Google
WWW を検索 ブログ内検索

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド : 沈劇の巨人 後編2015年10月20日 09:48

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド
 何だか、今月に入って忙しかったなぁ。それでも、映画館にはそこそこ行ってましたが、レビューを書くことは疲れてて出来なかったですよ。そんなこんなで、ずいぶん前に観たこちらの作品を紹介します。
【題名】
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド
【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超だめだめ!!

【あらすじ】
 超大型巨人によって破壊された壁を修復するため、保護地域から出発したエレン達調査兵団は、巨人の急襲に遭い窮地に陥いる。戦いの中、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまうエレン。誰もが絶望しかけた時、謎の黒髪の巨人が出現、他の巨人達を駆逐し始めた……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」は、全世界累計5000万部という諫山創の大ヒットコミック「進撃の巨人」を実写映画化した「進撃の巨人」を実写映画化した2部作の後編となる作品です。主要キャスト・スタッフは、前作と同様。

 前作からの挽回を期待していましたが、圧倒的な脚本・演出の不味さに駆逐されましたね。演者の大袈裟な演技も腹立つレベルだし、AppleTVリモコンは努力していない感丸出しだもんな。私を含め映画館に足を運んだ人は皆思ったはず、「この世界は残酷だ…」と。

 期待していたオチは、最悪の部類でした。巨人は人間が造った兵器だなんて…。壁の中の人間を監視している人間がいるなんて…。その分、原作は期待を裏切らないオチになるのかもしれないけれど、金払ってる人間をバカにしてますよ、全く。

 このように「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」は、観るとお金と時間を捨ててしまうことになる最悪の作品といえます。勿論、捨てても何も変えることはできないですよ。では、本日はこの辺で ~~-v(▼、▼メ)┌了八"∃!! 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

日本のいちばん長い日 : 歴史が動く瞬間を捉えた名作2015年09月30日 10:06

日本のいちばん長い日
 本日は、お盆休みに観た映画第3弾のこちらになります。
【題名】
日本のいちばん長い日

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 1945年7月、戦局が厳しさを増す中、日本に無条件降伏を求めるポツダム宣言が発表された。連日閣議が開かれ議論に議論が重ねられるが、降伏かそれとも本土決戦か結論が出ないまま8月に突入。広島、そして長崎に原爆が投下され『一億玉砕論』の声も上がる中、日本最大の決断がくだる。しかし降伏に反対する若手将校らは玉音放送を流させまいとクーデターを企て皇居やラジオ局占拠に向け動きはじめる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「日本のいちばん長い日」は、混迷極める太平洋戦争末期の日本において国の行く末を模索する人々の姿を描いた、半藤一利のノンフィクション小説を映画化した作品です。鈴木内閣の陸軍大臣である阿南惟幾役には、「蜩ノ記」の役所広司。天皇陛下役には、「おくりびと」の本木雅弘。鈴木貫太郎首相役には、「藁の楯 わらのたて」の山崎努。監督/脚本は、「駆込み女と駆出し男」の原田眞人。

 太平洋戦争末期、現実的な思考を持った政治家・軍人は、本当に国家の行く末を心配していたのではと思います。戦局は日々悪化し若者の命が全線で失われるだけでなく、日本国土に対する無差別爆撃が女性や子供の命まで奪っている。正に、国家滅亡の危機ですよね。こういった状況の中、どのような経緯で終戦を迎えたのか。本作は、歴史の真実を描き出そうとする原田眞人監督の熱い思いが伝わる作品となっておりました。

 先ずは、陸軍大臣の阿南惟幾がとても魅力的に描かれていました。表面的には「抗戦派」を装っておりながら、陛下の真意を汲み終戦へと向かわせた、帝国陸軍の信義の人。和平が決まってからは、介錯無しで切腹することで、陸軍若手将校のクーデーター計画も抑え込みました。日本を救ってくれた英雄の中の英雄ですね。そんな阿南惟幾を、役所広司が見事に演じていました。

