Google
WWW を検索 ブログ内検索

2011年ベスト10 第10位 グラン・トリノ2012年01月10日 22:06

 初めまして、ウマキングと申します。
 このブログは、私が鑑賞した映画に関して感想を述べていきたいと思います。 先ずは、昨年における私のベスト10を独断と偏見で選んでみたいと思います。
 では、第10位はこの映画です。
【題名】
グラン・トリノ

【鑑賞手段】
DVD

【おすすめ度】
超おすすめ!!(但し、男性限定)

【あらすじ】
 モン族の少年タオをクリント・イーストウッド演じるウォルト・コワルスキーが男として育てていく事になります。ただ、その過程の中で、モン族のギャングとタオがぶつかる事になり、タオはギャングたちに対し、激しい復讐心を持つことになります。報復の連鎖に終止符を打つべくコワルスキーが策を講じることになる…。

【感想】
 体を張ってタオに男道を教えるコワルスキーの男っぷりに感動です。この作品は2011年度に観た映画で、一番泣けた作品かもしれません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://moviegoer.asablo.jp/blog/2012/01/10/6283171/tb

_ 元・副会長のCinema Days - 2012年09月11日 18:18


 (原題:GRAN TORINO )どうもクリント・イーストウッドの監督作は評価できない。褒める者も多い本作だが、私はイーストウッド扮する主人公が単にヒーローぶっているようにしか思えないのだ。現役時代はフォードの工場で働き、朝鮮戦争にも従軍したことがあるウォルト...

_ のほほん映画鑑賞 - 2013年01月26日 19:50

朝鮮戦争から、いまだ心癒されない偏狭親父ウォルト。

そんな男が選んだ、最後の命の使い方。


彼にとって世の中は気に入らない事ばかり。

孫の態度やファッション、あからさまな頑固な態度に息子たちも距離を置く。

しかも隣りには黄色人種が越してきた。

そして気...