、観ていて本当に嫌になりますね。そんな憎たらしい野田を山本太郎はうまく演じていたと思います。 また、辰雄は皇軍の兵士として死ねることを名誉と思...

_ 風に吹かれて - 2012年08月12日 17:46

恩讐の彼方に公式サイト http://myway-movie.com監督: カン・ジェギュ  「シュリ」 「ブラザーフッド」1928年、日本占領下の京城(現ソウル)。憲兵隊司令官を祖父(夏八木勲)に持

_ ダイターンクラッシュ!! - 2012年08月12日 23:25

2012年2月11日(土) 18:20~ チネ3 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『マイウェイ 12000キロの真実』公式サイト ドンゴンを含む100人ほどの朝鮮人が、大日本帝国陸軍に徴用され、ノモンハンの地の部隊に配属される。 朝鮮人に非道な大日本帝国陸軍だなぁと思っていたら高倉大佐という穏健派が出てきた。 しかし高倉大佐は、戦闘からの撤退など「なっとらん」とのことで、新任の大佐ジョーにより何と二等兵に降格され、しかも切腹を命じられ、即退場。 その後、とても惨い日本陸軍の描写が続くと思ったら、ジョーもドンゴンもソ連に攻め込まれ捕虜となる。そして日本陸軍より酷く描かれるソ連軍人。 「人間の条件」では、ジュネーブ条約か何かに乗っ取り将校は強制労働に就かなかったのだが、オダギリ大佐は、極寒の地で肉体労働はするは、吹雪の中吊るし柿にもなるわ。 日本人より、ロシア人のほうが嫌いなのですかという演出具合だ。 誇張しすぎだろうの軍人の極悪非道ぶりだが、物語の特性上、あれこれ文句を言う気はない。(ドイツ軍は、捕虜軍団にサッカーやらせたり、妙に肝要だ。飯も普通待遇。) が、物語の核になるジョーとドンゴンの確執と和解と友情に、全く持って説得力が無いため、感動には至らないという残念な結果だ。いつの間に仲良しになっているのだ。しかも長いこと離れていたのに。 ジョーとドンゴンは、幼い頃に出会うのだが、その時から単なる主人の息子と使用人の息子、日本人と朝鮮人、長距離走のライバル。そこには、何ら友情の欠片もない。 そんないがみ合っていた二人が、苦境の中で、お互い助け合い、友情を育むということなんだろうが、どうにも説得力のある描写がないんだよなぁ。 最初は、立場も越えて良きライバルだったとの設定でもあって良かったと思うのだがね。 苦境では、ドンゴンが一方的にジョーを助けている感。まあ、韓国映画だから仕方ないか。 戦争シーンは凄まじい迫力で、ノルマンジー上陸作戦の描写は、「プライベート・ライアン」のそれにも遜色ない。多分。 お勧め度:☆☆ 戦場度:☆☆☆☆ 俺度:☆☆★

_ そーれりぽーと - 2012年08月13日 01:39

これこそ問題作、『マイウェイ 12,000キロの真実』をオダジョー舞台挨拶付きで観てきました。
★★★★

韓国映画にまた置いていかれた気分。
全ての人にとって良い映画なのかどうかは別として、凄い映画です。

ロケの規模、巨大で緻密なセット、身震いする程過激でリアルな...

_ 京の昼寝〜♪ - 2012年08月13日 08:20



□作品オフィシャルサイト 「マイウェイ 12,000キロの真実」□監督 カン・ジェギュ□キャスト オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン鑑賞日 1月14日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ...

_ 新・映画鑑賞★日記・・・ - 2012年08月13日 22:44


【MY WAY】 2012/01/14公開 韓国 PG12 145分監督:カン・ジェギュ出演:チャン・ドンゴン、オダギリジョー、ファン・ビンビン、キム・イングォン、キム・ヒウォン、オ・テギョン、キム・シフ、チョン・ホジン、夏八木勲、鶴見辰吾、山本太郎、佐野史郎、浜田学
全てを...

_ 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 - 2012年08月14日 00:17

マイウェイ 12,000キロの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)クチコミを見る圧倒的な戦闘シーンからすさまじい生命力を浮き彫りにする「マイウェイ 12,000キロの真実」。韓国映画 ...

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2012年08月14日 10:40

 『マイウェイ 12,000キロの真実』を渋谷TOEIで見ました。

(1)この映画については、評価がすごく分かれるのではないかと思います。
 クマネズミは、当初、オダギリジョーが久しぶりに主演する映画(注1)だから見なくてはと思って、映画館に駆け付けたのですが、半分...

_ みはいる・BのB - 2012年08月14日 21:14




☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)
1月14日(土) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン8にて 16:30の回を鑑賞。

_ 迷宮映画館 - 2012年08月14日 21:46

カメラの揺れの凄さが、めまいをさらにUP

_ Healing - 2012年08月22日 14:21

マイウェイ 12,000キロの真実 ★★★★☆ かつてないスケールの戦争映画であり 2人の男のプライドと感情がぶつかり合う映画 第2次世界大戦末期、朝鮮半島から旧満州のノモンハン、旧ソ連、そしてフランス・ノルマンディー。 約12,000キロを、生き抜いた2人の男の話。 もともとは、アメリカ国立公文書館に保管されていた、 ノルマンディー上陸作戦後のドイツ軍捕虜

_ てんびんthe LIFE - 2012年09月06日 21:11

「マイウェイ 12,000キロの真実」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞
2012-008

今韓国で一番人気の作品。
本当に韓国映画の上映が少ない時期だったので、最悪はこの作品でしたが、見ないで済みました。
ちょっと変な言い方になってしまいましたが、日本で字幕入りを公開しているのにあえて韓国で見る必要はないのではないかと思ったからです。
主演のチャン・ドンゴンはほとんどが日本語でそれも吹き替えなしでやってたようで素晴らしいと思いました。
韓国で字幕なしで見てもよかったかと思いましたが、最後のほうは何語だかわからない(私の力では判別不能ということ)言葉がバンバン出てきたので...

_ はらやんの映画徒然草 - 2014年08月30日 16:59

韓流ブームと言われて久しく、そのきっかけはいくつかあったと思いますが、1999年