 さらに、見事だったのが原田眞人監督の演出。半端ない緊張感が最後の最後まで貫き通され、観ていて良い意味で疲れてしまいましたよ。当時の追い詰められた日本人が叡智を絞り出しどのように国難を乗り切ろうとしたのか、右巻きの人にとっても左巻きの人にとっても共感できる作りになっていたのもGoodでした。

 少し映画の話題から離れますが、以前より疑問に感じていたことがありました。それは、陛下の御聖断により終戦へと舵が切られたのに、何故戦争に反対であった陛下が陸軍の暴走を止めることができなかったのか。でも、本作を観ることによって、その疑問は払しょくされました。と同時に、陛下がいかに大日本帝国憲法を大切に考えられていたのか認識させられました。個人的には普通の国になって欲しいけど、今の姑息なやり方は間違いだと思いますよ、安倍総理。あなたのせいで、憲法改正はかなり遠のいたと思います。

 このように「日本のいちばん長い日は、扱っている題材、俳優陣の迫真の演技、それに原田眞人監督の才気がリンクしシナジー効果を醸し出した至極の名作となっております。既に劇場での上映は終了していると思いますが、来年の夏にでもDVDで観賞されたらよいかも。では、本日はこの辺で マタネー!!.....((((((○゚ε゚○)ノ~~   |出口| 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション : 映画館向けの作品2015年09月17日 17:31

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
 今日は、お盆休みに観た映画第二弾のこちらになります。
【題名】
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織“シンジケート”の暗躍により、イーサン・ハント(トム・クルーズ)の所属するIMFはまたしても解体の危機に陥る。情報が交錯し、世界の危機が迫り来るなか、イーサンと彼のチームは、史上最強の敵を潰すべく、究極の諜報バトルを繰り広げる……。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」は、イーサン・ハントの活躍を描くトム・クルーズ主演のスパイ・アクションのシリーズ第5弾となる作品です。主要キャストは前作から引き継いでおります。本作からの登場は、敵か味方か不明の謎の女・イルサ・ファ ウスト役には「ヘラクレス」のレベッカ・フェルグソン、「シンジケート」のボスであるソロモン・レーン役には「プロメテウス」のショーン・ハリス。監督・脚本は、「アウトロー」のクリストファー・マッカリー。

 世界一有名なスパイ・ジェームス・ボンドを激しく追走するイーサン・ハント、とはいっても両社の共通点は意外と多い。超モテモテの二枚目であること、ちょい未来的な小道具を使うこと、不死身なこと、といったところ。逆に相違点は、イーサン・ハントの方が年齢設定が若く明るいキャラクターをまとっていることでしょうか。この両者の若干のキャラクターの違いが作品全体には大きな違いをもたらしていることも確かで、だからこそ両社ともに興行的に成り立つわけだと思います。まあ、そんな御託は別として肝心の中身の方はどうだったのでしょうか。

 何というか、いきなり超ハイテンションのアクションシーンてんこ盛りで、開始5分で「超おすすめ!!」決定みたいな感じ。だって、CMで流れていた輸送機に掴って一緒に飛んでいくシーンも、掴みの一部ですから。この後、どんなことになるんだろうとワクワクしましたよ。

 あらすじの方は、決して予定調和を乱さない安心設計でしたね。本作ではキモともいえる登場人物・イルサ・ファ ウスト。彼女が敵なのか味方なのか、二転三転するのですが、「美人だからどうせ味方でしょ」と安心して観ていられる新設設計。こういった部分でのハラハラドキドキ感は、スパイ映画でありながら潔いくらい皆無。ただ、スパイはつらいよ的なあらすじは、今後のシリーズ作品にとって何らかの伏線になってくるかもしれません。いや、なって欲しいな。

 このように「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」は、スパイ・アクションの逸品となっております。まあ、あらすじでハラハラドキドキすることはないですが、映像で十分にハラハラドキドキできるので、正に映画館向きの作品といえるでしょうね。では、本日はこの辺で (*σ´_U`)σ【ВЧЁВЧЁ】^☆ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

天空の蜂 : スタッフ・キャストの思いが感じられる作品2015年09月14日 20:23

天空の蜂
 今年は、例年と違い秋らしい9月となっております。8月には考えられなかった仕事終わりの映画館通い、良い季節となりました。では、そんな涼やかな日に観た作品はこちらになります。
【題名】
天空の蜂

【製作年】
2015年

【製作国】
日本

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
超おすすめ!!

【あらすじ】
 1995年8月8日、全長34メートル・総重量25トンを誇る自衛隊用超巨大ヘリ『ビッグB』が遠隔操縦によりハイジャックされ、原子力発電所『新陽』の上空で静止。『天空の蜂』を名乗る犯人は全ての原発の破棄を要求、さもなくば爆発物を大量に積んだヘリを『新陽』に墜落させると訴える。ヘリの燃料が尽きるまではわずか8時間。『ビッグB』の機内には子供が取り残されており、その父で『ビッグB』開発に携わったヘリ設計士・湯原(江口洋介)と原子力発電所設計士・三島(本木雅弘)は子供の救出と日本が消滅しかねないこの恐るべき危機を打開するために奔走する。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「天空の蜂」は、東野圭吾が95年に発表し、ロングセラーとなっている同名小説を映画化した作品です。全長34メートル・総重量25トンを誇る自衛隊用超巨大ヘリ『ビッグB』の開発者である湯原役には、「るろうに剣心 伝説の最期編」の江口洋介。原子力発電所設計士の三島役には、「おくりびと」の本木雅弘。本事件の実行犯である雑賀役には、「ルパン三世」の綾野剛。監督は、「トリック劇場版 ラストステージ」の堤幸彦。

 原発マネー、恐ろしいですよね。福島第一原発の放射能流出が未だにコントロールできない中で、原発が再稼働され始めました。私は、共産党が唱えている「即停止」には反対です。新規の原発は造らず、原発が生む雇用も考えながら、緩やかになくしていくべきと考えております。でも、そんなことは原発マネーに群がるクソ共が許さないでしょうね。ちなみに本作は、エネルギーの多様化・二酸化炭素排出量の削減といった耳障りの良い言葉を並べ原発政策を推し進めるクソ共を批判するだけでなく、無責任な原発反対派や多くの無関心な国民に対して強烈な批判を込めた作品となっておりました。でも、本作が凄いのは、こういった重いテーマを描きながらも極上のエンターテイメントとして仕上げているところなのです。

 とにかく、あらすじが逸品でした。最初のクライマックスといえる少年の救出シーンで観客の涙を誘い、終盤の大どんでん返しで観客をびっくりさせる、原作の素材の良さだけでなく脚本の楠野一郎氏の力量の高さを感じさせるものでした。映画で一番重要なのは脚本である、このことを改めて認識させられました。

 演出も、ぴか一でした。作品全体を支配する、ピーンと張り詰めた緊張感。これは、終始徹底されていました。また、肝心のアクションシーンもハリウッド作品のような派手さはないものの、リアリティーを感じさせると同時に観る者を熱くさせる素晴らしいデキでした。もう、キレッキレですよ、堤幸彦監督。

 そして、演者の演技も素晴らしかった。W主演といってよい江口洋介と本木雅弘、迫真の演技だったなぁ。他の方も、皆さん上手い方ばかりで、日本映画には珍しい完璧な人選といえる陣容でした。ぶっちゃけ、東出昌大みたいな棒読み太郎くんがいれば、作品自体が台無しになっちゃいますからね。でも、個人的にびっくりしたのは仲間由紀恵の断髪シーン。この映画が、特別な作品であると鈍感な私でも理解できるものでした。

 このように「天空の蜂」は、スタッフ・キャストが完璧な仕事をしたサスペンス・アクションの逸品となっております。作品の扱うテーマといい、スタッフ・キャストの熱い思いを感じられたのは私だけではないと思います。では、本日はこの辺で ほな(´ω`)ノ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品

ジュラシック・ワールド : 映像は凄いが…。2015年09月05日 17:16

ジュラシック・ワールド
本日紹介する作品はお盆休みに観ていた第一弾のこちらになります。
【題名】
ジュラシック・ワールド

【製作年】
2015年

【製作国】
アメリカ

【鑑賞手段】
映画館

【おすすめ度】
おすすめ!

【あらすじ】
 コスタリカ沖の島に建設された“ジュラシック・ワールド”は、本物の恐竜を身近に体験できるテーマパーク。安全な環境の中で、訪れた家族連れが様々な恐竜たちの動き回る様子を見て楽しんでいた。その全てを監督するのは、出世に意欲的な野心家のクレア(ブライス・ダラス・ハワード)。そこへ、彼女の2人の甥、16歳のザック(ニック・ロビンソン)と11歳のグレイ(タイ・シンプキンス)がやって来る。相手をする時間のないクレアは、甥たちにフリーパスを渡して自由に見学させる。恐竜たちを蘇らせたのは、遺伝学者ヘンリー・ウー博士(B・D・ウォン)。ジュラシック・ワールドの後援者で億万長者のサイモン・マスラニ(イルファン・カーン)の下で研究を続けていたが、パークをビジネスとして成功させるためには、リピーターを増やさなければならない。それには、毎年新しい種を創り出す必要があった。プレッシャーを感じたウー博士は、倫理上の一線を越えて遺伝子操作を行ってしまう。それは、史上初の遺伝子組み換え恐竜の誕生だった。
あらすじの続きはこちらをクリック。 (MovieWalkerより引用)


【感想】
 この「ジュラシック・ワールド」は、現代に甦った恐竜たちの恐怖を描く、スティーヴン・スピルバーグ製作によるアクション・アドベンチャーシリーズの第4弾となる作品です。ジュラシック・ワールドの研究施設で働く恐竜行動学のエキスパートで元軍人のオーウェン役には、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のクリス・プラット。同じくジュラシック・ワールドの施設を監督するクレア役には、「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」のブライス・ダラス・ハワード。監督は、コリン・トレボロウ。

 本作は、珍しく吹き替えで観賞しました。というのも、私が行った映画館では、3D吹き替えと2D吹き替えしか上映してなかったんですよね。字幕派の私としては、別の映画館へ行くことも考えましたが、お気に入りの俳優が出ていなかったので、3D吹き替えでの観賞と相成りました。でもねぇ、結論から言うと3D吹き替えは大正解でしたよ。

 その理由は何といっても、ど迫力の3D映像。まるで生きているようにスクリーンで暴れまくる恐竜たち、子供から大人まで楽しめるクオリティーの高い映像でしたね。それに、何時もはがっかりさせられる吹き替えも玉木宏や木村佳乃といった実力派の俳優陣がしっかりと仕事をしてくれていたようです。今後は、どうしても3Dで観たい場合、吹き替えのチョイスもありかなと思わせれました。

 でもねぇ、肝心の中身はどうなんだろ。シリーズに内包されたテーマは、神の領域に足を踏み入れる人間の傲慢さと愚かさ。でもさぁ、ずっとこれなんだもんねぇ、本シリーズ。いい加減、何とか考えてほしいものですよ。私としては、ユダヤ人に迫害されているパレスチナ人の方が気になりますよ、スピルバーグさん。

 このように「ジュラシック・ワールド」は、映像だけは間違いなく最高レベルの作品となっております。肝心の中身に古臭さを感じますが、観ている間は映像の凄さに痺れまくりなので気にはなりませんよ。では、本日はこの辺で (´っω・。`)゚o* またねぇ*o゚ 。


人気ブログランキングへ ←記事を気に入った方は”ポッチ”とお願いします。

★この映画の皆さんの評価★

関連商品